【レポート日記】昨年と同じ日 嫌な思いの払拭へ

  • 2018.10.14 Sunday
  • 22:17

10月14日(日)、私が修業場としているダム湖でのワカサギ釣りを

午前中で切り上げまして、午後はエリアトラウトルアーフィッシングをしました。

 

向かったのは、平地の大型ポンドの釣り場です。

そこの釣り場のスタンプカードを出し、スタンプを押してもらいました。

これでやっと2個目・・・・・・ってオイ、前回のスタンプ・・・・・・

日にちが昨年と今年、同じじゃないの><;

昨年10月14日(土)の日記

http://kaeruhebi.jugem.jp/?day=20171014

この日も釣りのはしご。(*≧m≦*)プッ

それも昨年と今年、ほぼ同じ思いをして、平地の大型ポンドの釣り場に向かっておりました。

人間が同人であれば、抱く思いも同じっていう><;

 

この釣り場ですが、とにかく広大です。

3つのポンドがあるということですが、私は全部を見たことがありません。

昨年、初めて寄ったのですけど、恵まれない状況と自身の未熟さが故に、

見事ボウズを食らいました。

それ以来、向かおうと思いもしませんでした。

 

が、今は、エリアトラウトルアーフィッシングにはまり、行けるところのエリアに向かい

挑戦を続けているところです。

あれから1年経っている。今の私は昨年の私ではない。

昨年の苦い思いをした場所で、その思いを払拭してしまおう、という気持ちがありました。

 

入場前に一応、釣り場の人に尋ねました。

今日は混んでるかと訊いたところ、空いている方とのこと。

であれば、私なりに、釣れそうな場所を探し選べる余地はあるはず。

昨年は、釣り場全部を巡り、自分が釣れそうな場所を探しきれたわけでは

ありませんでしたけど、結局満足できる場所を見つけられませんでした。

 

ほぼ東西にポンドが3つ並んでいます。

駐車場から最も近いポンドは西。真ん中に橋を設け2つに分けてあります。

昨年はそのポンドで、西側の窮屈な場所で釣りをしました。

そのポンドのどこかに、私がやれそうなスペースはないものか?・・・いくつかありました。

ではどこが良いか・・・魚のライズがあるところ、東側の北西の場所がぽっかり空いています。

ラッキーでした。喜んでその場所へ。陽があたり眩しいくらいは我慢です。

今日は人が満杯ではなく、場所にゆとりがありました。

人はできるだけ駐車場から近い場所を陣取っているようでした。

 

ここで釣りをするには、ルアーを遠くに飛ばせることが必要です。

ポンドは広く浅い造り。深みのあるところに魚が集まっているようです。

遠くに飛ばすことを、行きつけの上〇屋のH氏に言われていました。

昨年それを言われてから、私は比較的重めのスプーンを意識して買うようになりまして、

今では小型よりも中大型のスプーンを中心とした釣りのスタイルを築いてきました。

 

というわけで、今は遠距離の釣りに対応できるようになっています。

このエリアの広さにも、今の私であれば対応が可能です。

(ここで書く「対応」とは、遠距離対応できるスプーンを複数、

カラーごとに揃えてきた、という意味です。)

 

ポイントに陣取って撮影したものです。

私の右側。ライズがいくつも出ていました。

20181014加賀フィッシングエリア03

私の正面。ポンド中央の魚桶なるもの?と、2つのブイ、

これらが魚のいるポイントになりそうです。

これらの間にルアーを投げれば、釣るチャンスが拡がりそう。

20181014加賀フィッシングエリア04

私の左側。魚桶?なるものは2つ有り。その間にも魚が多くいそうな感じ。

20181014加賀フィッシングエリア05

エリアトラウトルアーフィッシング始めたての頃は、遠距離対応のスプーンを

ほとんど持たず、魚がいそうな所まで投げて攻めることができませんでした。

でも、今所持する3g以上の色とりどりのスプーンがあれば、

これらの障害物の間々までくらいなら投げることが可能です。

(魚桶?に投げてしまいルアーを引っかけないように注意ですね。)

 

水質はブルー。ただし濁っているということではないようです。

瑠璃色の水質、有名なのは福島県の五色沼の瑠璃沼、でしたっけ。

あれほどの青々ではないにせよ、薄めのブルーの感じの水質に見えます。

 

ともあれ、透明な水質でないのであれば、

最初に投げるスプーンは、シルエットのしっかり出る黒に決まりです。

黒いスプーン、最近のマイブームですね。

ロデオクラフト、キューム3.3gマットブラックを投げたところ、

一投目で早くもアタリが。

私の読みが当たった!! これでさっさと釣ってしまおう。

フッキングが甘く、引く途中でバレてしまいました。

二投目でもアタリが。でもフッキングさせられず。><;

そしてその後数回キャストするも、アタリは出ず。

他のカラーのスプーンをキャストしますが、アタリが出ません。

アタる色が判りません。><;

 

やがて、私の右側にあったボートに、人が乗り込みました。

当人は前を向いて漕いでいきます。回す腕は通常のボート漕ぎと逆回転なのか、

ともかく器用に漕いで進んでいきます。

私が釣りをして狙っているところを悠々とボートが進みます。

むむ〜私が釣っているところ、それもライズのよく出ているところを通行するなんて。

ポンドにあるゴミを取りながら、ポンド中央の魚桶?に到着。

そして、なんとそこから魚を網で取り出し、何匹も放流。

・・・・・・おおお、やったぁ!!  \(@^o^)/ これはチャンスだ。

彼が3度目の網振りで魚を放流するところの手前目がけて、

私は目立ち系のスプーンを投げました。

シマノ、スリムスイマー、3.5gオレ金。

http://fishing.shimano.co.jp/product/lure/2039

本来は大型魚を釣るための大きさと形状のようですが、

この柳葉の形状は、魚にとって目立つように見えるものであり、

また放流魚を水面あたりで見せて釣るのに最適のチョイスかと、私は思います。

魚桶?はこれ。右側が魚桶? 左側のも魚桶?

20181014加賀フィッシングエリア02-1

右側の魚桶?がこれ。この左側に魚を放流していました。

20181014加賀フィッシングエリア02-2

そして、この魚桶?の左側目がけてキャストし、その手前にスリムスイマーが着水すると、

瞬間的にアタリが。即アワセてフッキング。

ついにこのエリアで初フィッシュ。1匹目。

20181014加賀フィッシングエリア01(1匹目)-2

 

放流効果が続いているうちに、スリムスイマーオレ金再キャスト。

2匹目も同じスプーンで釣りました。

20181014加賀フィッシングエリア06(2匹目)

 

少し経ちまして、未だにアタリスプーンのカラー、黒以外に判らないまま。

でも黒を投げてもすぐ釣れるわけでもなく、他のカラーを試すもアタらず。

まだオレンジ効果はあるか? と思って投げたスプーンで、釣れました。

3匹目。

20181014加賀フィッシングエリア07(3匹目)-1

ヒットルアー

ディスプラウト ロニサ 3.3g オレンジGヤマメ

https://daysprout-fishing.jp/page2/ronisa/

 

色関係なく釣れる?というスプーンで釣ろうか? と思って投げたスプーンで、釣れました。

4匹目。

20181014加賀フィッシングエリア08(4匹目)-3

HITルアー

スミス ピュア 3.5g パール銀

魚の尾びれのところにスプーンが見えますね。

私の頼れるスプーンの1つです。今日も釣果を出しました。

色関係なく釣果を出してしまうように思えます。

 

ここまで、すべて同じような体型のニジマスが釣れています。

太り気味、でもパワーがある。これらはおそらく今日先程の放流魚でしょう。

この釣り場は放流が多いようですね。

放流のおかげで私も釣れた、というのは過言ではないと思います。

 

スプーン以外のルアーで、遠距離対応できるのは、スピナーのみ。

そのスピナーでアタリ無し。

他に、クランクベイトや、セニョールトルネード(オレンジ)、

ぐるぐるX(オレンジ)を投げますが、釣るまでには至らず。

ぐるぐるX(オレンジ)では、最後に追ってくる魚がいましたが、食いつくまではいかず。

 

黒スプーンで釣るしかない。

というわけで、5匹目。

20181014加賀フィッシングエリア09(5匹目)-1

HITルアー

ロデオクラフト、キューム3.3gマットブラック。

先日、10月8日に引き続き、釣果を上げました。

暴れます。スプーンが写っていますね。

20181014加賀フィッシングエリア09(5匹目)-2

落ち着いたところでパチリ。

サイズが小さいです。ベイビーです。

もともといた魚を、ようやく釣り上げられた、といったところでしょうか。

彼らが黒スプーンに対して最初からアタっていたような感じでした。

これで午後3時45分。

 

この後はライズが減り気味に。

魚達は深めに。食べる意欲が無くなってきたのか、

底に沈んでしまい、落ち着いてしまった感じに。

ベイビー釣り上げ後は、たしかアタリは一度も無かったかな。

午後5時で釣りは終了。

 

私の右横には、小屋と洗い場が。

魚のはらわたなどが取られ流されているのでしょう。

常にカラスが近くにいまして、人が釣った魚の持ち帰り処理をした後に、

必ずわんさかやって来るのです。

小屋。中にはカップラーメンの自販機が。そしてカラス達がいます。

20181014加賀フィッシングエリア10-1

そして流し場に多く集まります。

20181014加賀フィッシングエリア10-2

流し場に6羽か7羽くらい留まっていることも。そこは上手く撮れませんでしたが;;

流し場と、小屋は、離してほしいかなと思いました。どうも非衛生的ですもの。

後から画像を見て気づきましたが、流し場の下にニャンコもいたのですね。=ΦェΦ=うにゃ

 

これでこの日記の締めというわけにはいきません。

夕日と、夕日が映ったところを、パチリ。

20181014加賀フィッシングエリア11

ワカサギ釣りが不調だったことは忘れていませんよ。

でも、この釣り場で、ずっと釣れずにいた嫌な思いは、

今日で払拭できました!!

 

最後に。今日のエリアトラウトルアーフィッシングの回顧を。

アタリカラーを最初の推理で当てられたのは良かったですけど、

他のカラーが結局は判らずじまいに。

フッキングは、ロッドが持って行かれるところをアワセていけば、

大体はうまくいくように思えます。

(進めエリア君1話で説明されている。最近知った。

今日は改めて実践できました。)

放流のおかげ?とはいえ、午後だけで5匹の釣果も、

今の自分としてはGOODかなと。

 

この釣り場、場所がかなり広いですし、よほど混まなければ、

良い修業場になりそうです。

思いっきり投げられるのも良いですしね。

また行こう。そしてどんどん楽しんで上手くなりたいです。

今日は・・・ワカサギとニジマス

  • 2018.10.14 Sunday
  • 21:06

今日は、私が修業場としているダム湖に、ワカサギ釣りに行ってきました。

天気は晴れときどき曇り。

 

ワカサギの魚影が濃いらしい?

水位が下がってますね。ほっとしました。

 

私は自分のお気に入りの場所へ。っと、なんと何隻ものボートが先着っていう!!

20181014梅田湖08(3番 先日1000匹以上の釣果の出た場所)

このポイントは私の第〇の故郷なんですよっ(笑)。

里帰りしたら都会になってたっていう><;

そりゃ、今のワカサギはエサを求めて泳ぎ回ってますし、

また浅いところに向かい動物性プランクトンを食べていますからね。

岸辺付近であるこのポイントに集まるのもわかるような気がするのですが;;

(船着き場に戻ってからこの謎が解ける。)

 

このポイントでワカサギ釣り開始。

思うように魚が集まらず、あまり釣れません。朝で14匹。

たまらず奥の沢の方へボート漕ぎ。あ〜あ、結局修業か・・・・・・。

奥に少し行ったところでボート留め。釣れたのは1匹のみ。ここもダメ。

では奥へ・・・ちょっとだけ向かってから、先に向かったエレキボートが

Uターンしてきましたので、私も(その人に何も訊かず)Uターン。

 

結局湖の中ほどに戻る羽目に。

橋桁の下で釣れないかなと思い向かったところ、驚くことに。

何コレ(゚д゚)?!

20181014梅田湖05-1

都会の摩天楼。

嘘。ダム湖の大橋です。

20181014梅田湖05-2

昨ワカサギシーズンの水瓶状態の時は、あのロープのところが水位だったのか;;

あのロープはワカサギアングラーの有志が取り付けたようですが;;

現在の水位から約7mといったところか?

ともかく、ロープやロープ留めがないんじゃ、このポイントではボートが留められない。

(このダム湖で釣りする場合は、アンカーを持参しない。

各ポイントにあるロープにボートを留めることができるので。)

西岸のポイント、湖中央のポイントで、それぞれ試すも、いくらか釣れる程度。

午前7時から釣りを始めて、午前11時半でやっとこの53匹。

20181014梅田湖06(53匹)

このまま続けても、ポイント探しして、ボート漕ぎしまくって(修業)、

結局は消耗しきって、よくても80匹程度の釣果でしょう。

今までの経験からおおよその展開は見渡せるつもりです。

モチベが上がりません。

ワカサギがダメだったら、自宅よりこのダム湖に向かう途中にある、

管釣り場に行こうと思っていました。

スパッとあきらめて船着き場へ。

 

私のお気に入りのポイントが何故混んでいたのか?

船着き場の人に訊いてわかった、驚くべき衝撃の事実!!

このポイントで1000匹以上釣った人がいたとのことなのです。

このダム湖が今シーズンのワカサギ釣りを解禁してからの話。

ずっと同じポイントで1000匹越えしたとのことなのですが;;

今日やってみて、魚が少ししかいない現状を見る限りでは、

とてもではありませんが想像し難い現実です。

 

これまで、釣りを始めたのがワカサギからであり、

私にとって釣りの本命はワカサギであるはずなのですが、

このダム湖で200越えという目標を達成する、以外での

私のモチベを上げるものは、無い感じなのです。

200越え目指すのであれば、ワカサギが底に溜まりやすい冬が狙い目。

1月中旬〜2月下旬、この時期に狙う予定です。

それまでのワカサギ釣りとしては、今度向かおうとしている、

知り合いとのワカサギ釣りくらいしか考えていないです。

(´ε`;)ウーン… エリアトラウトルアーフィッシングが楽しくなってきたんですよね。

 

エリアトラウトルアーフィッシングが比較的気軽に行けるのに対し、

ワカサギ釣りは、準備必要、朝早くから向かう、ボート漕ぎで消耗と、

向かうならそれなりの心構えが必要。

ワカサギ釣りオンリーの頃は、自分のモチベで何度も挑戦し続けていけたのですが、

今はエリアトラウトルアーフィッシングに心が揺らいでいます。

 

というわけで、午後はエリアトラウトルアーフィッシングに向かうのでした。

今日は・・・少し練習

  • 2018.10.13 Saturday
  • 23:30

今日は曇り。

温度は20度前後といったところ。

だんだん秋らしく温度が下がってきました。

 

自宅で芝刈りをした後、午後2時過ぎに、

エリアトラウトルアーフィッシングに出かけました。

向かったのは、近所の山中の釣り場。

 

ポンドの南西部に少しだけスペースが。あとは入るには窮屈

もしくは釣れなさそうなポジションしか空いておらず。

時間遅く向かった人には、場所選びの余地はあまり無し。

 

水がクリアでした。

最近はずっと濁り気味の所での釣りばかりでしたので、嬉しかったです。

が、いるのはだいたいがスレマス。

この南西部は、魚の放流場所。

おそらくは、私が到着する前に、数匹程度の放流があったはず。

放流魚が釣れる可能性はあるはず。

 

スプーン、クランク、パルス、セニョールトルネードと、

投げますが、一度もアタリません。

もう、ずるいルアーで挑戦です。

以前クリアポンドで、Xスティックで、数匹釣ったことがありました。

それを思い出して、また水がクリアであることから、

Xスティックの黄色を投げました。

なんと、投げた瞬間にアタリました。が、フッキングに持ち込めない。

少しゆるゆると引いたところ、またアタリが。

軽く引くようにアワセるとフッキングできました。

おそらくは同じ魚が再度アタックしたのかなと。

エリアトラウトは再アタックがあると言われている?

なのでゆるゆると引いた、つもりでした。

1匹目。

20181013フィッシングリゾート上永野01(1匹目)

かなり綺麗な状態の魚体に見えました。

ずるいルアーにかかりましたし、多分こいつは今日の放流魚、かもしれませんね。

 

午後4時半〜5時の間、ポンド東側の人が2人帰りました。

私はそそくさとそこに向かいました。

もう少し南のポジションが私の好きな場所なのですが、そこにはフライマンが。

なのでその北側で。

南西ほどの魚影の濃さではありませんが、ポンド中央やその周りに、

魚がけっこういるようでした。

スプーン、スピナーと、どんどん投げます。

そして、午後5時前、私が以前ブラウントラウトを仕留めたヒットルアー、

スミスのピュア3.5g、パールで、2匹目を釣りました。

20181013フィッシングリゾート上永野02(2匹目)-2

この魚はなかなかパワフルでした。

引き寄せても引き寄せても、何度も沖の方に向かってしまうのです。

でも3分くらい経ちましたか、だんだんバテてきた相手を、ついにネットイン。

なかなかに肉厚な40センチオーバーでした。

ヒットルアー、釣った魚と、満足いくものでした。

 

結局この2匹で釣りは終了。

 

2時間半程度と短時間の釣りでしたけど、

やや自らの手首〜腕を動かしてのフッキング、自分なりのルアー選びと、

それなりにやりたいことができた?かなと思いました。

 

とはいえ、このポンド、午後3〜5時の間、個人的にはほとんど釣れていません

でしたから、それで2匹釣れたのは、良かったと思います。

今度のエリアトラウトは、もっとゆとりを持って臨みたいですね。

 

明日は、ワカサギ釣りに向かう予定です。

【レポート日記】難しいルアー選び まだまだ力不足

  • 2018.10.08 Monday
  • 23:04

10月8日(月)、エリアトラウトルアーフィッシングに行ってきました。

天気は曇り。

向かったのは、山奥の釣り場。

午前9時半過ぎ〜午後5時まで、やってきました。

 

ここは4つのポンドがあります。

私はここでは主に2号池で釣りをします。

ポンド西、やや北側より撮影。

20181008発光路の森01

南側には山がありますよ。

20181008発光路の森03

水はやや濁り気味。最近は雨がよく降りますから。

ポンド北東はこんな感じ。右側にはインレット(水の注入口)があります。

20181008発光路の森05

今の季節ですから、落ち葉が浮いています。

20181008発光路の森06

釣り方としては、舞い降りる落ち葉に食いつくような「落ち葉パターン」

での釣り方もあるのでしょうか。

イエロー〜ブラウンあたりのスプーンで釣りやすいと良いのですが。

でも残念ながらそういうことはありませんでした。

 

午前中。第二ポンドはプレッシャーの嵐状態のようでした。

アタリがあったのは、黒スプーン、2.5gロールスイマーのみ。

黒スプーン、2.5gロールスイマー。

http://fishing.shimano.co.jp/product/lure/1346

ロールスイマーは、やや肉厚系のスプーン。

私はフォレストMIUと同じくらい使いやすいかなと思っています。が少し割高。

黒スプーンを揃えようと買っておいたものの1つ。これが今日は功を奏すのですが。

 

ポンド北西にインレットがあります。

20181008発光路の森02

上流には1号池があります。

1号池ではあまり釣ったことがありません。この日は行きませんでした。

やるといつもプレッシャーが高いのか、めったに釣れないので><;

上流からの流れ込み辺りに、スレマス達が集まっています。

この辺りにルアーを投げ込めば釣れるかな、と思いがちですが、

相手はスレマス、ほぼ釣れることはありません。

周囲の人達はどうもそれをわかっているようでして、

ここに投げ込む人はあまりいませんでした。

午前中、私はここに、いろいろなルアーを投げてみました。

スプーンだめ、クランクもダメ・・・かなぁ・・・と思っていましたが、

ダメ元で投げてみたクランクベイトで、1匹釣れてしまいました。

写真を撮ろうとデジカメをゴソゴソしているうちに、

ニジマスはネットから跳ねて逃げてしまいました。

釣ったルアーはこれ。ディスプラウト、イーグルプレーヤー。

https://daysprout-fishing.jp/page2/eagleplayer/

G2、亀仙流残像拳という商品です。

画像に6個ありますが、左側真ん中のが、私が持っていて使ったものです。

G2とは、ガラス玉2個という意味のようでして、

プラスチックのルアーの中に入っております。

これがガラガラと音をたてて、トラウト達を刺激するようです。

今まで何度も使ったのに1匹も釣れず、ダメ元で投げたんですが、

どうも見慣れない?ルアーだったのか、騙されて掛かってしまった模様。

(そこは、もしかして通用するかも、とは思っていましたが。)

ちなみに、イーグルプレイヤーとは、高田選手という意味。

ディスプラウトのマグナム高田が名づけたようです。

 

午前中はこの1匹のみ。

正午くらいから、大物のいる3号池へ。

何人もの人が挑戦していまして、お昼時の人が少ない時間帯でないと、

挑戦できないような状態でした。

が、何を投げても、アタリはありませんでした。

私の横で1人、釣った人がいました。クランクベイトで釣ったようでした。

 

午後1時、再び2号池へ。南東の場所。

私が何度かやっているポジションです。

20181008発光路の森11-1

白い石が出っ張っていて、けっこう釣りやすい場所です。

20181008発光路の森11-2

石の手前に小型パイプイスを設置。そこに座ってルアー交換をします。

 

午前中にアタリのあったスプーンで第1投。なんとあっけなく釣れてしまいました。

2匹目。

20181008発光路の森07(2匹目)

 

魚達は、一時は浮かんでライズを作っていましたが、だんだん落ち着いてきました。

池を見てまして、沈んでいる魚が多いと思いましたので、

スプーンは投げて底まで着いてから、巻き上げるような感じで釣りを続けました。

2号池は、壺のような感じのポンドなんです。

4・5mくらいの深さがあるようです。

なので、スプーン(2〜3gくらい)は7秒くらいで着底します。

その前に引くようにすると、表層〜中層を引くことになります。

この日は、底からの巻き上げの感じで、何匹か釣ることに。

 

スプーン、スミスのジル1.8g、赤金へ。

1.4gか1.8gの赤金、どちらも理屈ではなく、釣り上げてしまうという、

私の「釣れてくれるスプーン」です。

3投目くらいで、釣りました。3匹目。

20181008発光路の森08(3匹目)

背びれに注目してください。

よく靴下などについているプラスチックと、白い布きれが付いています。

これは残酷。すぐに取ってあげました。

ニジマス出荷時に、付けていたものなのでしょうか?

こんなの初めて見ました。

ここの釣り場に訊けば良かったのですが、忘れてしまいました。

後で誰かに訊いてみたいと思います。

 

ちなみに、この後、他の赤金スプーンでは、まったくアタリませんでした。

私としましては、ジル様のパワーありきというところでしょうか。

 

4匹目。

20181008発光路の森09(4匹目)

スプーン、フォレストMIU2.8gの青で釣りました。

青でもアタることを確認し、何度か投げて掛けました。

午後1〜2時の間で、3匹釣れました。

 

この日は、まぐれの1匹目のほかは、単なる巻き合わせでなく、

自らフッキングさせながら釣っていきました。

リールは軽く、アタリがライン・ロッド・リール・手へと伝わってきます。

そこで、手首を返す、あるいは腕を引く、ような感じにしますと、

巻き合わせよりも確実にフッキングさせられるようです。

フッキングを少し覚え始めたような感じ、かも。

 

午後2時30分過ぎ、5匹目。

20181008発光路の森10(5匹目)

ヒットルアーは、スプーン、ロデオクラフト、キューム3.3g、ブラック。

http://kitiya.jp/?pid=27059260

つや無し、いわゆるマットブラックというやつです。

 

この後、釣り場の方がペレットやりをする時に、私はペレットルアーを投げて、

ペレットを上げるところのどさくさに紛れて魚をヒットさせたのですが、

岸に寄せて上げる時に魚が外れてしまいました。あ〜あ><;

 

また、水がやや濁り気味のところで、ブラックもしくはピンクでアタリが出る

ことを確認していました。

(黄色・青のスプーンでも反応は少しあった。白や金や銀の色が入ったスプーンはダメだった。)

クランク、ずるいルアーと、スプーン以外でもダメでした。

ブラックかピンクで、アタリが何度か出ましたが、釣り上げるまでには至りませんでした。

 

結局、5匹の釣果で終了。

 

反省としましては、自分なりにある程度は試したと思いましたが、

正直まだまだ試し足りなかったのかなというところ。

ルアー選び、魚の釣り上げ。まだまだ力不足。

うまくいけばあと3匹くらいは釣れていたのかなと。

 

まだまだこれから、今後も楽しく頑張ります。

【レポート日記】フックシャープナーを使ってみた

  • 2018.09.30 Sunday
  • 15:43

9月29日(土)、曇りのち雨。

30日には台風が接近してきます。休日出勤は土曜日に。

管釣り修業はどうしよう? 仕事に行く前に2・3時間でいいからやろう。

ということで、お昼前〜午後2時過ぎの間、

エリアトラウトルアーフィッシングに行ってきました。

 

向かったのは、自宅から近所の山にある管理釣り場、手前でなく奥の方。

手前の釣り場は相変わらず混み混みでした。

台風が来る前に釣ろうという人達ということでしょうか。

確認して奥へ。26〜27日などの雨の影響からか、

さすがに水が黒ずんでいました。

緑系の汚れ、葉っぱのタンニン?

管理人は運営に消極的ですけど、やっぱり一度水抜きした方がいいと思います。

 

でも、そこの管理人のオジサマにお願いしておいたんです。

ブッシュに引っかかってしまったルアーを取ってもらえないかと。

黒いスピナーと、長めのオレ金スプーンを、確保してくれてました。

取っておいてくれて感謝、嬉しかったです。

(後は、黒スプーン1個と、クランクベイト1個を、引っかけてしまっているのですが、

どうももう引っかかっていないような?

クランクベイト・ピコチャタクラがあれば、いちばん良かったんですけど><;

(買い直すのが難しい)

それは口に出さず自分に押し込めます。取っておいてくれただけで嬉しい。

 

釣り場入口の家のところに、1匹の猫がやってきていました。

合羽を取りに車に戻ることもあり、向かってみました。

このニャンコは逃げる。まずは遠くから撮ろう。(*≧m≦*)プッ

20180929上永野ルアーフライフィールド01-1

少しは腕あがったのかしら?

 

ほっといてください><;(涙)

 

前に私の魚を盗った猫だったかなと。リボン付けてないですけど。

身体の割には手足が太いような。

太ってるというよりは、がっしりしたような体格?

車から合羽を出していると、ニャンコは私の車の側に座り込んでいました。

20180929上永野ルアーフライフィールド01-3

早く釣りなさいよね。(また盗ってやるから)笑

 

と言っているように見えました(;´∀`)

 

その後小雨が雨になって、ニャンコはいなくなってしまいました。

 

さて釣りです。

先週はまだ黒色のスプーンでアタリが出ていましたけど、今回はアタリがまるで無し。

黒がダメ。ブッシュの下に投げてダメ。

別の色を試したけどダメ。どうすればいいのか???

やっぱりピンクか。濁り状態の定番色

1.6g、エイエン(アングラーズドリームバイト)、ピンクスプーンを投げたらHIT!!

バラすことなく釣れました。

20180929上永野ルアーフライフィールド02-3

このスプーン、水が濁っている時に効きますねぇ。

これで3匹の実績ですよ。

水中を引くと、水面からモワモワと光って見えるんですよね。蛍光がかってる?

小型であり魚が食べやすいのと、色も見えやすいんでしょうかね。

そして引いている時の動きも良いのでしょうか。

後で予備買っておきましょう。

 

結局、アタリがあったのは、最初の方、ピンクのスプーン

(フォレスト FIX2.5g ピンク)を投げた時の1回と、

この釣れた時の、計2回のみ。

管理人が今日、人が来ないと思ってエサをやったとのこと。

2・3度、釣れるかなぁと言っていたのですが・・・・・・?

ここのお魚さん達、少しエサもらったくらいで満足だった?

であればかなりハングリーかなと???

(頻度は少なかったですけど、跳び上がって空中の虫を食べて?いた。)

 

まぁ、ここの釣り場の難しさ、雨であったこと(濁り・魚食い悪さ?とか)、

ややハングリーでなくなってしまった魚達、に加え、

私の技量の無さにより、この1匹のみで終了。

・・・・・・はぁぁ、全然うまくなりませんね。

 

というわけで、今日は、買っておいた、フックシャープナーを使ってみましたよ。

プロックス フックシャープナー PX90880

http://www.proxinc.co.jp/lineup/page.jsp?mode=id/571

たしか税込980円でしたっけ。

 

ニコッとタウンの釣りに詳しい方からアドバイスをしていただいておりました。

私は魚を釣り上げる寸前で何度もバラしています。その悩み相談をしていたんです。

アドバイスいただいたのは2つ。

掬い易いランディングネットを使う

  大きめのネット,柄の長い物

ルアーのフックを手入れor交換する

  フックの手入れ,フックの交換

 

ランディングネットですが、行きつけの上〇屋に行き、売っている品物を確認しましたところ、

私の持っている物とだいたい同じくらいの長さまでの柄の物しか売っていませんでした。

ランディングネットについては、また後で調べることに。

 

フック交換は、何度かやっています。

(中古ルアーを買い、トリプルフックよりシングルフックに交換。)

 

ということで、今回は、フックの手入れに挑戦してみました。

 

ヤスリ部ですが、スチール(ダイヤモンド粒子)とのことであり、

また縦に溝が入っております。

 

ふふふ(ΦωΦ)フフフ…、私の実績ルアーの手入れをしようかしらん。(*≧m≦*)プッ

・・・・・・実績ルアーといってもほんのわずかのスプーンしかありませんが><;

その前に、以前雨で濡らしたクランクベイトのフック手入れをしなければ。

さびちゃったんですよね。

 

溝沿いにフックを入れ、ハリの先から根元に向かってヤスリをかけます。

参考HP

https://tsuriho.com/p/5690

10〜20回程、軽くこするだけで、表面の部分(黒〜さびた茶色)が取れていきます。

ハリ先が鉛筆の芯のように尖りました。さすがはダイヤモンド?

・・・・・・やり過ぎると、ハリ無くなっちゃうかな。

極端な場合、フックは、手入れではなくて交換ということになりますね。

 

クランクベイトのヤスリがけを終え、取ってもらったスピナーとスプーンの

フックを軽くヤスリがけしたら、次はいよいよ私の実績ルアー、スプーンの出番です。

が、見てみて、特にヤスリがけの必要性を感じませんでした。

なぜなら、指の皮に簡単に刺さったからです。イタッ

・・・・・・これは普通に魚にハリがかりしそうだ。

刺さるならば手入れの必要はありません。こするのは無駄かな。

というわけでスプーンは気持ち的にこすってみた程度にしておきました。

 

せっかく、ニコの知り合いが教えて下さった「ルアーのフックの手入れ」ですけど、

お魚、何度も釣らないと、ルアーのフックの手入れをする必要はそうそう無い、

ということで><;

(もっとも、ルアー、何度も使えば、何度も水中に入りますし、その分消耗しますから、

フックの手入れの必要性はあるとは思います。)

まぁ、フックを頻繁にチェックすることはあまりなくても、

管理をちゃんとすることと(濡らしたままにしておかない サビさせるなんてもってのほか)、

ダメになってきているフックを手入れor交換することを頭に入れておけばいいということ。

 

ちなみに。

フックシャープナー、ずっと使えるわけではなさそう。ヤスリですし。

安いですからね。使い込んだら買い替えよう。

今日は・・・9月も終わり

  • 2018.09.30 Sunday
  • 14:32

またも一週間、日記を空けてしまいました;;

 

今日は、台風接近の影響で午前中が雨、お昼より曇り。

暴風になるのは夜になってからか。夜中が峠か。

今日は夜に友達と会う予定でしたけどキャンセルしました。

 

9月最後の週(23〜29日)、2日間の出張があって、

自分の仕事を終えるのが大変でした。

27日木曜日は睡眠不足に。早めに寝たら疲れが出てしまい、

28日金曜日は多少抜けたような状態に。

仕事の峠を越えていたのもありましたが。

 

30日夜以降の台風接近予想のため、29日土曜日に休日出勤。

今日、30日日曜日は、自宅待機です。

 

今年度前半、4〜9月、終わりました。

前半は大きな仕事がいくつもある方、後半は伝票処理が休日に発生する方。

前半、かなり多くの時間を仕事に費やしました。

朝早い出勤がほぼ当たり前になってしまいました。

後半もその状態は続くかと。残業時間減らしなどの理由です。

後半、休日は、ワカサギ等釣りを終えてから仕事をするのが、

何日か出ると思います。

自分のため、体力と気力が必要になります。

仕事しますけど、自分のやりたいこともやりたいんですよね。

誰だってやってるじゃないですか。

私だけやれないなんて嫌。

時間を有効に使って過ごしたい。

 

ワカサギ釣りですと、ボート漕ぎでスタミナが必要になるんですよね。

ワカサギ釣り後はいつもヘトヘトになってました。

管釣りではそこまで疲れません。

釣りは楽しいですけど、運動としてはかなり微妙なところ。

ボートだってずっと漕いでいるわけではありませんし。

涼しい〜寒い季節、ウォーキング、サイクリング等の運動を、

しないといけないかと;;

ダイエットだけでなく、体力もつけておいた方が、

自分のやりたいことをもっとやれるのではないかと思いますし。

時間の合間でも練習を エリアトラウトルアーフィッシング

  • 2018.09.23 Sunday
  • 12:52

昨日、9月22日(土)、時間の合間でしたが、

エリアトラウトルアーフィッシングに行ってきました。

 

天気は曇り時々晴れ。

時間的には、9時45分〜12時45分、3時間。

 

向かったのは、自宅から近所の山にある管理釣り場、手前でなく奥の方。

手前の釣り場は相変わらず混み混み。確認してから奥に向かいました。

水が黒ずんでいると言ってますが、17日に行った感じでは

水が少し澄んできているように見えました。

この釣り場、気候が落ちついてくれば、魚達のスレ度がやや低いことを考えますと、

ほぼ放流をしないことを差し引いても、いくらかは釣れるのかなと。

というわけで、今日もエリアトラウトルアーフィッシングの練習です。

 

珍しく先客有り。県外ナンバーの車が1台停まっていました。

きっと手前の方の釣り場が混みすぎて、あきらめて向かってきたのでしょう。

釣り場的には狭いので、釣る場所を選ぶ必要がありました。

その2名が南側に陣取ってましたので、私はおのずと北側へ。

 

ということは。狙いはここです!!

20180922上永野ルアーフライフィールド02-1

ポンド北西の角、このブッシュ下。

ここに魚が潜んでいることはよ〜くわかっております。

20180922上永野ルアーフライフィールド02-2

なので、キャスト時は、力を加減し、またサミング

(リールのスプールに指を当て、ラインが出るのを止める。)をして、

ブッシュ手前にルアーをうまく落とさなければなりません。

(軽いルアーならば、ふわっと投げるだけでもOK。)

 

過去何度も攻めたこの場所。(*≧m≦*)プッ

たしか上の藪草に引っかけて、スプーンを2つ?ロストしてます(恥)。

この藪付近は水辺であり、向こう側から接近することができません。

もし釣り場の管理人が草刈りするのであれば、ルアーを取ってほしいんですけどねぇ。

(´Д⊂グスン

 

というわけで、スプーンを2つ、クランクベイトを1つ、ロストしてしまいました。

(つд⊂)エーン

特にクランクベイトは、ディスプラウトのピコチャタクラ。

クランクベイトで唯一、私に何匹も釣らせてくれていた功労者でした。

ディスプラウトの商品は、私の地元ではあまり入荷されません。

注文しても簡単には届きません。

同じ商品を見つけるしかなさそうですが、大変でしょう。あーあ。

 

最初のキャスト、この場所を攻めました。

スプーン、色は黒。

アタる色については、前回の釣りで学びましたからね。

黒ずんでいる水質が、やや澄んできている状況。

黒い色のルアーはシルエットがしっかり出るので、魚が食いつきやすいとか?

最初のキャスト、魚達にアピールできるように、少し大きめのスプーンを投げました。

 

ロデオクラフト、キューム、3.3g。マット(つや消し)ブラック。

着水した瞬間にHIT!!

県外の2人が目を丸くしてこっちを見ていました。

さぁ、これで釣れればかっこ良かったんですけど、引く途中で魚が外れてしまいました。

( ´Д`)=3 フゥ

めげずにまた投げたところ、またまたアタリました、がハリ掛かりはせず。

・・・・・・そっかぁ。

ここは大型魚は入っていません。魚は比較的小さいものばかり。

大きなスプーンは、アピールはできますけど、食いつきは悪いのかな。

 

というわけで、それからは、小さめの黒スプーンで攻撃しました。

この釣り場に向かう前に、私は黒スプーンを少しそろえておきました。(*≧m≦*)プッ

艶有りも。艶無しも。大小重量別でいくつか買っておいたのです。

でも結果、艶有り艶無しは関係なくアタリが出ました。

それにしても黒ですか・・・・・・。

魔法漫画では闇属性とか言われますね。

そういえばトリックスター(オンラインゲーム)にもありましたねぇ、属性。

モンスターメーカーにも闇属性のキャラいましたっけ。

最近ですと、「鬼滅の刃」主人公の剣とか、

「Re:ゼロから始める異世界生活」主人公の属性とか(これは単に魔女の呪いですが)。

ともかく、この闇属性が、この釣り場では力を発揮します。

 

何度もアタリが出ますが、なかなかハリ掛かりさせられません。

が、ついに、魚を釣り上げることに成功しました!!

20180922上永野ルアーフライフィールド01-1

近付くとこんな感じ。

20180922上永野ルアーフライフィールド01-2

抜けてきてしまったのかもしれませんが、ハリが掛かっていたのは魚の右下唇でした。

こんなんでよく釣り上げられたものです。釣り上げるまで行けてラッキーでした。

 

釣ったルアー。

スプーン。ヴァルケイン、ハイバースト、1.8g、ブラック。

ヴァルケイン、ハイバーストのHP。

http://valkein.jp/hiburst.html

載っていませんが、1.8gのラインアップもあります。

ダイヤ型の形状をしています。

この形状は、釣る人がルアーをコントロールしやすく、

やり方によっては自由変幻自在に動かせるということで、

商品の出た当時は評判が良かったみたいです。

 

でも私は、スプーンで釣れたのって、大部分がフォレスト製。

他のメーカーのルアー(スプーン)で釣れると、とても嬉しいです!!

自信になりますし、どのように扱えば釣れるのかヒントになりますからね。

 

釣れたのは10時25分。

それからは、黒ばかりでは魚達が飽きますから、

投げるスプーンの色を替えていきましたが、まるでアタらず。

買ったばかりの大型スプーンで一度だけアタッたほかは、まったくアタリ無し。

場所を替え、ポンドの東から攻めましたが、アタリはゼロ。

魚は時々跳び上がっていましたから、いるにはいるのですが・・・・・・。

県外の人の1人は何匹か釣っていました。

もう1人は、私が釣った場所に向かい、ブッシュ下を何度もキャストしていましたが、

釣れることはありませんでした。

御気の毒に、ルアーをブッシュに引っかけて(ロストして?)しまっていました。

そもそもこのポンドは、スプーンの色をしっかり選ばないと、アタリすら出ません。

かくなる私も、正解を1つしか見つけられていませんが><;

 

そして、他の色を使いダメ、他のルアー(ずるい物含む)を使いダメ、

再度黒スプーンを使いダメ、ブッシュ下を攻めてもダメ。

アタリが出ることは一度もありませんでした。

 

そもそも、釣れた時も、食いが浅かったんです。

魚達の活性は低め。アタッたら確実にフッキングしなければ釣れません。

きっとルアーも小型が良いのでしょうか。

私が小型ルアーを使うと、魚に飲まれてしまいます。

この釣り場で、それをやらかしています。

リリースしてしまうのに、やらかすと魚も可哀想です。

小さめのスプーンも投げましたけど、かなり小さいのは投げません。

釣っていた人は、小さめのルアーを使い、またフッキングが上手だったのでしょうか。

そもそもどんなルアーを使いアタリを出していたのでしょうか?

その方法も経験等で熟練しているのではないかと。

 

あきらめずに釣りを続けていましたが、やがて晴れ間の時間が多くなってきました。

上空の雲が少なくなり、時間的に晴れ間が続くことが容易に想像できました。

けっこう暑くなってしまいました。これでは釣りは難しいです。

12時49分、私は竿を収めました。

(この後事務所に向かい15時〜22時まで仕事しました;;)

またしても1匹釣るのが精一杯かぁ。アタリも少なかった><;

 

秋っぽくなってくれば、状況も少しずつ良くなるでしょう。

解禁する管理釣り場も増えてきます。

エリアトラウトルアーフィッシング、私の修業は、まだまだこれからなのです。

 

仕事が忙しいのも続きますけど、現状で自分の運命をあきらめようとは思いません。

仕事もやむなく大切ですけど、自分の時間はもっと大切。

ネット友達ともっとお話して、励まして励ましてもらって、

これからも楽しく頑張りたいですよ!!

今日は・・・毎年の彼岸花撮影

  • 2018.09.22 Saturday
  • 23:59

今週、20日(木)と21日(金)は雨が降りましたね。

 

今週、普通の日は4日。

一日少なく、それは祝日。

休みだ。休める。でもあまり嬉しくはなく。

安みが増えても仕事の量は変わらず。それどころか毎年増え続けている。

本当は三連休ガバッと休んで、親しい人と遠出旅行に行きたいのに。

私はいつになってもそれができません。

 

休日、スケジュールを自分でカスタマイズできるのだけが救い。

時間の合間を見つけて、今好きな釣りをするようにしています。

22日(土)も、午前中少しだけ、エリアトラウトルアーフィッシングをしてきました。

その話は別の日記で書きます。

 

17日(月)、釣りに行くのと同方向に、彼岸花の名所のお寺がありまして、

写真撮りをしてきました。

今年は8月から涼しい日が多く、開花が早くなったのでしょうか。

彼岸花、終わってしまうと思って、行ってきました。

が、向かうのが早かった;;

20180917常楽寺03

画像は極端なものですが。

20180917常楽寺09

でも咲いているところだってありました。

20180917常楽寺06

通路の手前の方が開花が早い?

20180917常楽寺04

ほらこの辺、アップして撮れば、壁紙にだってできますよ?

20180917常楽寺05

場所によっては満開じゃないですか。

 

とはいえ、このお寺、撮影は毎年9月20日過ぎ。

まさにお彼岸に撮影しているんですよね。

今回は9月17日、20〜26日がお彼岸ですから、外れてるんですよね。

 

でも、私の近所など平地では、彼岸花、咲くのが早く、色があせてきてましたので、

急いで撮りに向かったんですよね。

このお寺は少しだけ山。つぼみがいっぱいあったっていう。

なかなか微妙なところでの撮影となりました。

今日は・・・釣り修業 やれることはたくさんあるはず

  • 2018.09.17 Monday
  • 22:49

今日は晴れのち曇り。

三連休の最後の日。仕事には行きません。

午前中は、家事、自分の部屋の片付け。

晴れて暑くなってきました。

でも時間ができる午後、釣りに行こうかな。

 

晴れて暑いのですけど、エリアトラウトルアーフィッシングに向かいました。

自宅から近所の山にある管理釣り場へ。

車が多く停まっていました。

そこに入るのはやめて、奥にある方の管理釣り場へ向かいました。

 

そこは、以前私が魚を猫に取られたことのある管理釣り場です。(*≧m≦*)プッ

20180917上永野ルアーフライフィールド04

人がいないのは良いですが、相変わらず水が濁っております。><;

晴れて暑いのに、はたして魚は釣れるのか?

まぁキャスト等の練習にはうってつけですけどね。

今日はポンドの東、少し南あたりに入りました。

南側の縁あたりに魚が集まりやすいという情報を聞いたからです。

管理人のオジサンが教えてくれました。

私の釣り座の右側。

20180917上永野ルアーフライフィールド05

私の釣り座の左側。

20180917上永野ルアーフライフィールド06

南側に木があるため、日陰になりやすく、魚が居やすいのかも。

キタテハが多く飛んでいました。

理由は、私の左側にあるアザミでした。

20180917上永野ルアーフライフィールド02-1

アブもいましたが、ほぼキタテハがアザミを占拠していましたね。

まぁ、釣りには関係ありませんでしたが。気になりました。

ほか、魚がいやすいのは、この藪の下。

20180917上永野ルアーフライフィールド03

一度も動いたことのなさそうなボートがいつも置いてあります。

管理人曰く、週に2度餌やりをしているとのこと。

このボートに乗って餌やり・・・・・・はしてないかも?

ともかく、この藪の下で、魚がよくポチャンポチャンとやっているのを、

私は何度も見ているんですよね。

そこに投げて釣ったこともありましたし。

 

午後2時半くらいから釣り開始。

どす黒い水です。投げるのはピンクのスプーン。・・・・・・アタリ無し。

釣れる色は何かないのか?

赤橙黄ダメ。青もダメ。

銀はいちばんダメな気がしました。

他の色に銀があるとアタリがまったく出ませんでしたので。

緑色はどうか。モスグリでアタリが出ました。

オリーブで、アタリ有り。

ライトペレット(オリーブの薄い感じの色)で、掛かりました。

そして手前でハリが外れてしまいました。><;

 

今度は黒にしよう、アタリが有りました。

黒いルアーはシルエットがはっきりするということで、

魚達にはわかりやすい、らしいです。)

でもハリ掛かりはさせられず。食いが浅いように思いました。

だから大きさを替えたり、メーカーを替えたりしていたんですよね。

場所を替えて、藪下を攻めてみました。

1度アタリまして、掛かりました。

そしてまたも手前でバラシ。><;

 

けっこうアタリは出ているな。

水、もしかして前より澄んでいるのか?

雨けっこう降ってたように思うのですけどね。

 

元の場所に戻りました。

ここのポンドは、川の水を自動で時々入れます。

私の右脇のパイプから、近くの川の水が入ってきます。

よし、この流れがある状態で、スピナーを使ってみよう

色は、ピンク色のある青系スピナー。なんとなく。

北に向かって投げたところ、アタリました。

ハリ掛かりさせて釣り上げることができましたよ。

20180917上永野ルアーフライフィールド07

左の上口にしっかりハリ掛かりさせることができました。

これならバラシませんよね。

 

そしてこの後、何色がアタるのかわからなくなりました。

白など明るい色、アタリません。

 

夕方、だんだん暗くなってきました。

暗くなってきたら、明るめの色を使うと釣れる。

これまでの経験で学んだことです。

でも、相変わらず、白などの明るい色は、アタリません。

赤系を使用、一度だけアタリましたが、それから続きません。

じゃもうこれだ。黄色いスプーン。

なんと一度目のキャストでアタリました。

ハリ掛かりさせて手前まで寄せましたが、結局バラシ。><;

 

(´ε`;)ウーン…

私、よくバラシますけど。この釣り場では特に多くバラシていると思います。

岸辺は、草が多めなので取り込みにくいのと、

また底に大きめの石があって、そこに魚が接触するのか?、

魚がバレてしまうことが多いように思います。

一度もバラさなければ私は今日4匹釣れていました。

 

この釣り場、どす黒い水でも、決して釣れない釣り場ではないのです。

たしかに、管理人の管理がいい加減で、

放流をあまりしていないようです。

水質も悪い。釣るのが難しいでしょう。

けど、でもアタリはけっこうあるように思います。

水が黒くても、住みつく魚達にはルアーなどが見えている。

ただし、魚が更新されないから、ルアーを見切っている魚が多くなりがち。

だから私も、いろいろなルアーを投げています。

特に今日は、いろいろなスプーンを投げました。

他には、スピナー、クランクベイト、ペレットペレットくらい。

ずるいルアーは投げず。

前にずるいルアーを何度も投げましたけど、釣れたのは最初くらいでしたっけ。

これから温度が下がってくれば、もっと釣りやすくなるはず。

この釣り場は管理状態が悪いので人があまり来ませんけど、

その分スレ度は低いかなと。

客が来ていない期間があるほど、釣りやすい状況になりやすいはず。

釣りの修業をするにはもってこいの場所かなと、個人的に思うんですよね。

 

この釣り場で釣るために。

管理人から聞ける情報を集めよう。

魚の居場所を確認しよう。

水質から、釣れる色を見出そう。

キャストの練習は思う存分できる。

岸の縁に投げられるようになろう。

あとは最後の魚取り込み。ここでの失敗が実に多い。

アタッた時のハリ掛けをしっかりやっていくことと、取り込み時に注意すること

魚はなかなか更新されなくても、釣るためにできることは結構あるかなと。

 

釣れる釣り場ではないので、何度も向かうかどうかは疑問符ですけど、

この釣り場で頑張るだけの価値はありそうですね。

今日は・・・放流あるも狭い釣り場

  • 2018.09.16 Sunday
  • 23:59

今日は晴れのち時々曇り。

 

午前中は、休日返上で事務所へ。

他の会社への連絡、資料をコピーし送付をしました。

9時半から始めて11時半まで。

 

午後はエリアトラウトルアーフィッシングに向かいました。

行ったことのない管理釣り場へ。

放流が多く釣れる釣り場、と聞いていました。

が、状況が悪かったようです

 

9月に入り、温度が低く曇りがちの日々が続いていたのですが、

今日は晴れてけっこう暑い日に。

釣り場はすごく混んでいました。

田んぼのど真ん中にある管理釣り場。

20180916みどりフィッシングエリア02

駐車場は一杯。なんと他県ナンバーの車がけっこうある。

ちょうど1台出る車があったおかげで、

ちょうどタイミングよく駐車できました。

ここはラッキーだったのですけど、釣るスペースがあまり無し。

たまたま開きスペースがありましたので、そのままそこへ。

多分先程の客のスペース分だったのかも。

 

水は濁っていました。

雨が多かったということなのか?

この釣り場はポンド1つのみ。

見る限りでは、水が流れ込んだり流れ出たりする所が見当たりませんでした。

むぅ〜ここは地下水循環とかしているのでしょうか?

どうやらそうであろう?場所には、水車が回ってました。

水車付近では釣りができないように封鎖されてますが、

そのギリギリのところで釣りをしている客がいました。

魚のいる好ポイントでしょうからね。朝一の客が占拠しているのでしょう。

 

私の入るスペースはちょうどあったのですけど、窮屈でした

私の左隣の人は、だいたい左の方にキャストしていました。

その方向には水車から流れる水が。

なので、結果的に私には左側に少し余裕がありました。

 

ポンドが小さいです。向かい側にも人がいて、私に向かってキャストしてきます。

でも遠慮がちにポンド中央までしか投げてきません。

私は、普段は大きめのスプーンを中心に、どかんどかんと投げています。(*≧m≦*)プッ

ここではそうはいきません。

普段は2.8gか3.5gのスプーンを使っていますが、

ここは我慢して2.2gまでに自重。

(この釣り場のレギュレーションでは、6gのルアーまでOKとのことでしたが。)

私はけっこうポンド中央をオーバーして投げてもいましたが。

前の人の投げているコースは常に見ています。

同じ所には投げないようにしていました、

前の人がもし気が強くて文句言う人であれば、私は怒られたかもしれませんが。

 

放流は1度ありました。私が到着してすぐの時刻。多分午後1時くらい。

この釣り場はなんと3回も放流しているようです。

そして、釣り場の南側には、養魚場が。(゚д゚)!!

20180916みどりフィッシングエリア06

自分で魚を育てて放流しているとのこと。

「この釣り場は釣れる」と、行きつけの上〇屋のH氏から聞いていました。

県外から人が来てるなんて。釣れる釣り場なのでしょうね。

最近はサギがたくさん来ていると聞きます。

ここの魚を食い荒らしているようですが・・・・・・?

見るところ、一応は網が張ってあります。

が、脇はちゃんとしまってなくて、入れてしまえるように見えます。

午後の早い時間に撮影しましたが、周囲にサギは見当たりませんでした。

管理人が追っ払っているのでしょうか?

 

でも、なかなか釣れませんでした。

水が濁っていました。そして晴れて温度が上がりました。

ポンド周りは人だらけ。全員が一心不乱にルアーorフライを投げています。

ポンドのプレッシャー、魚達にはたまったものではないはず。

釣れる釣り場とは聞いてましたけど、今日はさすがにあまり釣れないかな、と

私は早くから思っていました。

 

水が濁っている。周囲はピンク系のルアーを使っている人が多い。

水が濁っているならば、目立ってよく見えるピンク系が良いでしょうね。

ピンクのスプーンで1匹。

20180916みどりフィッシングエリア01

水が澄んでいるところでは、黄色か緑色が有効だとか。

緑色では釣れないか?

試しに使った緑色のスプーンで1匹。(結果的に水が澄み始めていた?)

20180916みどりフィッシングエリア05-1

そして、夕方前、私の向かい側にいた人がいなくなり、

私が力を開放して、(*≧m≦*)プッ どりゃ〜とスピナーを投げて1匹。

スピナーは比較的重くて飛びますからねぇ。

20180916みどりフィッシングエリア08-1

管理釣り場でスピナーを投げる人、いるのでしょうかね?

魚達にとって、スピナーは、珍しく思えるのでは?

私にとってスピナーは、釣れない時の心強い味方なのです。

 

釣り場では、かき氷のサービスがありましたね。

 

釣り場は、夕方5時半で終了。

ポンド脇に停まっていたボートが動き出し、餌やり開始。

20180916みどりフィッシングエリア09(夕方 営業を終えてから餌やりをするようだ)

・・・・・・そうかなるほど。

夕方、営業終了前に、ペレットペレット(ルアーの名前)を投げれば、

けっこう釣れたかもしれませんね。

 

それにしましても。「釣れる釣り場」と聞いて、その釣り場で3匹の釣果。

〇州屋のH氏に報告しにくいですよぉ。

客観的に見て、釣れやすいとは思えませんでしたけど、

さすがに3匹では・・・・・・言いにくいですよ。

紹介されて一度向かいましたけど、仕事場からなら1時間程度でも、

私の自宅からですと2時間かかりますからねぇ。

行くのであれば、混んでない普通の日でないと行けそうにないですよね。

でも行っても、ルアーを思いっきり投げられないでしょう。

釣れるかもしれませんけど、また行きたいとは思えませんね。

 

今日の釣果と、思いっきりキャストできなかった意味で、

個人的に不完全燃焼で終わってしまいました。><;

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

早苗さんのお告げ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド
ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド (JUGEMレビュー »)

私はハピソンの深さ表示タイプの電動リールで、ワカサギ釣りを始めました。スティック形状で使いやすい。また比較的リーズナブル。初級〜中級向けかな。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM