今日は・・・自宅の芝刈りをほどほどにする

  • 2020.08.13 Thursday
  • 17:00

今日は晴れ。
夕方、夕立ありそうな雰囲気でしたが、
お空の入道雲の発達が不完全だったからか、夕立は無し。

 

今日は休みでした。
8時から屋外へ。家庭菜園の水やりと収獲。
家庭菜園を行き来するだけで汗だくです。
それから自宅庭の芝狩りをしました。炎天下作業で地獄です。
芝刈りですが、手押し機器で全体を刈る作業と、
ハサミを使って周りを刈る作業があります。
全体を刈るところでの、晴れているところを動くのは大変。
休み休みやりました。
日陰を見つけて細かい所の芝刈りは比較的楽。
なぜか北東あたりから、地面より少しだけ上あたりを
ひんやりした微風が吹いていたからです。
10時半、動けそうな余力はあるような感覚でしたが、
無理せず家に上がることにしました。


ポケランの「おしごと」を7キャラ分こなして、
そこで疲れが出てきました。
昼前に少し寝て、また13時半から16時の間お昼寝しました。
余力あると感じているところで引き上げて、
なかなかけっこうバテて疲れていました。
余裕ある行動を取って正解でしたね。

今日は・・・あきらめずに釣り情報を調査する

  • 2020.08.12 Wednesday
  • 22:00

今日は、朝が曇り、11時頃雷雨、午後から晴れ。
地元は夕立有り。家庭菜園的には嬉しい。

 

暑くなり、オクラとナスの調子が良いです。
実がどんどん成ります。収獲忘れに注意です。

 

今日は初めて、釣り具屋の〇侍に電話しました。
キス釣りとハゼ釣りの釣り場ポイントなどについて、
知らなかったことを教わることができました。

今日は・・・ピーマンが虫害を受ける

  • 2020.08.11 Tuesday
  • 22:00

今日は晴れ。
夕立ち無しの猛暑日が続きます。


今日は普通に仕事の日。
軽率な物言いかもしれませんが、

このような暑い日は、自宅でなく涼しい事務所で過ごすのが良いです。

 

今朝の家庭菜園の収穫にて。
ニラの花芽が目立ってきました。
特に花芽を食べない限りは、葉を食べるニラにとって
とう立ちのメリットはありません。
残しておくと栄養分が花の方に取られてしまいます。
そのため、花芽は手で除去します。
サブ家庭菜園にある優等生ピーマンの方ですが、
果実にどうも虫が入り込んでいます。
あからさまに穴開きのもの、果実そのものが腐るもの。
果実がどんどん実るため、多少ダメになっても問題はなさそうですが、
後で調べておこうかと思います。

今日は・・・ぐったり キジの雛達を眺める

  • 2020.08.10 Monday
  • 23:59

今日は晴れ。猛暑日。


昨日の釣行で疲れてしまい、今日はやる気無し。
とりあえず6時起床。
洗濯して、お布団干して、家庭菜園の水やりと野菜収穫をしました。
収穫、しっかりやろうとすればするほど、なかなか簡単には家にあがれません。
ヤマトトウガラシとオクラの収穫が手こずりました。

 

家庭菜園から戻る時に、キジの雛4羽いるのを見ました。

20200810家周りのキジ01

望遠で撮影しています。

この塀ですが、内側に家屋があり(道路工事の敷地になるため)空き家です。

空き家なので、現在はキジ屋敷なのでしょう。(*≧m≦*)プッ

塀の裏はしばらく草むらが続きます。

バックの家屋まではけっこう距離があります。


ここまでで11時前。干していたお布団は熱くなりかけています。
お布団をひっくり返して少しだけ干して、ですかさずこみました。
ここで既に意気消沈。昨日のタックル片付けが終わっていません。


お昼ご飯食べてやる気スイッチ入れて、

まず屋外でクーラーなどを洗って拭いてしまいました。
リールほか道具といった細かい物は、一度自分の部屋に運び入れ、
見て確認して綺麗にしてから片づけます。
わずかながら砂の入ってしまったリールを綺麗にしたところで、ぐったりしてしまいました。
2時間くらいお昼寝。
外出する気まったく無し。洗車あるけど、今日はもういいや。
夕方以降はほぼ無気力状態。
同人ゲームの幻想少女対戦夢を進めて、合間にポケラン(種イベとおしごと)をやりました。


体内時計が狂い、夜11時過ぎで眠れず。
久しぶりにニコタの夜集会に出席しまして、昨日の釣行での遭難事件について報告しました。

今日は・・・キス釣り 釣りの新たなポイント調査も

  • 2020.08.09 Sunday
  • 23:59

今日は曇り時々晴れ。
今日はキス釣りで海に向かいました。


途中で上○屋に寄りジャリメ購入。
O氏に前回のハゼ釣りの報告をし、

またH沼のハゼが今年も釣れそうにないことを話しました。
ハゼ釣りシーズンはまだ始まったばかりですし、
一応、これから少し様子を見てみては、というのがO氏のアドバイスでした。

 

海へ向かいました。
I海岸に到着する前に、北方のHN川を見に行きました。
周囲には砂浜があり、釣り人が大勢いました。
HN川を見てみました。

20200809海釣り01(花貫川)
水が透き通っていて底がよく見えるのですが、
残念ながらHN川にあるのは泥土のみでした。
生命感をまったく感じられず。

20200809海釣り02(花貫川)
どうも、周囲で海辺河川等の工事が頻繁に行われておりまして、
その泥土が川に流れ込んでいるように思いました。
そうか・・・それじゃ魚は棲めそうにないよね。
ハゼ釣りに希望を持っていましたが、見た感じ無理そうです。

(周囲の砂浜の海岸は、投げ釣りが可能。

ただし常に人が多くいる釣り場であり、私は釣りをしたことがありません。

河口周辺は駐車できるので混みがちでしょうけど、

北や南に行くと釣りができるのかどうかは、また別の機会に確認したいところ。)

 

13時前、I海岸に到着。
今日は目的がありました。
普段している浜辺の北方の探索です。
1.5キロほど北ですが、小さな河川があります。
(その先にHN川があります。
小さな河川とHN川の間の海岸線にも砂浜がありそうです。
HN川付近に駐車できますので、その区間は後日調査するかも。)
その小さな河川付近ですが、どうも駐車スペースが無いようであり、
車では行けない感じでしたので、暑いにもかからわず、
私はI海岸より黙々と歩いていきました。


海岸線は、浜辺の部分と、石段の部分がありました。
浜辺の部分はあまり無し。
いつもの地点の海岸から少しだけ北に、狭いスペースの砂浜がありました。

20200809海釣り07(見つけた釣り場)-1
一度ここで釣りをしてみたいと思いました。

20200809海釣り07(見つけた釣り場)-2

私が歩き探る海岸線ですが、

波が強い所だからか、砂浜の部分よりも、石段の部分の方がが長く続いていました。

20200809海釣り08
石段から投げて釣りができそうですが、どうも海中には根が
あちこちにあるように見受けられました。

20200809海釣り08-2

石段の海岸線は、長く続きます。

20200809海釣り08-3

 

なお、所々で石段が(波の被害からか)崩れているところがありましたね。

波の強さは然りでしょう。強い波を受けて石段はダメージを受けていくのかなと。

でも建設物は簡単には崩れないはずです。

崩れた理由で考えられるのは、やはり地震でしょうか。

地震の衝撃がトドメとなって、で崩れた、ような気がしますけどね;;

 

一応、砂浜の部分がある所もありました。

20200809海釣り09-1

でも、残念ながら、私の調査は干潮時のもの。

満潮時、この場所は、石畳はおろか、その上の網(石を覆っている)のところまで

海水が来るようですね。(黒くなっているので想像がつく)

種類はわかりませんが、シギの種類らしき鳥が6羽くらい、

海岸を走りうろついていましたね。

20200809海釣り09-2

望遠にしてなんとか撮影できました;;

波が寄せると逃げる、みたいな感じでしたね。


どんどん歩くと、やがて川の流れ込みの地点にたどり着きました。

20200809海釣り10

上り下りできるはしごみたいのが付いてますね。

また、車の通る道が続いていますね。近くの街道まで通じているはず。

もしかすると、私の車でなら、ここまで来られるのでしょうか?

20200809海釣り11

これならば海岸まで降りられますね。

20200809海釣り12

周囲には浜辺が存在していましたが、面積が小さい。
私が探索しているのは干潮の時間帯。
海水で濡れているところを見る限り、満潮時は浜辺は海中に消えていそうです。

20200809海釣り13
私が釣りをしたいのは満潮時です。釣りをするのはちょっと無理?

下に降り調査続行です。

河口周辺です。

20200809海釣り14
肝心の河川について確認してみました。
川の水は海辺のテトラ帯に流れ込んでいました。

20200809海釣り19-1

川の様子はこんな感じでした。

20200809海釣り17

海岸線を確認します。
川の、海への流れ込みの所の南側に、テトラ帯がぽっかりと空いた所がありました。

20200809海釣り18
強い波が川方向に入り込もうとしていました。
なるほど、満潮になると、きっと波が川に入り込むのね。
で肝心の川というと、あるのは泥土くらい。

20200809海釣り21
どうやらこの辺一帯も、海岸河川の工事が行われていたからか、
川に泥土が流れ込んでいるようです。
先程のHN川と同じか・・・ハゼ釣りは無理そう、残念です。
河口周辺は確認できました。川の少し上流の方、確認できないかな?

20200809海釣り24

 

川の上流を調査することにしました。

近くには工事関係の車が通りそうな砂利道があります。
茂み林の間を通じているその道を少し歩き、

やがて茂みにぽっかりと空間っぽいのがある地点を発見したのでした。

この辺りを見るに、この空間を入れば、川のある特定の地点に出られそうです。
・・・・・・よし、入りましょう。虎穴に入らずんば虎児を得ず、ですからね。


入り込みます。歩ける・・・明らかに人が出入りした跡だ。
しばらく進み、やがて空間が狭くなってきました。
これ本当に進めるのかな? 心配になり私はその場に荷物を置き、
少し先を身体一つで見に行こうと思い、草を分けてさらに進行。
やがてポカッと抜けて、思ったとおりの川辺に出られました。


川を見る限り、魚は棲んでいなさそうでした。
残念、戻るか。・・・あれ、私は一体どの地点から茂みを抜けたの?
戻り道が分からなくなってしまいました。 ガクガク(((n;‘Д‘))ηヒィィィィィ


川辺から浜辺に行けそうです。

今のいる場所から安全な場所に脱出できるのはわかりました。

でも今度は自分の荷物を見つけられない;;
持っているのは車のカギとスマホくらい。
デジカメはおろか高かったタックルや飲料水が無い。
これはさすがにまずい。 ガクガク(((n;‘Д‘))ηヒィィィィィ


青ざめた私は、抜けられそうな茂みを探し、

適当なところで茂みを分け入ったのでした。

(このあたりで自身、まともでない行動をとっているのですが;;)
茂みの中・・・・・・あれおかしい、

行く時あった、人の歩いた跡とか空間とかが無い;;

これはかなりヤバイ;;;;;;
あせった私は、無我夢中で茂みに特攻をかけたのでした。
とにかく分け入り分け入り突進しました。

(ここで私は完全に冒険者確定;;)
やがて向こう側に明かるい所が見えてきました。
なんとか茂みを脱出できたのですが、

なんと先程いた川辺に戻ってしまったではありませんか。ギャアァァァァ━(|||゚Д゚)━!!!!!!

蛮行を犯してあがいた結果がこれですか;;

 

どうしようもありませんが、とにかく少し冷静になって周囲をよく確認しよう。
私は、茂みに入る前の砂利道に戻り、もう一度茂みの空間を見つけて
荷物を回収しようとしていました。
川辺の上流方面を確認します。

砂利道はあるけど、どうも最初の砂利道には戻れなさそうです。
まずい、まずいよ・・・。 ガクガク(((n;‘Д‘))ηヒィィィィィ

落ち着け、もっと周囲を確認してみろ。
川辺と茂みをもう一度見まわすと、

・・・・・・あった、ありました!! 茂みの空間のある地点。
この地点、実は海寄りの方にありました。

それもだいぶ上の方にありました。
そうか、なんだ・・・・・・高くて気づかなかったのか・・・・・・。
私、トンネル抜けて高い所から駆け下りたことに、
自覚がまったくなかったようです。


その空間に入ると、今度は人の歩いた跡の感じになり、
やがて私の荷物が置いてある所にたどり着いたのでした。
荷物は回収できた、でも茂みは出たい。
急いで来た道を戻りますと、最初の砂利道に抜けることができました!!

(*´Д`)ハァーハァー、マジ危なかった!!


とりあえず一安心しましたが、今度は自身の心身が消耗してしまいました。
荷物が重い。2ケースの荷物と、釣り竿一式。
周囲のマッピング自体はできていました。
私の思ったとおり、砂利道を進むと、車の通る街道に出ました。
その周辺は砂利屋? 休日は休みだからか誰もいません。
砂利の車道、よく見ると少しだけスペースのある箇所が。
おお、そこであれば車を停められそうです。
川辺のみのサーチだけであれば、車で寄って確認できたわけですね。
まぁそれも自身の探索が無ければ確認できなかったことですが。
身体は汗だくだく。HPは残り少ない感じ。持っている水分には限界が。
車までは約1.5キロの道のりが。
途中にはスタンドやドライブインがあります。それはわかっていたのですが、
はい、今度は私、財布を持参してません。
残り少ない水分を摂りながら、私はフラフラと歩き車方面に向かいました。
街道の歩道で途中何度も立ち止まりました。


意識もうろうとしながらも、15時過ぎ、私は車にたどり着きました。
そこで少し涼み、それから車で街道沿いのドライブインに向かい、
飲料水を複数購入、ようやく余裕ある飲料水にありついたのでした。
ドライブイン敷地内でごくごく・・・少しずつ元気に。
いやぁ〜曇りがち、かつ北の微風があるお天気で助かった。
私は不死身なんだよ〜HPだって回復するんだよ〜。
なんて一人思いながら、I海岸に戻り駐車。
気を取り直して釣り場に歩き向かいました。

 

本日発見した、普段の釣り場の地点より少し北にある、ピンポイントの浜辺へ。
波、先週と同様、今日も高いなぁ。
先客1名、ルアーマンでした。

20200809海釣り31
彼は右の方にいましたので、私は左の方で釣りをしました。
投げて初っ端でいきなりアタリが。15時32分、キス1匹釣れました。

20200809海釣り32(1匹目)
ここで私の疲れが吹っ飛びました。
その後は少しアタリがあるものの、かからなかったり、
またフグが釣れたりしました。
ルアーマンの彼が話しかけてきました。
どうも梅雨時期はヒラメやマゴチが釣れていたのに、
梅雨が明けたら調子悪くなった、またキス以外にイシモチも釣れるのでは、
なんて話を聞くことができました。


また、この浜辺の北側には、コンクリ石畳が続いていました。
でも、よく見ると、海岸の少し手前が黒ずんでいます。
きっと根です。あそこに引っかからなければ釣りになりそうな気も。
試しに投げたところいきなりアタリが。わくわくして上げていきます。
問題はやはり手前の根らしき所。案の定引っかかったからか、
魚(らしきもの)が外れ、代わりに黒い枝みたいなのがハリがかりしていました。
そのすぐ後に先程のルアーマンが来ました。
やはりこの一帯、手前には根があるとのこと。
でも、その根に潜むクロダイなどを狙う強者がいるとのことでした。
私がアタリのあったことを話すと、彼は私も釣りしてみると答えました。
私は、浜辺に戻り、彼のいた右側を何度か投げてみました。
残念ながらアタリはまったく無し。私はこの浜辺を見切り後にしました。

 

17時半をまわっていましたが、私はこれまでの浜辺に入りました。
遠くで見た限り、午後イチはけっこう人がいて入れなさそうだったのが、
夕方は遠方で1名しかおらず。
(´ε`;)ウーン… これから満潮になるのに、どうして。
投げてみます。アタリは無し。
一度だけフグが釣れました。
18時15分すぎ、仕掛けを回収するとハリ2本とも無くなっていました。
フグの猛攻にあったのでしょう。でも竿先で感じ取れなかったか?


まず波が高い。
波のタイミングによっては、魚のアタリを感知できないのかも。
土日等で先に釣り人が何人も入り釣れ尽くされたかも。
そして、これからの満潮であるにもかかわらず、高波で魚が入ってこないのかも。
人がいない(少ない)のは、釣れないからなのでしょう。
ハリが無くなったところで潮時か。ここで納竿しました。

 

回顧。

まず無事帰還できて安心しました。

今日は先に探索(冒険?)をしました。
釣り時間が短くなってしまったことはやむなしです。
自分の行動を正確に把握・確認せず、結果無茶をして、遭難しかけました。

危険?状態になるところでした。

探索は、本当に色々と注意し慎重に行動しなければなりません。
とはいえ、海岸のことや河川のことを探索して確認できたのは収穫でした。
HN川南岸の確認がまだですが、しばらくは猛暑が続きそうですし、
キス釣りそのものを控えるかもしれません。
なお、先週と同じように波が高かったのは残念でした。

今日は・・・ネギの植え替え ハゼ釣りあきらめつかず

  • 2020.08.08 Saturday
  • 22:00

今日は曇りのち晴れ。
朝起きると、曇っていて、また北からの微風が吹いていました。


8時半くらいから、家庭菜園のネギの植え替えをしました。
曇りがちとはいえ、時折晴れ間もあり、やっぱり蒸し暑い。
家族総出で作業し、蒸し暑いながらも10時くらいで作業は終了。

ニンジンですが、それなりに発芽してきていましたので、

種蒔きし直しは無しにしました。
その後、本来であれば野菜への追肥をしたかったのですが、
蒸し暑いのと作業疲れで断念。
液肥を混ぜて水やりで済ませました。

午後は疲れて2時間ほど昼寝。

 

ハゼ釣りのことで、私はまだあきらめがついていません。
他地域の〇州屋に電話でハゼの釣り場のことを訊きましたが、
オーソドックスな回答しか得られず。
私の知りたいのはマイナーな釣り場です。
数は釣れなくてもいいので、釣り人のあまり行かない穴場を知りたい。
明日、また釣りに行こうと思っていて、
キス釣りをする前に、ハゼ釣り場のサーチとハゼ釣りそのものを
できないかと思ったのですが、難しそうなのであきらめました。
明日は、またいつもの浜辺のいつものポイントで、キス釣りに専念しよう。
でも、できれば、北方の浜辺を歩いてサーチもしたいです。

今日は・・・実り多い家庭菜園で幸せ

  • 2020.08.07 Friday
  • 22:00

今日は晴れ。


家庭菜園のニンジンの発芽が、けっこう出そろってきました。
休みの日には、雑草を抜き、

発芽しなかった所に種まきをし直そうと思います。
最近は、オクラがバンバン成っておりまして、
収穫で出勤前にけっこう時間を取られていますね;;
まぁ個人的には幸せのひと時なのです。

 

仕事は、午前中が会議でした。
業務が忙しくないので気分的に楽でした。
帰りは、行きつけの上〇屋に寄り、
昨日ロストした釣り具を買い、リールのライン交換をしてもらいました。

今日は・・・ハゼ釣りにチャレンジ

  • 2020.08.06 Thursday
  • 23:03

今日は晴れ。
予定通り、ハゼ釣りに出かけてきました。

 

今日は大潮。
満潮は4時44分と18時21分。
満潮時刻である18時21分の前の時間帯(満潮の2時間前〜満潮)を本命に、
昼前〜夕方の時間に釣りに臨みました。

 

自宅を8時過ぎに出発。

出発がゆっくりめなのは良いですが、地元は出勤ラッシュ。

道路のところどころで渋滞。

10時半過ぎ、H沼に到着しました。

 

というわけで、ハゼ釣り、まずはH沼です。

本来はハゼの釣り場として知られている所です。
最近の上○屋の前情報では、H沼の釣果は聞いていないとのこと。

H沼が昨年が不漁だったことは、昨年の早いうちから何度か聞いていました。


昨年秋、H沼でハゼ釣りをしようと思い立ちまして、
H沼のことを一応自分で確かめようと、H沼に向かいました。
案の定、ハゼはまったく釣れませんでした。
(釣れたのはセイゴ1匹)

 

H沼、私が個人的に何度も通っている、北のポイントへ。
近くで先に釣っている人がいましたので話を訊いてみました。
ハゼ、なかなか釣れないとのこと(釣ったのは3匹)。
(その方の手応え的には)昨年と同様にダメだろうとのことでした。
(´ε`;)ウーン… そうですか、やはりね・・・・・・。
昨年が不漁であれば、今年も不漁の可能性が高いだろうと、
私は単純に思い予測していました。
原因は何か? みんなで釣ったから絶滅寸前なのか?
そう訊いてみたところ、その方は、

何かしらの環境が変わって、数が減ったのではないか、と答えられました。
(´ε`;)ウーン… H沼、昔からハゼ釣りが盛んであり、

そのハゼ釣りは最近までずっと続いていたはず。
それが昨年になってダメになった。
そう考えると、やはり何かしらの環境変化が原因では、
と推測するのが自然か?
釣りをしてみて、自分でも確かめてみよう。
その方が釣りをしている所とは別の所で、
実際に釣りをしてみましたが、アタリはまったく無し。

 

その場をあきらめ、今度は北東のポイントへ。
釣り人はちらほら。でもいた人が去っていくのを見ました。
一応釣り糸は垂らしましたが、アタリは無し。
これまでの上○屋の話では、岸辺にハゼが数多くいるとのことでした。
そんな夢のような話が、と聞いてすぐに思いました。
がその状況は昨年から無くなっていました。
そして、今年もダメ。

 

一応もう少し調査していこう。今度はH沼の南側へ。
この時点で正午過ぎ。
ポイントに大きなハサミを持ったカニはいまして、
私の姿を見るとすぐにアシの森の中に姿を消してしまいました。
生物はいた。ハゼはいませんカニ? (*≧m≦*)プッ
南周辺約100mの一帯をランガンしてみましたが、
あいにくアタリはありませんでした。


これでもう自分で納得。
H沼のハゼはほぼいなくなってしまった!!

 

満潮は18時21分です。
13時半頃、上○屋O氏に教わっていた、H川の港のあるポイントへ。
このポイントが今日の本命です。

ここは、川の入り込み(人工的に造られたのかも)、港になっている所です。

20200806汽水域釣り01-1

駐車スペースあり。普通の日の昼下がりで無人(裏の道路を通る車はいる)。

楽に駐車でき、タックルの準備もその場でできますね。

20200806汽水域釣り01-2

ここは鉄道の橋の下。釣り始めた矢先に、

ちょうどガルパンの絵柄の入った列車が左から右に通り過ぎました。

釣り始めでタイミングが悪い。できれば写真撮りしたかった 。・゚・(ノД`)・゚・。

20200806汽水域釣り01-3


さて、午後から夕方にかけてここで釣りをしていきます。
先客の釣り人もいません。
その入江の口のところでハゼ釣り開始です。

この角に立って釣りをしていきます。

20200806汽水域釣り02-1

少し先に投げて、底に付いた仕掛けを少しずつ引いていきます。

20200806汽水域釣り02-2


7月に買ったばかりのアジングロッド、

エリアトラウトルアーフィッシングで使っていたリール、

小型天秤の仕掛けになります。

上の方を泳ぐ小魚がけっこういます。
生態系的に恵まれているようです。これなら釣りに期待が持てます。
ハゼは底にいます。仕掛けは底を引きずるようにします。

だいたい20mくらいをキャストしまして、少しずつゆっくりと引いてきます。
ハゼは動く物に興味を示すためです。
なんと初っ端でいきなりハゼが釣れました。ヾ(*>∀<*)ノ

20200806汽水域釣り03-1(1匹目)

仕掛けはこんな感じです。

小型天秤に、オモリ(ナス1号)と5号赤ハゼバリ

(ハリスは5cmくらい)を付けたもの。

20200806汽水域釣り03-2(1匹目)


少し経って、向こう岸のところに若い夫婦がやってきまして、
ハゼを(たぶん)2匹釣りました。
なるほど、このポイントは、ハゼのポイントとして有名なのね。


その後、私は、明確なアタリを得られず。
時々、どこかに引っかけて、ハリなどを無くしていました。

 

ハゼの市販仕掛けですが、3号のオモリが付いています。
3号ですと、私のアジングロッドでは(硬度的に耐え難く)厳しいです。
3号オモリで少しだけ投げてみましたが、まず重くて竿がしなり投げにくいのと、

竿が折れる危険性があることで、使うのをやめました。

 

風が吹いていて分かりにくいのですが、
どうも水の流れはそれなりにあるようです。
○州屋のO氏のアドバイスですと、天秤を使わない、ガン玉を付ける
ミャク釣り仕掛けが良いとのこと。
使いやすい仕掛け
・小型天秤の仕掛け
  好みのハリとオモリを付けられます。
  天秤の金具(長さ)のある分、仕掛けは絡みにくいはず。
  (でもハリスが何度も絡まってましたが)
  ナス型オモリを付けられます。軽い1号を使用。
  (これ以上軽いナス型オモリは持っていません)
・ミャク釣り仕掛け
  道糸、スナップヨリモドシ、ハリ付用ヨリモドシ、ハリスの仕掛け。

  天秤が無い分、簡易的な仕掛けになります。
  オモリは、道糸に挟んで付ける、ガン玉を使います。
  5Bという規格(g)を使いました。

  小型天秤の仕掛けよりもわかりやすいアタリが出るかと思われます。
どちらも、水流で多少流れていてOKです。
いずれにしましても、軽めのオモリを使うことで、
小型のハゼのアタリをしっかり取って早掛けで釣っていきます。

 

ハリは4or5号の赤いハゼ用ハリ(キツネ針)や、
4号袖針、4号ヤマメ針を使っていました。
(ヤマメ針は、フトコロが深いため、魚がかかりやすくまたバレにくいようです。)
エサはジャリメです。
 

17時過ぎ。だんだんと潮が上がってきます。
海抜が低いため、潮汐の影響を受けるのです。
これまではずっと小型天秤の仕掛けにしていましたが、

手持ちの天秤があと1つとなったところで、

アタリが分かりやすいであろうミャク釣り仕掛けにしました。

20200806汽水域釣り04

夕方、この仕掛けで専念しまして、ハゼを2匹釣ることができました。


でもアタリはなかなか出ませんでした。
おそらくこのポイントは人が多く行き来しているのでしょうね。
手軽に車で来て停めて釣りができる環境ですし。
どんどん釣られてしまっていて、絶対数が少ないかなと。

 

夕暮れになりますと、上を泳ぐ魚が増えてきました。
そして、何人もの人がやってきました。
18時30分まで釣りしましたが・・・私のハゼ釣りもここが潮時か、
ここで終了となりました。
近くに来た人に話を聞きますと、シーバスフィッシングで来たとのこと。
水面を見ると時折盛り上がったような感じになっていました。
いわゆる、シーバスの「ボイル」。
誰か釣ってみせてくれないかなと思いましたが、
釣れるところは見ることができませんでした。

 

釣ったハゼは3匹。

20200806汽水域釣り05(3匹の釣果)
1匹は15cm越えかな、良型だったのですが・・・・・・、

3匹は少ないと思い、私はすべてリリースしました。

 

回顧。

とりあえず、自分の世界を拡げまして、
今回は初めて(まともな大きさの)ハゼを釣ることができました。
ハゼ釣り、数多くアタッて釣れるようであれば、
きっと楽しい釣りだと思うのですよね。

H沼は壊滅的状況。
土日など混むであろうH川港ポイントも、きっとあまり使えない。

どこかほかにハゼ釣りできる所はないものか?
できれば人の少ないマイナーな所が良いですけどね。

多くのハゼが足元にいる所で楽しく釣りができればいちばんなのですけど、

そんなブラウン管でしか見られないシチュには、

今のところはとても出会えそうにありません。

他にハゼ釣りできそうな所があれば、今度もハゼ釣りに挑戦できるかもですけどね。

 

釣り場に課題を抱えたままですので、簡単に希望的観測を書けないですが;;
ハゼ、いつかは釣って自分で天ぷらにして食べたいものです。

今日は・・・ニンジン発芽 ハゼ釣り画策

  • 2020.08.05 Wednesday
  • 23:03

今日は晴れ。


7月29日、先週の水曜日に種まきしたニンジンが、ぽつぽつと発芽し始めました。
9日(日)ぐらいで大方発芽が出そろうかと思います。
あいにく芽の出なかった所には、残っている種で

もう一度種まきをして補っていくつもりです。

 

今日の午後の打合せで、今週中に予定の入っていた仕事がすべて終わりました。

明日は予定通り有休で休み。


海〜河口域などにいるハゼ達は、小魚から成長し、
8月になると釣るのに相応のサイズになってきます。
個人的にはもっと大きくなる秋に釣りたい魚なのですが、
自然のステージでは釣り人達にどんどん釣られていき、
秋ですと数がかなり少なくなっているように思います。
今はキス釣りを楽しんでいるところですが、
明日はいわゆる「デキハゼ」が釣り場にいるのかどうか、
そしてもしいれば自分で釣ってみたいと思います。

今日は・・・赤い満月

  • 2020.08.04 Tuesday
  • 22:00

今日は晴れ。


7月のぐずついた天候は終わりました。
毎朝、家庭菜園にはしっかりと水やりをしなければなりません。
日々のゲームログイン作業の後、朝ごはん前に水やりです。
家に上がるとけっこう汗をかいてしまいます。
着替える手間も発生します。

 

今日は、仕事でプロジェクト会議の日でした。
プロジェクトについては一段落つきましたので、次回の会議は11月になりそうです。
これまではこまめに何度も会議をしてまして、正直忙しかったのです。
今日の会議を終えてほっとしました。

 

個人的には、明日の仕事が終われば、しばらくの間は楽に過ごせそうです。
これから先、体調を崩すとか、何かトラブルの無いように過ごせることを望みます。

 

昨日も思ったのですが、出ている月の色がどうも赤っぽく見えました。
ちなみに今日が満月ですね。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

早苗さんのお告げ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 今日は・・・自宅の芝刈りをほどほどにする
    masa (08/14)
  • 今日は・・・あきらめずに釣り情報を調査する
    masa (08/14)
  • 今日は・・・ピーマンが虫害を受ける
    masa (08/14)
  • 今日は・・・ぐったり キジの雛達を眺める
    masa (08/14)
  • 今日は・・・キス釣り 釣りの新たなポイント調査も
    masa (08/14)
  • 今日は・・・ネギの植え替え ハゼ釣りあきらめつかず
    masa (08/14)
  • 今日は・・・実り多い家庭菜園で幸せ
    masa (08/14)
  • 今日は・・・ハゼ釣りにチャレンジ
    masa (08/14)
  • 今日は・・・ニンジン発芽 ハゼ釣り画策
    masa (08/14)
  • 今日は・・・赤い満月
    masa (08/14)

recommend

ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド
ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド (JUGEMレビュー »)

私はハピソンの深さ表示タイプの電動リールで、ワカサギ釣りを始めました。スティック形状で使いやすい。また比較的リーズナブル。初級〜中級向けかな。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM