今日は・・・前回の釣行の考察など

  • 2018.12.11 Tuesday
  • 23:40

12月10日(月)より、急に寒くなりました。

というかこれまでずっと暖かい日が続いていたんですけどね。

どうも足元からぐぐっとくるような寒さ。

気が緩んだ途端風邪ひきそう。

 

お天気ですが、9日(日)が曇り時々晴れ、10日(月)が曇り、

そして今日11日(火)は曇り、夕方から小雨。

 

仕事はずっとハードなまま。でも新人に少しずつメドが立ってきておりまして、

今日は仕事をほぼ任せ、私は自分の仕事をいくらか進めることができました。

 

寝る前の貴重な時間ですが、8日(土)のエリアトラウト釣行についての

考察などを、ざっくばらんながらしていきます。

8日(土)のエリアトラウト釣行の日記↓

http://kaeruhebi.jugem.jp/?eid=496

テキストのみの長文です。エリアトラウトを存じない方には

この先退屈かもしれません。

 

山奥の釣り場で今は初冬、現地はけっこう寒かったです。

厳寒期の管釣りも今後経験すると思いますが、自身の寒さ対策、

そしてタックルの方についても多少工夫が必要かもしれません。

ロッド先やラインが凍るケースがありそうですし。

 

午後からの釣りでした。

午前中からいる釣り人達がかけるプレッシャーで、幾分釣りにくくなっている状況のよう。

私は半日、特に午後に釣りすることが多いため、

その(魚達への)プレッシャーに打ち勝つための工夫がそれなりに必要。

適切なルアー選びとその操作について、精度を高めなければなりません。

理屈は必要なんですけど、「理屈<経験」というところがあるのがエリアトラウト。

釣り修業は当分続きそう。

 

水質、この釣り場はいくらかマッディーなところがあるはずが、

この日はとてもクリアでした。

ずっと雨が降らないせいでしょう。それにしても予想外の水質の良さ。

まずはここで想定外でした。逆に考えれば何度も通う釣り場でも、

水質が違うケースがあるということを学べたと思います。

どのような水質のケースでも、それに合わせた釣りができるように

なっていきたいものです。

いくらかマッディーということで、これまで何度も試し釣果が出ていたピンク、

またオレンジも効く釣り場という認識でした。

でも、この日のようなクリアな状態ですと、経験上ピンクは効きません。

(先入観にとらわれるのは危険なので、この日もピンクを一応試した。が効かず。)

 

オレンジは、最初のクランク(イーブルプレーヤー)と、

放流時のスプーン(ロニサ3.3g)が効きました。

でも他の色はほぼダメな状態のようでした。

ペレット撒き時のペレットペレットで1匹、

その後のスプーン(赤金ジル1.8g)で1匹。

ペレットペレットはどさくさまぎれの戦法であり特異的ですけど、

赤金ジルの時は無理やり1匹を絞り出したような感じでした。

15時以降はほぼ釣れない状態ではありました。

でも時間が経過し夕方になるにつれて、魚達の活性は上がっていました。

その時間帯で釣果を伸ばすことは可能だったのでは?

 

12時過ぎでのヒット、14時放流時での3匹、15時ペレット撒きでのヒット、

ここまではある意味既定路線。

でも問題はこの後、釣果を伸ばせるところだったのではないかと。

ペレットを食べて食欲が満たされてしまった可能性はありますけど、

そもそも食欲ってけっこう無限大ではないかと思うんですよね。

工夫がまだまだ足りないでしょうか。

夕暮れ時は蛍光黄のぐるぐるXを多投しました。

小さいバイトが何度も出ていました。

一見、ルアー選びは正解のようですけど、小さいバイトはモノにしにくいですし、

そもそも小さいバイトしか出ないルアーは正解とは言い難いのかなと。

正解のルアーであれば、フッキングできるだけの大きなバイトが出るのでしょうし。

ルアー選びと操作、まだまだ勉強が必要でしょうね。

 

よかったなと思ったこともありました。

何一つトラブルがありませんでした。

ルアーロスト、ライントラブル、一切無し。

スプーン以外のルアーのキャストが上手くなってきたような気がしました。

クランクのキャストが苦手でしたが、行きつけ上〇屋のH氏のアドバイスで、

垂らしを長めにしキャストすることをずっと心掛けてまして、

おかげでけっこう遠くに投げられるようになってきました。

あとはぐるぐるXのような軽量ルアー。

特にぐるぐるXは風が吹くと苦しいですけど;;

でもこの日は微風程度の状況。

軽量ルアーのキャストですが、私は斜めもしくは横から行うことが多いです。

ぐるぐるXの飛距離も伸びてきたはず。

そして、クランクの操作。クランクの持つ特性を理解し、

少しですけど使い分けができるようになってきたかもしれません。

クランクで釣果が出るようになってきましたからね。

スプーンと比べて、決まった層を攻めやすいクランク。

層がブレがちのスプーンは、魚達に見切られることが多いという

話を聞いたことがあります。

それに対しクランクは、表層、中層、底付近と、

種類により動かしやすい層がおおよそ決まっています。

使いこなせればスプーンよりもずっと釣果が出そうな気がします。

あとは、ミノ―ですね。私には未知の領域。

これから使用頻度を上げ、使い方を学んでいきたいと思います。

 

それにしてもエリアトラウト、最初はこの釣り場でボウズでしたし、

その後も何度かボウズを経験しましたけど、

今はとりあえずいつでも数匹は釣れるようになってきました。

ずるいルアーを含めたルアーチョイスで釣ってきているわけですが;;

釣り方のほか、釣り場の状況を把握して、

釣れる確率を上げていく訓練がまだまだ必要。

エリアトラウトルアーフィッシング、始めてから1年と3ヶ月が経過しました。

(昨冬はワカサギでありエリアはやらずでしたけど。)

でもルアーはかなり揃いましたし、うまくなるのはこれからじゃないかなと思います。

仕事で釣りに行きにくいですけど、来年また何度も行けるように、

頑張っていきたいと思います。

今日は・・・エリアトラウト 寒い時期に入り

  • 2018.12.08 Saturday
  • 23:59

今日、私の住処は曇り、山奥の釣り場は晴れ時々曇り。

 

仕事をし続けるべきではあるのですけど、2日の週は月次の仕事がありまして、

そこも新人に教えながらの作業となり、ストレスが溜まりまして・・・・・・;;

今日は、地元の農協祭りの懸賞品交換がありましたので、

仕事は早朝〜9時過ぎで切り上げ、その後地元の農協祭りの会場である運動公園へ。

懸賞品は、メイン検証が最低5等のティッシュ、他の懸賞では2等品の乾麺セットでした。

ちなみに昨年の「その他の懸賞」は1等品の電気ストーブ。

さすがに連チャンとはいかず。(*≧m≦*)プッ

そして、午後イチから夕方まで、エリアトラウトルアーフィッシングをすることに。

 

向かったのは山奥の釣り場。2号池に入りました。

人は思ったより少なめ。

20181208発光路の森01

ここ2号池ですが、深さ5mある壺状のポンド。

最近は雨が少ないからか水質はクリア。

比較的濁りがあるからピンク系が強かったんですけど、この状況ですとピンクは難しいか。

実際、ピンクではアタリがまったくありませんでした。

 

ここの戦略ですが、魚は表層近く〜中層にいますので、

引くと浮き上がりがちのスプーンは着底してからの巻き上げが基本、

クランクは普通にゆっくりめに引くのがポイントかなと。

 

最初のキャストはスプーン、MIUポイズン2.8g。青銀一部ピンクというカラー。

私が釣れない時のオタスケアイテム。スプーン裏が青色ということで、

青系の様子を見ましたが、アタリは無し。

クリアであれば緑はということで、続いて緑金のスプーンを投げますが、アタリません。

もうクランクに行こう。ということで、買ったばかりのクランク、

ディスプラウトのイーグルプレーヤーMR(オレンジ)を投げました。

イーグルプレーヤー

https://daysprout-fishing.jp/page2/eagleplayer/

最近はクランクに目覚め、オレンジなどのクランクをいくつか買い揃えていました。

イーグルプレーヤーは、比較的浅めの層を攻めることができます。

表層よりいくらか沈んでいる魚達を攻めるのに効果的かと。

2投目でHIT! でも掛からず。あーあダメか・・・とルアーを見ると・・・

沖からイーグルプレーヤー目がけて突っ込んでくる魚がΣ('□'*!

とっさに立て直し引きます。きた〜!! 食い付く瞬間を見て気持ち良かったです。

12時半。1匹目GETです。

20181208発光路の森02-1

一度アタックするも食い付けず、あきらめずに食い付こうとくらいついた感じですかね。

それにしてもこの魚は? イワナ? 黒と赤の点がポツポツポツ。

20181208発光路の森02-2

この魚種、確認しておりませんが、イワナかもしれません。

今は冬ですから、イワナにとっては生育に適度な水温になりますし、

ニジマス以外の魚種を見る機会は増えるのではないかと。

→答え ブラウントラウト

 

そして、アタリが出ない時間帯が続くことに。

ピンク系が使えません。オレンジ系は少しアタる、くらいのことしかわかりません。

困り果てていたところに、釣り場のお兄さんがゴミ箱状の容器を抱え私の近くをウロチョロ。

ここはペレット撒きがあるんです。その時に釣れるかなとずっと思い続けている私です。

訊いてみたところ、いや違います、ペレットは3時です、とのこと。

そしてすぐさま容器をポンドへ傾けました。あら、放流でしたか。・・・・・・って、放流?!

この釣り場は放流しているとは聞いていましたが、放流を目の当たりにしたことはなかったんです。

それを私の右隣でいきなりやってきました。

反射的にペレット系のルアーに切り替えようとしていた私ですが・・・・・・。

すぐさま判断し行動あるのみ。放流スプーンに替えました!!

ディスプラウト、ロニサ3.3g、オレンジGヤマメ。

ロニサ

https://daysprout-fishing.jp/page2/ronisa/

平べったい大きめのスプーンです。MIUと比べても釣果はほんの少し程度

(保持数量も使用頻度も低いですけど)。

ポイントは大きさ。大きくて目立ちしっかりと引けるスプーンであれば、

魚を掛けやすいかもというのもありました。

放流場所へちょこんとキャストし、幾分優しめに引きます。

最初はハリ掛け失敗を2度><; でもそれから釣っていきます!!

2匹目。

20181208発光路の森03

器用に写真撮りしながらも手返しよく釣りを進めていきます。

3匹目。

20181208発光路の森04

釣れるのはニジマスです。反応が良いですから、

釣れているのは放流された魚達で間違いないでしょう。

場が落ちつきそう? いやいやお祭りはまだ続いている!

落ち着いてロニサをキャストしリトリーブ。

4匹目。

20181208発光路の森05

表がヤマメ状オレンジ、ベースが金であるこのスプーン、

放流にしっかりと炸裂してくれました!!

釣れたのはすべて放流ニジマスか。

14時16分〜21分の間で3匹GET。

先日の釣行での放流時も3匹。今回も同数。

もっとしっかりしていればあと2匹は釣れたのではないかと。

 

そして場が落ちついてしまいました。

釣れない、釣れない、どうしよう。

 

そしてまたもお兄さんがひょっこりと現れました。

今度は、いよいよ、ペレット撒き。

聞いてたよ待ってたよ・・・って、すかさずパッパカッパッパッと撒いていきます。

ちょっとちょっと、ルアー替えが間に合わないじゃないのよ。

ペレットを見せてもらいました。黒茶状と白茶状のものが混ざっていました。

なるほど・・・こんな色のものを使えばいいのね。

ペレット撒きの瞬間にドサクサまぎれのキャストはできなかったけど、

ペレット撒きの効果は少しの間は残っているのでは。

黒茶色のSS(スローシンキングか)のペレットペレットにチェンジ!!

色はたぶんダークブラウン。

ペレットペレット

http://archive.bassday.co.jp/a_products/area/pellet_ss_s/pellet_s.html

魚は表層よりやや下〜中層の間にいます。なので私はF(フローティングか 浮くんだろう)

ではなくて、徐々に沈むであろうSSをセレクトしています。

とぼけて投げてチョロチョロと引くと、すぐに釣れました。

14時49分、5匹目。綺麗にかかりました。

20181208発光路の森06

ペレット撒きから2分くらい経過していたんですけど、

魚達はペレットにフラグが立っているってことですかね。

魚的に本日放流のニジマスでは? 魚体が綺麗ですものね。

 

ペレット効果もすぐに切れてしまいます。

またも釣れない時間帯へ。困った困ったどうしよう。

 

釣り場は夕方になりかけてきました。

あまりなかったライズが、だんだん増えてきたように思いました。

今は初冬。魚達はだんだん下に沈むのかと思いきや、表層を意識しているよう。

これまでの夏秋と変わらない状況なのか。

であれば、これまでやってきた、表層〜中層のスプーニングとか、

通用するのではないかと。

時間的には、これまで通用しなかった赤系もいけるかもしれませんし、

釣れない時の救世主スプーン、スミスの赤金ジル様を投入しました。

スミス ジル

http://www.smith.jp/product/trout/zil/zil.html

0.6gは持ってません。1.4gから投入。アタリ無し。

軽過ぎて引くのが表層過ぎてしまうんですかね。魚達に狙われないような感じ。

というか私が投げようとしていたのは1.8gですよ。ダメじゃないの。

1.8GRをキャスト。すぐに掛かりました。

15時39分、6匹目。

20181208発光路の森07-1

あれ、この魚もニジマスじゃない?

20181208発光路の森07-2

赤い点もポツポツポツ。

周囲に訊けそうな人もいませんし、魚種は不明。

いやニジマスかも? 婚姻色なのか?

→答え ブラウントラウト

 

先日の釣行では7匹の釣果でした。

今日の目標は(も)10匹。なんとか数を伸ばしたい。

釣れない、釣れない、時間だけが過ぎていき、やがて暗くなってきました。

ずるいルアーも試しています。ぐるぐるXですと何度かアタッているんですけど、

せっかくのバイトをフッキングにまで持ち込めないんですよね。

アタリが小さいんです。チョコンッて感じ。

釣れる時の引き込まれるバイトは無し。

こういうのは、ルアーが合っていないということなのかも。

最後の時間帯、蛍光黄のぐるぐるXを多投。

何度もアタリを出せるのですけど、バイトをモノにできません;;

明るいうちからフッキングできずにいるのに、暗い状態ではなおさら無理というもの。

ロッドでアワセられないのであれば、巻きアワセをすればいい!!

なんて思っても、身体がそこまで精度よく動きません。

17時になりタイムアップ。あーあ、なんとかしてあと1匹釣りたかった。

 

今日の釣果は6匹でした。

これまで、半日で2・3匹の釣行が多かったことを考えますと、

さほど悪くないようにも思うんですけどね。

まぁ、釣れない釣り場よりは、釣れる釣り場に向かうようにしたことはありますけど。

先日も、今日も、放流で数を伸ばしたんですし。><;

放流有る無しは大きいんですよね。・・・・・・あれ私のレベル変わってないのか?

正直、私的にはまだまだ。

午後の半日、放流イベント付き前提で釣果は10匹まで伸ばせるのではないかと。

 

釣行後、考えたことがいくつも出てきました。

この日記の後で、今回の釣行からの考察などについて、書いていきたいと思います。

今日は釣行の結果だけアップということで。

 

最後に。釣り場の夕暮にて。

早苗っち、もっとガンバレよ。=ΦェΦ=うにゃ

20181208発光路の森08

今日は・・・エリアトラウト デジカメ忘れて残念 でも

  • 2018.12.02 Sunday
  • 21:43

今日は晴れのち曇り。

午前中は自宅。家事したりポケランしたり。

午後ですが、仕事に行こうかなとも思っていましたが、気が向かず、

エリアトラウトルアーフィッシングをしに、近所の山中の釣り場に向かいました。

 

悲しいことに、デジカメの電池を忘れてしまいました。

自宅で充したまま、持って行くのを忘れてしまったのです。(´・ω・`)ガッカリ…

 

雨が少ない日が続いています。

もともとが綺麗な水のクリアポンド。今日もクリアクリア。

さあ、ここをどう攻略するかです。

クリアポンドでは、ダークグリーンとブラウンのスプーンを持って行くと、

お助けアイテムになってくれると、村田基さんは言っていました。

このポンドで釣果を上げるカギになると、釣りをする前は思っていました。

 

でも、そういうことはありませんでした。

ダークグリーンもブラウンも試しましたが、アタらないのです。

それどころか、オレンジがアタるんですよね。

暗い色は魚には見えにくい? シルエットを活かそうと黒も試しましたがダメ。

赤は少しアタる程度。青はダメ。

 

私はこのポンドで、大きめのスプーンをポンド中央に投げ込むのが好きです。

流れ込みから少し先がちょうど中央。そこに生きの良い魚がいるでしょうし、

そこの魚を釣り上げられると気分が良いのです。

でもここは県外からも人が来る人気のある釣り場。

午後から行ったのでは思ったような場所取りができません。

沖に投げられる場所は取れず。空いていたのはシャローエリアの1か所のみ。

おのずとそこに入って、比較的小さめの魚を中心に狙うこととなりました。

 

今日は現地での画像がありません。

綺麗な紅葉あり、珍しい魚ありでしたのに、撮影できず。(´・ω・`)ガッカリ…

なので本日成果を上げたルアー達を撮影し紹介。

20181202フィッシングリゾート上永野01-1

左から順に。

放流時、おそらくは放流魚をGET。

オレンジのスプーン(フォレスト FIXインパクト 2.5g)で1匹、チビタンニジマス。

オレンジ黄色のスプーン(フォレストFIXインパクト2.5g)で2匹。

1匹は、黒めの魚体で赤い点がいくつもあった魚。

ブラウントラウト?何の魚だったのか?

もう1匹は、黒くて、口が長く尖っていて、身体の下が赤くなっていました。

完全に見たことない魚?婚姻色のオスでしたが。

ここからは、放流祭りが終わり状況が落ち着いてから。

茶ジェラートのクランクベイト(ディスプラウト ピコチャタクラ DR-F)

で1匹、チビタンニジマス。

赤黄色の小型ミノ―(商品の詳細は未確認)で1匹、チビタンニジマス。

大型オレンジスプーン(ウォーターランド アルミん 大きいけど2.5g)

で1匹、チビタンニジマス。

オレンジ色のクランクベイト(ディスプラウト チャタクラ BR)

で1匹、チビタンニジマス。

20181202フィッシングリゾート上永野01-2

ひっくり返すとこんな感じ。左2つのスプーンはともに同色の金色。

写真映り的に最左が銀っぽく見えますが、ちゃんと金色。

茶ジェラートのピコチャタクラは後ろのハリが抜け、

またオレンジのチャタクラは下のハリが抜けてしまいました。

(オレンジの方は後ろのハリもありませんが、私が自分で外しまして、

茶の方に付けようとしたんです。が、リングが小さすぎて付けられず。)

 

13時半過ぎから釣り開始。黄色、ダークグリーンとスプーンを投げますがアタらず。

そしてすぐに放流タイム。

そうでした、放流。放流場所は、ポンドの南西と北東。

私の陣取ったのは北東。放流された所を見ると、黒い魚の影がウジャウジャ。

あれ?こんなに放してたっけ?これですと20匹くらいいるんじゃ。

というわけで、お祭りというか、ボーナスタイム的な時間帯へ。

ルアーは放流魚を取れる派手系スプーンにチェンジ。

オレンジのスプーン(フォレスト FIXインパクト 2.5g)へ。

魚がウジャウジャいる所に落とすようにキャスト。

このポイントは、私のいる場所から数mと近い。

クリアポンドですから、魚がアタックするのがよく見えます。

あっという間に魚がかかります。がバラシ。それも2度。

かかりが浅いのかなぁ。しっかり掛けて引いて釣り上げないと。

3度目の正直。魚が猛烈にアタックしてきます。見ながらアワセを入れます。

今度はちゃんと釣り上げられました。ε-(´∀`*)ホッ 1匹目。

オレンジが飽きたかもと思い、オレンジ黄色のスプーン

(フォレストFIXインパクト2.5g)にチェンジ。

正直、ルアーを換える時間がもったいないですが;;

でもその甲斐あって2匹釣りました。これで3匹目。

なんと両方とも見たことのない魚。もちろんトラウトなんですけど。

画像が無い、見せられないのが、本当に残念。(´・ω・`)ガッカリ…

 

でもお祭りは長くは続きません。約10分くらいで終了。

キャストすると魚が向かってくる、気持ちよかったです。

お祭り時ではあと2匹、計5匹釣りたかったかなぁ。

悲しくも、あまり釣れない時間帯へ。これからが本番でしょう。

このクリアポンド、どう攻略しますか。

まずはスプーンから。赤、緑、青、ブラウン、黒と試しますが、アタリ無し。

最近の早苗っちは特にルアーチェンジが速いです。

3投、2投、極端な時には1投で、そのルアーに見切りをつけてしまいます。

魚達、スプーンは見飽きているのでしょう。スプーンはダメだ。

私は今ひとつ釣れないけど、クランクベイトにチェンジしよう。

いくつか試し、茶ジェラートのピコチャタクラへ。

1投目、水面に着いた瞬間にアタリ。(゚д゚)!! 釣り上げて4匹目。

かかったハリが抜けてしまいました。

このルアー、まだまだ釣れそうなのに;;

使いたかったけど、後ろのハリが無いのは致命傷。

泣く泣くあきらめてルアーチェンジ。

 

今度は、(´ε`;)ウーン…どうしよう、ミノーでも使いますか。

チビタンニジマスが多いですから、使うミノーも小さめのものを選択。

明るくて派手なカラーが良いでしょう。赤黄色のミノーにチェンジ。

チビタン達、魚系のルアーにはアタックするかなぁ?

3投目でHIT。(゚д゚)!! 釣り上げて5匹目。

実はハリがかかったのは、魚の左目上だったんですけど。

スレがかりっぽいですけど。でも魚はルアーにアタックしたのでは?

 

スプーンに戻ります。でもどうしましょう。普通のスプーンで釣れるのか?

魚に見せるスプーンとして適当なのが、アルミん。

大型スプーンですけど、重さは2.5g。

エリアで使うスプーンとしては標準的な重さ。でも大きい。

アルミ製ですから、大きくても軽くできるっていう。

色は表裏ともにオレンジ。

近くでも遠くでも、ここにスプーンがあるぞと見せ付けられる的な。

2投目だったかな、キャストしてすぐにHIT!!

アタックしたのはチビタンニジマス。釣り上げて6匹目。

大きいスプーンなんですけどねぇ。不思議なような。

 

スプーンを色々投げますが、アタリが出ません。

クランクベイトへ。ここまでやれば色の正解はだいたいわかっています。

色は、目立つ方がいい。オレンジが正解。

オレンジのクランクベイト、はいちゃんと持ってますよ。

オレンジのチャタクラBRです。

これは引くとどんどん沈みます。引かないと少しずつ浮き上がります。

中層から下の方に魚が多くいる感じ。シンキングのルアーは適しているはず。

引くだけですと沈んで底を這うようになります。

ですので、少し引いたら止め、引いて止め、を繰り返していきます。

でも、引きすぎてもあまり気にせず。まぁある程度下で良いくらいの気持ちで。

アタリが来ます。1度、2度。ノセきれず。

ノセられなくとも、水は澄んでまして、魚が追いかけてくるのが見えていました。

クリアポンドは見えるから良いですよね。このまま続けてみます。

自分のいる岸近くまで引いてきました。魚がアタック、でも手前で

ふと違う方向を向いてしまい・・・ああまたダメかと思いきや、

その後ろから別の魚が猛烈に追い込んできてアタック!!

ほぼ勝手にかかってくれました。あっけらかんと見てからちょっとだけアワセました。

岸近くで掛けまして、これで7匹目GET。

いやー良いものを見ることができましたね。

追い込んできた魚は、まるで競馬でいう追い込み馬の如く。

辺りの別の魚達を押しのけるように突っ込んできましたから。

目立つルアー、はまると本当に恐ろしいものです。

そして今度は、下のハリが抜けてしまいました。

このルアーもまだ投げたかったんですけどねぇ。

泣く泣くあきらめてルアーチェンジ。

 

そして、アタリが出なく、釣れなくなりました。

 

辺りが暗くなりはじめました。魚は釣れません。アタリも出ません。

沖にキャストできる場所が空きました。ちょっとだけでも投げようと場所替え。

でも3投でタイムアップ。仕方ないけど残念でした。

 

放流で3匹、ほかに4匹、合わせて7匹の釣果で終了。

 

この釣り場ですが、私が最初にルアーでトラウトを釣った場所です。

釣ったルアーは黄色のセニョールトルネードでした。

また、これまでに成果を上げたルアー、ずるいルアーが多数ですけど、

他にスプーンでは、放流時のオレ金、黄色、蛍光イエロー、赤、青と、

どうも原色系のスプーンが多い印象です。

スプーンでは、他に白や緑色やオリーブで釣ったこともありましたけど、ともに1匹のみ。

ピンクですが、雨が降って濁った時に釣れる場合がありました。

普段のクリアポンドではピンク、何度も挑戦しましたけど釣れませんでした。

ここはクリアポンドなんですけど、原色系が良いですね。

複数の色の混合もの、微妙な色合いのもの、金銀派手めのもの、

そして暗い色のものですと、なかなか釣れないです。

とかいって、原色ばっかりでは、

魚達も、ルアー見切りますし、見飽きてしまいます。

ですので、原色系を中心とした、ルアーのローテーションが、

重要ということでしょうか。

 

今日は、放流で恵まれたのと、またほかに4匹をうまく釣ることができました。

そして、ずるいルアーは使いませんでした。(*≧m≦*)プッ

ずるいルアーを使わずにルアーローテーションして釣果を伸ばせたのは収穫。

でも、ずるいルアーを使っていたら、計10匹以上釣ったかも???

そこはなんとも言えませんけど。

この釣り場は、やっぱり魚量は多いと思います。

いくつもの管理釣り場で釣りをしてきて、そう感じました。

多い魚達を、クリアポンドで釣り上げるために、どうすれば良いのか?

コツを掴めれば釣果はまだまだ伸ばせるのではないかと。

これからも楽しく頑張りますよ。( ̄ー ̄)bグッ!

【レポート日記】エリアトラウト 自分が釣るためには

  • 2018.12.01 Saturday
  • 23:59

今日は晴れ。

昨日立てた予定どおり、午前中は仕事に向かい、

そして午後はエリアトラウトの管釣りに向かいましたよ。

仕事もしよう、でも釣りもしてリフレッシュして、

色々なことを前向きに取り組むようにしよう、と思いながら。

 

「レポート日記」と銘打ちました。

今後自分が釣りたい思いと願いを込めまして、少し詳しく書いてみることにしました。

 

待ちに待った?午後。

正午前に釣り場に到着。

10月6日(土)も、おそらくは今日と同じような予定で向かったのでしょう。

その釣り場は当時初めてでした。

放流多めの川そばの管理釣り場。

ここで私、アタリこそ何度かありましたけど、ボウズだったんですよね!!

そのリベンジもあって選んだこの釣り場。まぁ事務所から最も近いんですけどね。

だからなおさら、ここで釣りたい思いがありました。

2号池。

20181201鬼怒川フィッシングエリア05

向かう前に予定見てよかった;

実は明日はこの釣り場、イベントで一般客は入場できなかったんです。

その明日のイベントで釣り具屋さん達が準備をしていました。

何かの大会ですかね。(上州屋(釣具店)とサンライン(釣り具メーカー))

20181201鬼怒川フィッシングエリア04

受付で軽く状況チェック。

管理人に尋ねましたところ、「渋いです」とのこと。

はい、正直でとてもわかりやすいです。(;´∀`)

混雑して人が入れないほどの混みようではなかったのですけど、そういうことなのですね。

ここは放流が多いとのことなんですけどねぇ。

 

この釣り場は地下水管理。水質はやや濁り気味。

1号池と2号池があり。2号池の東側がぽっかりと空いていましたのでそこへ。

広く探れる場所の確保に成功。

風はやや南風。投げるとラインがふわりと北に吹かれ、落ちるルアーはやや北に、

ラインは空中に上がった箇所ほど北に飛ばされ落下します。

なのでキャストすると右の楕円状になる感じです。

ラインが真っ直ぐでないのは、やりにくいですねぇ;

 

最初は赤金のスプーンを投げてチェック。まったくアタリません。

色に問題があるのでしょうけど、まずはスプーンでアタリが出ない。

「渋いです」という言葉をしっかり受け止めて釣りをする覚悟であるのが良いようです。

迷いなく、「ずるいルアー」にシフト。

ずるいルアー3選:セニョールトルネード,Xスティック,ぐるぐるX

ぐるぐるX

今の時期は寒くなってきていますから、沈んでいく「ぐるぐるX」を使っていきます。

色々な色を所持しています。オレンジからスタート、アタらず。

次に蛍光イエローをキャスト。ぐぐぐ・・・ときて

右腕を後ろに下げてアワセ、決まりました。

ここでの初フィッシュを決めよう。

慎重に引いていきます・・・・・・がなかなか上がってきません。

おかしいな・・・まさかの大物か・・・右に左にと魚は遠くに走ります。

リールのドラグが回りっぱなし(リールが逆回転しラインが出ている状態)。

ラインを出すようにしておかないと、ラインが切られてしまうので、

ドラグはラインが出るくらいに調整しているのです。

しょうがないから、ラインが出ていても巻きました。

そして・・・2分以上・・・3分?経ち、魚はバテて暴れなくなり、ネットイン!!

12時50分の出来事でした。

ネットから魚がはみ出るくらいの大きさ? 何これ?大きくない?!

20181201鬼怒川フィッシングエリア01(1匹目)

まずはルアーを外さないと;; ハリが右下の口にしっかりとかかっていました。

そしてラインが魚の身体を2回転して絡まっていました。

外すのキツイかな・・・まずはラインをほどき、そしてハリを外すことができました。

口が硬い・・・大物の証です。

それにしても大きい!! 体長は50センチくらいか。

50オーバーで51センチということにしましょうか。(*≧m≦*)プッ

口が長いのでオスでしょうかね。

こんな大物をいきなり釣り上げてしまいました。こんなの初めてですよ。(゚д゚)!!

 

でもまた、まだまだ釣ろう。

蛍光イエローを投げた後、色目を落とすイメージで、エメラルド/シルバーへ。

そして・・・ドラマは再び訪れました。

ラインがふわっと緩みましたのでアワセてみました。

(遠くの)アワセ方:竿を後ろに振りかぶる(村田基の教え)

・・・ええっ、魚が掛かってる?という感じでした。

そして、これも上げるまで時間がかかりました。

13時3分、2匹目GET。

20181201鬼怒川フィッシングエリア02(2匹目)-2

これも大きい!! 口はあまり硬くなかったかな。

ルアーのハリは難なく外せました。

これも50センチクラス。50オーバーの51センチっと。(*≧m≦*)プッ

口が長くない、顔が優しいということで、今度はメスでしょうか。

 

いや〜ずるいルアーとはいえ、大物を連続で2匹釣り上げてしまいましたよ!!

 

ぐるぐるXをある程度使って、複数種類のスプーンを試していきました。

そして、すぐに放流有り。

20181201鬼怒川フィッシングエリア03-2

ぐるぐるXをやめ、目立つ大きめのオレンジや黄色のスプーンにシフトし多投。

なんと、アタリません。

ここは濁ってるからということで、3.5gのピンクのプルーラーという

スプーン系?ルアーを投げたところ、1回アタッてアワセることに成功。

でも残念ながら途中でバラシ。

プルーラーで釣り上げられそうになったのは初めてでした。色選びも良かった。

あとは魚をうまく釣り上げることができればよかったのですけどね。残念。

 

大物がいるから小型スプーンは使いずらい。(小さいと丸飲みされてしまう;;)

でもなかなか釣れない。プレッシャーがあるのであれば少し小型でも使おうか。

と、そうこうしているところに、私の手前に大きなニジマスが1匹現れました。

右から来て、ゆっくりと左へ、泳いで通り過ぎていきました。

人怖くないの? あっ;;もしかして。さっき釣られた方?

いやいや釣られてすぐに近付くかぁ? きっと別の方かな?

「仲間を釣り上げたのはお前だな。よくもさっきは仲間を釣り上げてくれたな。

今後はそう簡単にはいかんからな。」

と言っているように、私はなんとなく思いました。苦笑

 

午後3時を過ぎ、太陽が下がってきまして、2号池は暗くなってしまいました。

南西にある藪が邪魔をして、日が差さなくなってしまったのです。

私の経験で、魚は今の時期は日なたを好む、というのがありました。

周囲はあまり釣れていない感じ。

シブいということなのか、1号池は人がまばらに。

北側の1号池はまだ日が差しています。1号池への移動を決意。

 

1号池。16時11分撮影。

20181201鬼怒川フィッシングエリア10

釣りができるのもあとあずかの時間。

ここは16時30分までです。

1号池ですが、ここもシブいでしょうし、ぐるぐるXのローテからスタート。

エメラルド/シルバーで釣果がありましたから、シルバーで釣れるかなと思い

キャストしたところ、アタリましてアワセました。

手前まで持ってきましたがバラシ。小さい魚、いわゆるチビタンでした。

ぐるぐるXとスプーンを色々と使い、ぐるぐるXのエメラルド/シルバーへ。

16時7分。これで釣れました!! 3匹目。

20181201鬼怒川フィッシングエリア09(3匹目)

チビタンでしたね。

 

午後4時からは魚達の活性が上がりまして、水面が盛んにバチャバチャしていました。

釣れるかな、とは思っていたんですが、釣れてよかったです。ε-(´∀`*)ホッ

そしてこの後、両面赤のスプーンで釣り上げるところまでいきましたがバラシ。

2号池でのアワセとは勝手が違いますよね。

重みのない小型魚をアワセて掛けるのって難しいのかも、と少し思いました。

(これまで、そういう大きさの魚は、巻き気味のアワセで釣り上げていた。)

そしてタイムアップ。3匹の釣果で終了。

終了時に管理人に確認しました。

1号池も、2号池も、魚は同じように放している、とのこと。

どっちも、大小どちらでもいるということですか。

1=小さい、2=大きい、と思ったんですけどね。

確認してよかったですけど、ということは小さいルアーは使いにくい、

ということになりますよね。

 

回顧しておきます。

大型魚を2匹も釣ることができましたね。初経験でした。

釣り場の管理人から「渋いです」と言われ覚悟を決めて

臨んだのもよかったでしょうか。

ずるいルアーでも積極的に使い、釣れたのはよかったです。

でもですよ、それ以外のルアーでも、アタリがあったり、

釣れそうだったこともありました。

渋い→ずるいルアーで釣る

今日はこれだけで終わる可能性が高かったでしょう。

でも、他に色々な手持ちのルアーを使うことで、

実はもっと釣れる可能性もあったはずでは?と考えます。

今のレベルより一皮むけるのはこの辺かなと。

最近の私の状況的に、ずるいルアーでなければ釣れない、と

自分で決めつけそうでしたが、それは良くないでしょうね。

まだまだ大いなる可能性があることを信じて、もっともっと試していければ。

そしてアワセ。村田基さんのアワセについて勉強中。

アタッたら竿を後ろに倒してアワセる。

遠くの魚を掛けるならば身体を後ろに傾ける。

だから村田さんはあんなに大きなアクションで派手にアワセていたのですね。

普段からすべてあんなに大きなアワセをしていても、魚を掛けるのは難しい。

私はずっとそう思っていたんですよね。

でも今日、2匹目の魚を掛けた時に、ラインがふわっとなった

(魚がルアーをくわえて自分側へ泳いできたということか)

時に、完全ではなかったかもしれませんけど、村田基流でアワセのかっこうを

することができたような気がします。

違和感でアワセたんですけどね。

手元にくるアタリ以外にも、アタリ実はけっこうあるんじゃないでしょうか。

 

今日は、自分が釣るためにはどうしたら良いか、を普段よりも考えながら

取組んだつもりです。

もっとも、それで多くの釣果が出たわけではありませんが;;

でも、釣れるようになるためへの可能性、

実はまだまだ多く残されているのではないかと。

今後も勉強していろいろと試したいと思いますね。

今日は・・・自分の仕事をなかなか進められず

  • 2018.11.30 Friday
  • 23:59

今日は晴れ。

 

事務所で朝、地元発の新聞をふと見たところ、

6月生まれの運勢が悪いことに気付きました。

良いのは健康だけ。仕事やお金など他の項目はみんな低め。

仕事が進まないが頑張れ、とのこと。

わかってますよ。自分の仕事、何かあれば常に止められてしまう;;

そんなのよくある話。そして運勢どおり問い合わせなどにまきこまれ、

思わないように進められないまま一日が終了。

しょうがないので最低限のことを残業で進めておきました。

 

12月、どうしよう。

自分の仕事をどんどん進めないと、あっという間に来年になってしまいます。

そして、今日一日でストレスが溜まりました。

あまり向かうべきではないんですけど、趣味の釣りにも行きたい。

明日明後日、土日で暦上は休日。

明日土曜日は、午前中仕事して、午後は管釣りに向かおう。

明後日日曜日は、午前中は、お布団干しなどの家事をし、

あとは調子悪いパソコンをチェックして過ごし、午後は仕事に向かおう・・・かなぁ?

でも無理しなくても来週、新人が仕事に慣れてきていますし、

時間取れて自分の仕事進められるのではないかなぁ?

仕事進めておけばそれはそれで良いのですけど、あまり気が進まない?

まずは明日一日過ごして、様子を見ましょうか。

今日は・・・やらかした

  • 2018.11.29 Thursday
  • 23:59

今日は晴れ。

 

自分の仕事を少しずつですけど進められるようになってきました。

が、あまりにもそこに気を取られ過ぎたのか、

今日、肺の検査についての診察で病院に行くことを忘れてしまったのでした。

別の日に予定を新たに入れ、病院に向かうことに;;

今日は・・・メガネのレンズ交換

  • 2018.11.28 Wednesday
  • 23:04

今日は、晴れのち曇り。夜は小雨。

 

仕事帰りにメガネ屋に寄ってレンズ交換をしてきましたよ。

11月24日(土)の日記 メガネのレンズ交換を注文

http://kaeruhebi.jugem.jp/?eid=487

予定では12月1日(土)でしたが、ご厚意で早くやってもらえました。

右眼に負担のかかる私を気遣ってのことでした。本当に感謝です。

メインとサブの両方をレンズ交換。

レンズですが、プラスチック製の金属コーティング。

赤外線と紫外線をカットします。

これなら、日常生活どころか、釣りまでかなり楽になります!!

 

1ヶ月様子を見て、一度眼のチェックでまたメガネ屋に向かいます。

私の左眼ですが、乱視を矯正し、また眼に光が入りやすくなるため、

もしかすると目が見えてくる(視力が上がる)のではないか、とのこと。

度が合わないようであればまたレンズ交換してくれるとのことです。

(1ヶ月の保証期間がある)

 

まずはこれで体調が良くなるのではないでしょうか。

今日は・・・新人君の成長次第

  • 2018.11.27 Tuesday
  • 22:18

今日は曇りのち晴れ。比較的暖かい一日。

 

新人君に伝票処理を教えているところです。

先週はずっと落ち着かず。でもって昨日月曜日もほぼ不在っていう。

でも今日は一日ずっといましたから、仕事をみっちり?教えることができました。

後は彼が自分でできるようになってくれれば。

12月からは伝票量が増えます。本当に頑張って成長してほしいもの。

今日は・・・マク〇ス雲

  • 2018.11.26 Monday
  • 11:59

今日は晴れ。朝はけっこう冷え込みました。

車は凍りませんが全体が水滴で覆われました。

 

朝仕事に向かう途中で、マ〇ロスのような雲を発見。

20181126マクロス雲04

北東の方向に見えました。

その方角ですとたしか自衛隊の基地があるから・・・・・・。

一斉に出撃してこうなったのかな?

それとも全然関係ないとか?

エリアトラウト 新たな釣り場にて

  • 2018.11.25 Sunday
  • 21:20

11月24日(土)と25日(日)、どちらも午後だけでしたけど、

エリアトラウトルアーフィッシングに行ってきました。

 

仕事がヤバイ状況であり、休日もなかなかゆっくりできないのですけど、

24日の感動で、多少気が大きくなり、26日(月)以降からでもやれるような

気がしてきたのと、最小限でも仕事を進められたことで、

結果自分の興味を抑えられず、今年は釣りしないという内心の咎めを破り、

管釣りに向かってしまったのでした。

 

それも、2日も。

 

24日(土)。

メガネ屋から仕事場に向かい、超最低限の仕事のみ済ませ、

事務所から近くの管理釣り場へ。

これまでに行ったことのない管理釣り場に向かいました。

 

そこは長めの長方形ポンドの管理釣り場。

南北に長めのポンド。

西の管理棟から撮影。東向き。

20181124増井養魚場01

その場から南を向きます。

20181124増井養魚場02

続いて北向きに。

20181124増井養魚場03

北岸から、南岸からのキャストは禁止されています。

人は東と西の対岸にしか立てません。

ポンドを活かし、多くの人達に釣りをしてもらおうとの意図を感じます。

とても理にかなっていますよね。

 

さて、場所選びです。

人はけっこういますが、午後から入ってもどこかで釣りできそうな感じ。

どちらかというと、日陰気味の西寄りよりは、日の当たる東側寄りの方に、

魚のライズが出ているように感じました。

が、けっこう東寄りのような気も。

魚の近くでは怪しまれる。

そう思って、私はそのまま管理棟の日陰よりキャストすることに。

 

14時過ぎより釣り開始。

どの色でもアタリ無しか・・・・・・。

でも、モスグリーンのスプーンで、1度アタリ、魚を掛けて寄せるまでいきましたが、

あえなくバラシ。

青スプーンでもアタリが出ましたが1度のみ。

そして寒い。((´д`)) ブルブル…サムー

 

15時半近く。

やっぱり、東側に行くことを決意。

目の前の対岸がずっとぽっかりと空いていました。

わかってはいたんですけど、今いる位置からでも狙える距離でしたから、

釣れるかもと思っていたんですよね。

でも結局ダメなので場所移動。

 

管理棟のある日陰の西岸より、対岸となる東岸に移動。

太陽サンサン、暖かい。( ^ω^ )ニコニコ

スプーンはどれもダメ。クランクもダメ。

魚は比較的近くでライズを作っているのに。

はい、残りは、ずるいルアー一団。(*≧m≦*)プッ

ぐるぐるX、Xスティック、セニョールトルネード。

私は、どれもそれなりに色揃えをしています。(*≧m≦*)プッ

ライズはありますけど、魚は、表層寄りでなく、やや潜っているようでした。

表層からやや下めまでを攻めるXスティック、使いましたがアタリは無し。

魚はむかってきません。

 

では、中層あたりをヒラヒラさせる、ぐるぐるXを使おう。

16時を過ぎて少しずつ夕方に。

赤のXスティックで数回アタリが出ました。

夕方に入り、辺りが少しずつ暗くなり始めました。

私はいつも思っています。魚は本能的に赤に反応を示すと。

それは朝夕に出やすいと。

赤のぐるぐるXで釣れそうになりましたがバラシ、それもたしか2回?

そろそろ飽きられる? では今度はミミズ君の方の出番です。

赤セニョールトルネードを投げました。

ポツポツとですけど、アタリが何度も出続けました。

2度も釣れそうだったのにバラシ。

 

(´ε`;)ウーン… ここの魚達、みんな食いが浅い?

でも諦めては釣れません。上手くアワセて掛けよう。

そして16時26分、ついに、赤セニョールトルネードで、

待ちに待った1匹をGET!!

20181124増井養魚場05

なかなかに肉厚、40センチくらいあるニジマスでした。

セニョールはぐるぐるに丸めてキャストするのですが、

掛かる時は当然ビヨヨーンと伸びます。

ですから掛かりは良くない方かな、なんて思うんですけどね。

釣りそこなえばまた巻き直し、再キャストするのに手間がかかりますね。

 

そして、いよいよこれも飽きられると思い、ルアーチェンジ。

赤で釣れるならば、目立つ色で釣れるんじゃ?

というわけで、赤、オレンジ、黄色と、目立つ色のスプーンを次々に投げ込みました。

が、まったくアタらず。

魚達は夕方になり活性が上がりバチャバチャしているんですけど、

なかなか釣れません。

いるのはスレマスばっかりじゃないの。

 

17時、タイムアップ。

辺りはもうかなり暗い。

20181124増井養魚場04

アナウンスでは「くれぐれも気をつけてお帰りください」とのこと。

ここは田んぼのど真ん中。周囲は未舗装の道と用水路。

道具を持ち車に向かうのも、車に乗ってから運転するのも、

けっこう注意しないと;;

 

そして25日(日)。

正午より事務所へ。伝票整理と自分の仕事を進め、14時半。

もういいや、明日からまたやろう。

またも管釣りへ。24日と同じ管釣り場に向かいました。

15時からでもいいから、少しでも集中してやろう。

午後からでないのに午後の料金で無駄あるけど仕方ないかな・・・

と思って到着しお金を払おうおとしたところ、なんとイブニング料金。

イブニング料金のことは未チェックでした。

午後料金より安く済みました。少し嬉しかった。

 

昨日より人が少し多いな;;

昨日やった東岸を確保したかったけど、先客が。

やや南側の東岸へ。

ライズはけっこうある。スレマスばかりでしょうけど、

きっと釣るチャンスはあるはずだ。

まずはルアーの色をチェックだ。

でもいるのはスレマス達ばっかりですし、使うならばずるいルアー、

色とりどり持っているぐるぐるXで試そう。

昨日の夕方、赤が良かったけど、まずは赤から。ダメ。

じゃ今度はオレンジだ。1投目でひったくるようなアタリ。

アワセが決まって釣れましたよ!!

20181125増井養魚場01

昨日と同じくらいのサイズ。肉厚で40センチクラスのニジマスGET!!

でもルアーを外すとはずみでポンドへ。

お客さん、そんなに急いで逃げ帰らなくても。

 

とりあえず東岸からパチリ。

20181125増井養魚場02

 

その後は苦戦だけ。

色々な色のスプーン、ダメ。

モスグリーンのスプーンに追ってきた魚がいるのを見ましたが;;

クランク、ダメ。

そして、ずるいルアー、ダメ。

夕方になり、昨日は赤のぐるぐるXとセニョールトルネードが良かったから、

今日もこれで釣れるかも、と思いきや、アタリはまったく無し。

ほとんど使ったことのなかった、蛍光?ベージュの小型スプーンで1回アタリが。

アワセましたが掛からず。

スプーンでの貴重なアタリだったのに。><; モノにできず悔しい。

そして17時、タイムアップ、暗い夕暮れ。

 

この釣り場、人数はそれなりで、場所取りはなんとか、キャストはしやすい方。

魚数もそれなり。でもスレマスばっかりでした。

オーソドックスなルアー、スプーンやクランクで、アタリがほとんど出ません。

24日はスピナーも投げましたけどアタリなし。

キャストでは、重めのスプーンを使うと、対岸を脅かしてしまいます。

幅は決して広くない。

個人的には3グラム以上のスプーンをドカンドカンと投げたいので、

その面では物足りません。

この釣り場で数を釣るには、相当の技術が必要のような気がします。

 

大きめのスプーンをドカンドカン投げて、巻くスピードによる巻き合わせも兼ねて

釣っていくのが、私の理想。

そういうことができる釣り場で、次回はやろう。

でも仕事が終わらず大変な状況。

今年はもう打ち止め、釣りは来年以降にしようと思います。

 

でも興味は持ち続けて、息抜きに釣りの勉強をしますよ。

明るく元気に前向きになれてきた自分、これから、仕事も、

そして釣りも、きっとうまくいく。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

早苗さんのお告げ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド
ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド (JUGEMレビュー »)

私はハピソンの深さ表示タイプの電動リールで、ワカサギ釣りを始めました。スティック形状で使いやすい。また比較的リーズナブル。初級〜中級向けかな。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM