今日は・・・エリアトラウト 徹夜したのに

  • 2019.04.14 Sunday
  • 21:33

前部門の仕事はカオス状態。

2019年4月12日(金)、新部門への赴任延長の最後の日。

必死に引継書を作り上げ、残された自分の仕事をしました。

土日出勤すると前部門の人達に捕まるので、仕事を終わらせ、

自分の荷物を整理して、徹夜してしまいました。

朝6時に帰宅しまして、11時半まで寝ました。

2月10日以来、管釣りに一度も行けてない。

13日か14日、どちらかは管釣りに行きたい。

14日は休むようにして、13日のうちに行ってしまおうか。

ということで、12時、山奥の釣り場へ出発。

久々にエリアトラウトルアーフィッシングをしてきました。

 

久々・・・ですけど、早々と1フィッシュできるといいなぁ。

20190413発光路の森01-1(2号池)

周囲は春めいていますけど、微妙に寒いです。ここは山中ですからね。

20190413発光路の森01-2(2号池)

人がまばらで良かったです。13時35分より釣り開始。

 

魚達は、中層あたりをちんちら。

沈む系のクランクがいいかな。

小さなSS(少しずつ沈む)クランク、追いかけてはきますけど、口を使うまでにはいかず。

午前中にそういうのは何度も見せられているのでしょうか。

でもスプーンよりはクランクの方が釣れるかな。魚達沈んでますし。

DR(沈む幅が大きい)系クランクを投げたところ、1キャスト目でヒット、釣れました。

13時49分。ディスプラウト、チャタクラDR、残像拳。(*≧m≦*)プッ

20190413発光路の森02-2(1匹目)

上側はクリア、下側は緑色と黒のマダラ。

魚達には泳いでいるのが分身して見える、という???

中にはラトル(ガラス玉)2個入り。当たってカラカラと音が出ます。

いかにも魚を騙して釣る的な要素が強いっていうか。

本当ならば、普通のクランクで釣れない場合の手で使うのが正当な手順かも。

もっとも私はあまり釣れない人ですので、これでいっか。(*≧m≦*)プッ

 

魚達が微妙に浮いてきました。

Xスティックを水面下辺りを45度に這わせる作戦が有効かも。

14時22分、Xスティック赤。

もっともずるいルアーですし魚は釣りやすいのでしょうけど。

20190413発光路の森03(2匹目)

下にあるのはリリーサー。私はこれ使えないので、ここで練習してみました。

・・・・・・取れた、ふぅ。(;´∀`) 全然慣れないですけど;;

 

この後事件が発生。

またもこの赤Xで釣り上げたのですけど、1度軽くアワセて、

甘いので2度目をアワセたところ、ロッドの根元あたりがバキィッと悲鳴を上げました。

げぇぇぇっ!! まさかの竿折れ。

「竿が折れたァァァ」周囲にはびこることなく言ってしまいました;;

魚はかかっていますから、ラインを手で巻き取って引いていきましたが、

竿でテンションかけているわけでありませんから、引き上げる手前で外れてしまいました。

根元でバキィですよ。こんなの事例あるんでしょうか?

私は2・3度目のアワセを、硬い根元を使ってアワセを入れるんですけど、

これのやり過ぎだったのか?

それにしてもこんな硬い箇所が折れるとか、考えられない><;

 

折ったのは15時前。これで泣いて帰るのは早過ぎますし自分でも寂しい。

幸いにもここはレンタルタックルがあった!! ここに来てよかった。

リール付きロッドを借りましたが、竿が硬い><;

私の使っていたようなしなやかなグラスロッドはあるはずもなく。

金属の安っぽいのしかなくて。それにスピニングリールも重いし。

シマノのナスキー。管釣りを始める前に、もしかして買うかもしれなかったリール。

とにかく投げにくくて使いにくい。

 

でも、そんなタックルでも、なんとか1匹釣り上げましたよ。

ディスプラウト、チャタクラBR、茶オレ。1キャスト目でした。

20190413発光路の森04(3匹目)

このクランクはうまく沈んでくれて釣りやすいんですよね。

ここの釣り場のように深いところはかなり有効かも。

そして何より、大きめで目立つ。魚達の追っかける的になりやすい。

 

夕方になり、小さな虫が発生してきました。

魚達は水面あたりをバチャバチャ。水面下を狙えるルアーにシフトです。

シマノのふわとろバナナオレで2度アタリましたが、その2度目にルアーロスト。

金具との結び目がほどけてしまったことが原因でした。

もっともこの日はなぜか糸の結びがうまくいかず、何度も外れてしまっていました。

ここまでよくルアーロストしなかったっていう;;

ロッド折れのショックの方が大きかったですけど;;

慣れないタックルでも何度も挑戦し続けましたけど、結局釣れず、タイプアップ。

釣果は3匹でした。

 

折れたロッドです。

20190413折れたロッド01

上のが先パーツ。折れたのは手元パーツの方。

20190413折れたロッド03

ほらこんな感じで折れてる!!

20190413折れたロッド06

バキィですよバキィ。もう(つд⊂)エーン

 

行きつけの上〇屋H氏に電話。私のようには普通折れません、とのこと。

ではもしかすると、前部門で心身折れそうな私の身代わりで折れてしまったのかもしれません。

今は10オフキャンペーン中、手元パーツ(9000円くらい)だけ買うよりも、

このロッド(シマノ トラウトライズ USL60 9700円くらい)

自体を買う方が得とのこと。

もっとも、この上位のロッドが欲しいというのもあり、

H氏にはその紹介も期待していて電話した、というのもありましたが。

まずはこのロッドを直すor買い直す方が先でしょうか。

でも新品の方の在庫が無いとのこと。他の〇州屋を探してもらわなくては。

パーツの方は大丈夫かな?

とにもかくにも、14日日曜日以降、釣りに行けなくなりました。

あきらめがつきました。

折れた箇所、後でH氏に見せましょう。

 

エリアトラウトルアーフィッシングに入門して1年半。

トラウトライズ、先を2度折り、そしてついに手元の方を折ってしまいました。

今までありがとう、私のトラウトライズ(手元)。

 

とりあえずは管釣り復帰できてよかったです。

でも何かを感じさせる結末となってしまいました。

私も早く精神的に本当に元気になって、また、これからはもっともっと、

楽しんで釣りをしていきたいと思います。

今日は・・・エリアトラウト 初のアルビノ

  • 2019.04.14 Sunday
  • 20:41

仕事がカオス状態になり、エリアトラウトルアーフィッシングの日記を

ついつい書けずにいました。

2019年2月10日(日)午後、近所の山中の釣り場に向かいまして、

エリアトラウトルアーフィッシングをしてまいりました。

 

ここはいつも混んでいます。

なんとか入れるとすれば北東のシャローエリア。

スペースがありました。きっと午前中で帰った人のスペース。

シャローはあまり人気が無いのか、入れる場合が多いんです。

 

釣る体勢OKです。先にはディスプラウトのピコイーグルプレーヤー。

20190210フィッシングリゾート上永野01-1(シャローエリア)

ここはロケーションがバツグン。県外からの人達で賑わっています。

20190210フィッシングリゾート上永野02

魚はほら、いますよ。目を凝らせばほら、ちらほら・・・けっこう多いですよ。

20190210フィッシングリゾート上永野01-4

魚がいるのを確認し、どの層にいるかまで見てから、釣り開始です。

もっともここはシャローなので、水深はあまりないですけど。

 

14時前。放流の様子を。私のすぐ右横にトラックがスタンバイ。

20190210フィッシングリゾート上永野03-1

大型ホースでジョババババと。

20190210フィッシングリゾート上永野03-2

魚達が流れ出て・・・・・・。

20190210フィッシングリゾート上永野03-3

放流魚、20〜30匹くらいいた・・・かも・・・?

20190210フィッシングリゾート上永野03-4

 

放流直後に使えるであろう、目立つオレンジ系のスプーンを投げたのですが、釣れず。

??? おかしいなぁ。

周囲も見て、釣り上げられた放流魚は・・・1・2匹くらい。

これホント純粋な放流魚だったのでしょうか・・・どっかのポンドの魚達の再放流とか?

 

気を取り直して釣りです。

最近の私はクランク派。今のハイギアリールにちょうど合っているような感じです。

魚は・・・追いかけてきます。

が、ついてはくるけど、口を使わせるまでには至らない感じ。

クランクの色やら種類やら替えてみますが、結果は変わらず。

少し考えました。

魚達、周囲に叩かれて、クランクに対しかなりスレてしまっているのでは?

冬は魚達が沈みがちだ。スプーンであまり釣った記憶が無いけど・・・。

でも目先を変えるという意味では、スプーン、有効かもしれない。

 

スプーンをいくつか試します。釣れません。(´ε`;)ウーン…

じゃ今度はこれだ。思い切って目立たせてやれ!!

almin-nrg(アルミん蛍光レッド金)

ウォーターランド、アルミん。蛍光レッド金。

画像は3.4gとありますけど、私のは2.5g。

そうですねぇ、普通の2.5g程度の小型スプーンが、人差し指先から第1関節までですけど、

このスプーンは第2関節までの長さがあります。要は普通のスプーンよりひと回り大きい。

そして普通のスプーンは鉄というか真鍮(しんちゅう)でできているんですけど、

こちらはアルミでできています。なので水中をゆっくり落ちていきます。

大きなスプーンをゆっくり引くのであれば、もうこれしかないっていう。

 

・・・・・・こんな、いかにもルアー的な代物で、釣れるのか?

と思われる方々も多いかもですけど、釣れるんですよね〜。

 

14時19分。

投げてみます。あっけっこう遠く、向こう岸の方までいっちゃった;;

あらら;;・・・ちょっとだけ引くと、すぐに魚がかかりました。

かかった方はこちら。

20190210フィッシングリゾート上永野04-1(1匹目)

・・・・・・だれ? (*≧m≦*)プッ

ふふふ、私初めてアルビノを釣りましたよ〜。v(´∀`*v)ピース

20190210フィッシングリゾート上永野04-2(1匹目)

それにしても綺麗なニジマス(ですよね)のアルビノ。

赤色は婚姻色かも。

20190210フィッシングリゾート上永野04-3(1匹目)

 

よし、時代はスプーンだ。(単純)

そしたら、スプーンで釣れてきました。

15時11分。ジル様1.8g赤金。いつもお世話になっております。

20190210フィッシングリゾート上永野05(2匹目)

15時23分。Xルアー赤。

最初の1匹とは別人。模様が微妙に違いますもの。

ホントこの釣り場は、珍しい魚を放すの好きですよね〜こういうのも人気の理由かも。

20190210フィッシングリゾート上永野06(3匹目)

16時17分。MIU3.5g、赤金黒のマダラ的な。このスプーンで初フィッシュ。

20190210フィッシングリゾート上永野07-2(4匹目)

釣果はこれら4匹でした。

 

目先を変えてスプーンで釣果がありましたね。

5匹釣りたかったですけどね。

報告 ようやくの人事異動

  • 2019.04.14 Sunday
  • 14:00

普段から接していただいている皆様

ネット上で仲良くしていただいている皆様

 

2ヶ月以上もの間当ブログを更新しておりませんでした。

仕事で、おそらくはかなりのブラック状態におかれていたからです。

 

そりゃ私は周囲の若い人達よりは若くはないですし、

比較として高給取りと言われても仕方がありません。

とはいえ、いくらお給料をもらっていたとしても、時間は有限。

休みまで働けと言われているわけではありません。それでも仕事してましたけどね。

でもそれは会社のためというよりは、この先の未来の自分のためでした。

 

何でも仕事を持ってこられる状態。

今の部門で貢献したい気持ちもあったのですけど、周りが仕事をみんな押し付け、

それを上が見て見ぬフリする事態。

2018年度はそれがいっそう厳しくなりました。

異動しないで生き延びるのは無理だ。2019年度は絶対に異動しよう。

家族会議もして、そのプロジェクトをこっそりと進めていきました。

自分に課せられた目標は絶対にクリアしよう。

年末に出す異動希望では、ひどい現状をしっかりと書いて、必ず異動させてもらおう。

2019年度は、必ず別部門に異動して、現状を変えよう!!

 

2018年の12月暮れ、目標をギリギリでクリア(これだけでも相当苦労しましたが)。

異動希望には、自分の状況、

朝早く夜遅く、土日も労働しなければならないという、ひどい状況を、ありありと書きました。

せめて月2日は休ませろ、と書きました。

年が変わり、その書いた内容が上の部課長に伝わり、課長は不満を何度も言ってきました。

私への指導、そりゃ表面上ではしてくれてましたよ。

でも仕事の物量的に無理があり過ぎる状況で、きつい仕事を押し付けたままで、

アドバイスもク〇もあったものじゃないですよね。

1月、2月、3月、私の状況は日々苦しくなっていきました。

釣りに行けなくなり、土日すべて仕事という日々が続きました。

 

3月上旬、私の異動が決まりました。

休日出勤はかなり少ない方、業務的には定型的な事務が主なようです。

無難なところに異動できて良かったです。

 

でも・・・・・・異動そのものはなかなかできず。
人事異動で別部門への異動は叶ったのですが、

今度は終わらない(残った)仕事をこなすのと引継で苦労しました。
引継相手はなんと3人。
異動が決まってから、引継期間が2週間ありましたが・・・・・・
終わらない(残った)仕事の量がかなりあり、それをやりながら相手への引継をするのは無理。
そのことを上が最初からわかっていて、私の場合は前の決算事務を手伝うことを名目に、
前の部門にさらに2週間残るようにと言われました。

事実上の赴任延長です。

そしてそういうことになるのも、上が最初からわかっていたようで。嫌な既定路線です。
上は私に、何人分もの仕事を押し付けているという自覚が、間違いなくありました。
多くの仕事を振り分けず、中堅〜ベテランの年代(少ない)の私にばかり仕事を押し付け、
そしらぬ顔をしていた部課長。
そして仕事が多過ぎると何度言っても、ただやらせるだけ。いわゆるブラック状態。


精算請求処理については、3月の紙のみでの引継は無理。
4月に入り新しい人2人来てから教える羽目に。
今度はそれらの休日中のこなしが問題になり、上やら下やらで皆が大騒ぎ。
これまでは私に押しつけていれば安泰だったわけですからね。

当然ですよ。ざ〇あみろ。
今度はGWが10連休。でも残された人達は私が必死こいてやっていた仕事を
休まないでこなさなければならないんですからね。

多くの仕事をこなし部門を支えさせられていた私が抜ける。

辞めたいという臨時社員も出る始末。時々泣かれました。
4月以降も私が仕方なく残っているところに、周りはさらに仕事を押し付けてきました。
そんなんじゃ引継書が書けません。

新課長(前課長は責任をとり別部門へ異動の形)は私の悩みを聞きません。
そんな私の話を聞いてくれた方がいました。ムーミンのミーです。

私がいた部門で、私を長い間支え続けてくれた、小さな上司ミー。
4月9日火曜日、ミーは私の話を全部聞いてくれて、上に働きかけてくれました。

いったいどのように働きかけれくれたのかは謎に包まれていますが・・・・・・。
でもそこからは私の引継がはかどるようになりました。

とはいえ残り4日でどうにかしなければなりませんでしたが・・・・・・。
朝から晩までかけられる時間をすべてまわして、引継書作成と引継をすべて済ませました。
12日金曜日、引継書を総務に提出できました。私を拍手してくれた人がいて感動しました。

 

そしてその日の午後から、残された仕事に取りかかりました。
土日出勤すると、前の部門の人達に見つかり、仕事を手伝わされそうでした。
なので、徹夜で仕事を進めました。異動なので自分の荷物片付けもありました。
13日朝6時、なんとか帰宅できました。
15日月曜日からはようやく新部門で仕事ができます。

とはいえ、私のやってきたこと、やってきたものはそう簡単に引き継げるものではなく、

今後何度も教えなければならないでしょう。

 

13・14日は、事務所に行かず休んでいます。

土日、仕事のことを考えずに済むということが、こんなにも心を安らげるものであったと、

気づかされました。

 

積み上げられる仕事。できません、と拒否するという、あったはずの選択肢。

それを周囲に見えにくくされ、ついには自分でも見えなくなってしまいました。

でもそうでしょう。上も周囲の多くが応じなかったんですからね。

しょうがない、しばらくは我慢・・・我慢・・・そして一人になってしまって。

頼んでも応じないのであれば、脱出しかありませんでした。

何人かの手助けにより、脱出することに望みをつないで、ついに異動することができました。

こんなんじゃうつ病になるよと、何度も言われてましたが、

なんとか耐え抜くことができました。

そして、私がいなくなって、残された人達は不安を感じているっていう。当然ですよ。

ブラックの末路に近い状態じゃないでしょうかね?・・・・・・と言うのは大袈裟か。

 

ブラック企業、私のような人間、きっと他にもたくさんあるしいるでしょう。

とりあえずは、こういうのが少しでも解決することを、祈るばかりです。

私は、前の部門からの質問を何度も受けたり、

あるいは時間内に呼び出されて教えに行くこともあるでしょう。

でもそういうのは、今の上に相談しなければできないことですし。

そういうことははっきりさせておこうと思います。

 

長くなっちゃいました。書くのに疲れました。

明日は新部門にお菓子を持って行かなくちゃ。

身体の方はさておき、精神の方はしばらく休養させたいです。

今日は・・・エリアトラウト 手強い魚達

  • 2019.02.03 Sunday
  • 22:06

今日は晴れ。風はほぼ無し。

暖かく、まさに小春日和といった一日でした。

 

先週の疲れと、昨日の休日出勤による疲れで、

朝起きるのがつらいかと思いましたが、7時半に起きられました。

部屋内が明るくなると目が覚めやすいんですよね。

今日も今日で自分のやりたいこと・目的があります。

もう少し寝ていたい気持ちもありましたけど、目が覚めてそのまま起きちゃいました。

 

やった!! お天気に恵まれました。

午前中はお布団干し。正午の少し前くらいに家を出ました。

ニコタの課金(コンビニ払い)、取引先に急ぎの文書発送(宅急便利用)、

と用事を済ませ、管釣り(エリアトラウトルアーフィッシング)に向かいました。

向かう釣り場については直前まで悩んでいました。

できれば、近所の山中の釣り場に行きたいのですけど、

ここは県外の人達が多くやってきて混みます。

ましてや暖かくて良いお天気、入るスペースが無くて困る可能性が高そう。

であれば、そこを過ぎて、その先にある、山奥の釣り場に向かおうか。

そこでの厳寒期の釣りを経験したことがありませんでしたし、

一度はやってみたいと思っていましたので、そこに向かうことにしました。

 

いざ釣り場へ。あらら気温が12℃もある。

これじゃ厳寒期とは言い難い;;

さすがに麓から距離のある釣り場であり、また現在が冬ということで、

けっこう空いている方でした。

まさにこの釣り場での釣り日和ということのようです。

 

2号池に入りました。

20190203発光路の森01(2号池)

お魚、けっこういますよ。それなりに釣れそうな予感です。

今は冬、中層より下に魚達はいますね。

20190203発光路の森02(2号池)魚まあまあいる

左下のオレンジの物体は、今日の私のファーストルアーです。

クランクベイト、ディスプラウトのチャタクラBR、オレンジ。

この2号池は、壺のような形状をしています。深い所ですと5mあるとのこと。

まぁ今は冬ですし雨不足ですから水位は下がっていますので、4m以内かも?

このルアーは、巻くと潜るということと、目立つ色ということで、

ファーストルアーに指名しました。もちろん実績あるルアーです。

 

この釣り場のお魚達は、けっこう手強いんですよね。

魚の入れ替えの回転が遅いと思われます。

※魚の入れ替え:釣り上げられた魚が持ち帰られ、それから魚が放流されるまでのこと。

ここの放流は私1度しか見たことないんですよね。

この釣り場は放流をけっこうしているという謳い文句なのですけど、

どうも疑わしいんですよね。

古い魚達が数多く残っているというのが、私のイメージ。

だから、手強いんですよ。お魚さん達、ルアーのこと色々とわかっちゃってますし。

 

でも、私の見立ては正解でした。

13時11分、ファーストルアーでの1投目でなんなくお魚GET!!

けっこう手前まで引いて、魚が追っているのを見ながら、

かかったところを軽くアワセて釣り上げました。

20190203発光路の森03-1(1匹目)

綺麗なニジマスです。

20190203発光路の森03-2(1匹目)

 

でもそれから後が続きません。

スレ魚達ばかりですし、スプーンではきっと釣れないでしょう。

クランクベイト、ミノ―、一応スプーン、ずるいルアーと、

手段選ばずにどんどん投げ込んでいきます。

でもアタリすら無い、というのが続きました。

 

やがてペレット撒きがありました。

私の右横にいきなり人が来てササッとペレット撒き。

沈んでいた魚達が浮上しバシャバシャ。

この瞬間と同時に、ペレットペレットのルアーを投げ込むと、

どさくさまぎれにアタッて釣れる(はずな)んですよね。

でもタイミングを合わせることができませんでした。

でも私は見ました。撒かれたペレットの色を。

黒っぽいんですけど、中に赤っぽいのが混じっている、

そんな感じのペレットでした。

であれば、それと同じような色合いの、ペレットペレットを投げてあげれば

釣れるのではなかろうか。

タイミングが少し遅くなりましたけど、ペレット撒きの効果は

しばらくは残っている、はず。苦笑

少しずつ沈むタイプのペレットペレットを投げてみました。

投げ込んでちょっと巻くと、すぐに魚がかかって釣れました。

14時41分、2匹目。ブラウントラウト。

20190203発光路の森04(2匹目)

あのぉもしもし、ペレット撒きはもう終わっちゃったんですけど。

でもペレット撒きの余韻が残っていた、そういうことですよね。

この釣り場はペレット撒きがある、それを活かさない手はありません。

 

クランクベイト中心の釣りへ。

目立つ色を中心に投げていましたが、たまにアタるも釣り上げるまでには至らず。

目立つ色のは持ってないけど、沈みやすいクランクベイトを投げることにしよう。

昨日買ったばかりのクランクベイト、ディスプラウト、チャタクラDR-SS、チョコチップ。

※DR:引くと沈む(沈む頻度は高い) ※SS:スローシンキング

SSなので、引いても引かなくても少しずつ沈んでいきます。

今日みたいな、水深のある釣り場では、釣りがかなりやりやすくなるはず。

なんと、いきなり1投目、投げて少し巻いただけで、アタリ。

クランクベイトの場合は、ロッドのアワセよりは巻きアワセが良いです。

やった、巻きアワセで魚を掛けることに成功。15時10分、3匹目。

20190203発光路の森05-1(3匹目)

右の頬には無いのに、左の頬にはある、赤い模様。

血が出ているわけではなかったみたいです。

20190203発光路の森05-2(3匹目)

DR-SSのクランク、使いやすいのと、

今日の釣り場の状況に合っていたということですね。

贅沢言うならば、もっと早く試していたかった。

 

さすがはスレ魚達。なかなかアタリません。

ポンド上流、浅い所(シャローエリア)を見ると、けっこう魚がいます。

しばらくの間人がそこで釣りをしていないことから、

これまでいたポンド東側より、ポンド西側の北寄りに、自分の陣地を替えました。

 

あまり深くない分、これまでよりも釣れやすいかもしれない、かも。

潜らせるのが難しいルアーでも、この場所でなら使えそうですし。

 

これまで使えなかった、あまり潜らないクランクベイトを、どんどん試します。

でもアタリ無し。

場所を替えても、いるのはスレ魚達ばかり、ということは変わらないか。

でも、これならどうだ。スプーン、スミス、ジル1.8g、赤金。

私が使うと神通力が発揮されるという、このスプーン。

1.4gでも、1.8gでも、威力は共通して発揮されるという。

ただし釣れるのは1度だけ。連発とまではいかないけど。

上流に向けて軽く投げて、少し沈めてから軽く巻く、これでいいかな。

・・・・・・と、すぐにアタリが。ロッドでアワセたっけ、魚がかかりました。

15時55分、4匹目。

20190203発光路の森06-1(4匹目)

このスプーン、神掛かってるんですよね。

私に必ず1匹釣らせてくれますから。ホント不思議なものですよ。

20190203発光路の森06-2(4匹目)

現在、普通に販売されてますけど、当然ながら予備は持ち合わせております。

1つか2つあったはず。でも後でまた1つ(ずつ)買っておこうか。

 

やがて夕方になり、少しずつ温度が下がってきました。

寒さ対策として、両足の裏前にカイロを装着。

そして今日は暖かい一日。幾分寒さを感じるも、軽く我慢できる程度。

 

新兵器のクランクベイト、ミノ―、ずるいルアーと、

広範囲にどんどん投げていきましたが、アタリは2・3回のみ。

アワセまでには至らないのと、

また1回大きめのアタリがあるも、魚を掛けるのに失敗。

 

今の季節、雨が少なくて水が澄んでいますので、魚達がよく見えます。

魚を見ながら、いわゆるサイトフィッシング。

自分から近ければ、魚が掛かる瞬間を見ることもできたりするっていう。

でも、魚達、ルアー、見て、少し、あるいはずっと、

追いかけてくることもあるのですけど、途中できびすを返し去ってしまう、

というのをよく目にしました。

ルアーであることを確認しているんですかね。

見切れない時は食いついているということなんでしょうけど。

ルアーを見切られるのを見るたびに、私は舌打ちしていましたが。苦笑

 

どういうルアーであれば、見切られない、あるいは見切られにくいんですかねぇ???

 

相手は手強いスレ魚達。数少ないチャンスはモノにしなければなかなか釣れません。

以前との比較で、今は手持ちのルアーが数多くありますから、

魚を狙える幅が拡がっていますし、その分釣れる確率は上がっているでしょう。

でもそれ以上に、魚達のスレ度が高く、結局4匹で今日の釣りは終了。

目標は5匹でしたけど1匹足りず。

とはいえ、周囲もさほど釣れていませんでしたし、私の結果はそれなりだったかなと。

 

次は暦上は三連休。また1回管釣りに行くようにしたいところです。

エリアトラウトルアーフィッシング、まだまだ勉強中。

昔と比べて今は専門的な言葉がわかってきましたし、

釣り番組等での説明もかなり理解できるようになってきました。

これまでの録画ものを見直したり、ネットや雑誌を見たりして、

さらに詳しくそして楽しく取り組んでやっていきたいと思います。

今日は・・・怖くてなかなか帰れず

  • 2019.02.02 Saturday
  • 23:59

今日は晴れ。風が無く穏やかでした。

 

またも日記書くのが億劫になっています。

まぁ仕事で日々忙しいのが一番の原因なのですけど。

 

相変わらず休日出勤していますね。

今日はまず伝票処理当番ということでの休日出勤。

でもって、それだけで日中の時間は終わり。

取引先の方より電話がありました。

もしかして私がいるかと思って電話してきたそう。

質問があったとのことで、すぐに回答してあげました。

私が仕事を多く抱えていることを理解してくれている数少ない方。

私に早く帰るようにと、心配して言って下さいました。

 

でもそうやすやすと帰ることができません。

夕方から夜へ。

残っている自分の仕事、せめて整理だけでもしておかないと、

来週の週明けが恐ろしく不安;;

今週は出張もあって、溜められた未整理の仕事が残ったまま。

怖くて帰れません。

残したまま帰ることは言語道断。

少しずつ整理開始。整理していくにつれて、

残したままだと後々ヤバイであろうことが数多く出てきました。

整理をつけ、相手にメールで問い合わせを送り、

翌週明けよりやることを整理しメモに書き留めました。

あとは仕事を少し進めて・・・・・・夜11時半になってしまいました。

 

遅くなり疲れましたけど、これであれば翌日日曜日は休むことができます。

明日、午前中はお布団干しをして、午後は管釣りに行こう。

お天気に恵まれますように。

 

※翌日3日に入ってからの帰宅でした。日記の日にちと時間は遡っています。注意。

今日は・・・釣り 思うようにはいかず その2

  • 2019.01.26 Saturday
  • 23:04

前回の日記の続きになります。

ワカサギ釣りでは思うような釣果が出ず。

午後はそのまま管理釣り場へ向かいました。

エリアトラウトルアーフィッシングです。

向かったのは、近所の山中の釣り場。

比較的暖かい晴天でしたし、混んでいるのは覚悟の上です。

少々割入るような感じで、ポンド北東部のシャローエリア北側へ。

釣り始めたのは14時過ぎ。残念ながら放流が終わった後だったか。

午前中はワカサギ釣りでしたし仕方ありません。

 

人で混んでいます。

投げられていないスペースを見つけて投げ込みます。

タイミングが悪いとよその人とラインが交差することもありますが、

今日はそういうことはありませんでした。

混んでいるところを皆が順応して釣りをしています。

前に投げるだけであればコントロールは効きます。

遠くに投げることさえしなければ大丈夫です。

そして、混んでいますから、ポンドへのプレッシャーは尋常ではありません。

放流、行われた? そこは確認を忘れました。

 

釣り場はこんな感じ。

20190126フィッシングリゾート上永野02(シャローエリア01)

以前の1月6日程ではないですけど、魚は一応多めか。

午前中で釣って持って行かれたのが多かったようにも思いましたが。

 

近辺のシャローエリアを見る限り、魚は釣れていない印象。

(でも離れたところで魚を釣っているのは見かけました。)

そんなところを、後発の私が、

他の人の使っていないであろうルアーで、先に釣ってやる。

ベージュのピコチャタクラ(クランクベイト)、からしのぐるぐるXで、

それぞれ掛けて釣り上げる手前までいったのですが、

魚が外れてしまいました。

ここで2匹GETできていれば、気分的に違っていたかもしれません。

 

いろいろなルアーを試していきます。

どうせスプーンでは釣れないだろう。

スプーンはローテに合間に入れて、魚の目先を換えるのに使おう。

と思って入れてみた、私の新兵器スプーン。

で、なんと、14時46分、釣れてしまいました。(o>ω<o)

20190126フィッシングリゾート上永野01(釣れたのはこの1匹のみ)

魚はニジマスではないようですが。これはサクラマスか?

ルアーですが、スプーン、オフィスユーカリ、心というものです。

カラーは、黒めベースのところに、濃い薄い紫色のぽちぽちが付いています。

これが、魚の目線的に、浮き上がって見えたりするみたいでして。

変わった色のスプーンに見えるのかもしれませんね。

 

そして、その後は釣れません。

 

新兵器、うにょ系クランクベイト、ディスプラウトのガメクラ(オレンジ)を、

2度キャストしただけで失いました。

貴重なオレンジ色うにょ系だったのに;;

失ったのは、瞬間的なものでした。

底に着くほどのことではなかったはずなのに、いきなりプチッと取れてしまったのです。

結び目がほどけたのであれば、ライン先は丸くしなっていたりするはず。

でもラインは綺麗に真っ直ぐ。

ルアーは長めのクランクベイト。簡単に飲まれるか?

大型の魚に飲まれ(食われ)、外側の歯でラインを切られた、

これが一瞬で起こった、ということしか考えられません。

本当に一瞬の出来事でした。

飲まれる前にハリがかり、というのが普通のはずなのに。

対処がまったくできませんでしたね。

 

15時を過ぎてから、人がどんどん去っていきます。

周囲のスペースが空き始めた、しめしめ。

と思いきや、手がかじかみ始め、辺りが冷え込んできました。

はぁぁ、年末の釣りでも経験済みでしたけど、

真冬の釣りにはこれがあるんですね。

「寒さに耐えられない」

厚着をしてきてますし、手袋だって3本指の出るタイプのに新調しました。

でも、やっぱり、寒いものは寒い。

粘っていましたけど、私も16時過ぎで退散しました。

釣果は1匹。ボウズでなく何よりです。

 

ロッド手前のコルクの部分が血まみれに。

午前中のワカサギ釣りから右親指を酷使しています。

指先がアカギレとヒビワレで流血していました。

私の血の匂いも魚達が嫌ったのかもしれません。

 

午前中のワカサギ釣り、午後の管釣りと、

思うような釣りになりませんでした。

せっかくの休日かつようやくできたワカサギ釣りでしたけど、

こういう時もあるんですかねぇ。

ワカサギ釣りには今シーズンはもう行けないと思います。

 

仕事を頑張って続けて、日々を乗り越えていけば、

また釣りに行ける日が必ずやってきます。

次回の釣りに向けて、また頑張ろう。

今日は・・・釣り 思うようにはいかず その1

  • 2019.01.26 Saturday
  • 23:03

久々に、「ワカサギ釣り」カテゴリー使用です。

今の私の状況では、準備から片付けまで含めた時間と負担のかかるワカサギ釣りには、

そうそう何度も向かえません。

でも、本日が部下の休日出勤日であり、私が(とりあえずは)フリーになった以上、

あと1ヶ月しかできないワカサギ釣りに向かうべきということで。

 

前日確認しましたけど、風予報、朝方は無風、午前中より吹き始め、

午後はずっと風吹き状態とのこと。

であれば、とりあえず午前中はワカサギ釣りができるはず。

私が修業場としているダム湖に向かいます。

朝5時過ぎに出発、6時過ぎに現地に到着。

(゚д゚)!? 先客が誰もいない・・・。

まさか、もしやの風予報で人が来ていないということ?

管理人の方、来たのは1名のみ。既にこの時点で黄色信号。

その方と話をしました。

私の思ったとおりで、風対策で客が来ないとのこと。

(その方の言う風予報は、私の思っていたよりも強風との情報でした。)

でも!! 風の収まっているうちは、釣りをしても良い。

ただし、風が吹き始めたら、船着き場から見えるところで釣りをすること、

また風が強くなってきたら戻ること。

ということを約束させられました。

 

うーん、朝方、晴れて、また気温が氷点下でなく、ワカサギ釣り日和なんですけどねぇ。

近辺が温かめで、遠く(北方の山とか)が冷えていると、

だんだん風が吹いてくる、ということなんですかねぇ。

(風は、温度差が出ると、吹くというのを、何かで読んだような。

冷たい空気が温かい所に流れ込む的な。)

 

人が少ないです。(後から2・3人やってきた。)

気兼ねなく自分の行きたい所に行けます。

これまた久々のボート手漕ぎです。

遠方の南東ポイントにいくのは断念。

風が吹くと、手漕ぎボートでは船着き場に戻れないからです。

けっこう距離ありますけど、湖北方のポイントへ。

 

いつもと同じ、7時15分くらいからの釣り開始でした。

釣り座。

20190126梅田湖01(新兵器アンテナ01)

いつもと違うでしょう。(ΦωΦ)フフフ…

伸びている物の正体は、ワカサギアンテナ。

ここに仕掛けをぶら下げます。エサ付けと魚外しに重宝。

20190126梅田湖02(新兵器アンテナ02)

左側。魚探は必須ですね。

20190126梅田湖03

右側。黄色の物はカウンター。

20190126梅田湖04

9時14分時点。

お魚は30匹以上か。アンテナの付け方が左右で逆になってます(;´∀`)

20190126梅田湖05

 

確かに釣れるっちゃ釣れるんですけど、いる魚の数的に物足りず。

魚はいたりいなくなったり。居つきがいない感じ。そして食いが渋い。

エサは白サシも紅サシも食うのですけど、アタリの数が微妙。

アカムシを出すようにしてから幾分数が伸びました。

でも物足りない状況は変わりません。

 

私の他に釣っている人が1名。場所移動ばかりしています。

少なくとも周囲はイマイチということのようです。

ここまでで39匹。

9時20分、私は移動を決断。北東の岸寄りのポイントへ。

魚が上中下とウジャウジャいました。(o>ω<o)

私がよく向かう、好きなポイントと、状況が似ています。

でもなぜか釣れません。

ワカサギの仕掛けは消耗品です。仕掛けを両方ともにチェンジ。

エサも付け替えです。仕掛けは長めの物へ。

白サシのところですぐに釣れました。プラス2で41匹。

そして、さあこれからというところで、悲しいことに風が吹き始めてしまいました。

 

管理人の方との約束は破れません。

泣く泣く湖中央部へ移動。ポイントを探しますが、

魚、ほんの少ししかいないとか、まったくいないとか、そういうのばかり。

私のよく向かう、湖中央部南東湖岸近くのポイントへ。

20190126梅田湖06(荒らされたポイント3)

私は、ブイのすぐ右側で何度も釣ってきました。

これまでの釣果の大部分を、ここで稼いできたのです。

でも、以前の日記で書きましたけど、このポイントは、昨年10月に

誰かが1000匹を釣り上げたという話が持ち上がり、

その後多くの人達がこの場所を叩きに叩いたということで、

今ではもう釣れなくなってしまっているとのこと。

そういう話を聞いているにもかかわらず、結局はここに辿り着いてしまいました。

そして、魚がいないことを確認。

自分の足で向かい自分の目で確かめて、改めて悲しくなりました。(´Д⊂グスン

見ての通り、波が立っています。北東からの強い風が吹き荒れています。

11時10分、ワカサギ釣りを断念することを決断。(´・ω・`)ガッカリ…

 

湖を南に眺めます。

20190126梅田湖07

湖を北に眺めます。

20190126梅田湖08

船着き場に戻ろうと北にボートを漕ぐのですが、西の方に流されてしまいます。

片付けをしないままの状態で、なんとか船着き場に到着。

 

今の時期は特に風の強い日が多いのは承知していましたけどね。

もうただただ残念です。

釣果は41匹。

20190126梅田湖11(41匹の釣果)

今の湖は雨不足。

20190126梅田湖09

前のシーズンは台風による大雨で、この辺まで水中だったんですよ。

20190126梅田湖10

湖の湖畔にロウバイが植えられています。

20190126梅田湖12(ロウバイ01)

綺麗ですね。

20190126梅田湖13(ロウバイ02)

 

久しぶりのボート漕ぎであり、またけっこう漕いだこと。

またワカサギ釣りは両足を踏ん張ることが多いです。

そのため両腕と両足が疲れてしまいました。

 

この場は正午に後にしました。

そして、車に乗って10分くらいたってから、両目が痛くなってきました。

昨年の今頃にもありましたけど、花粉によるものでしょう。

30分くらい痛みが続きましたね。

そのまま管釣りに行きました。そのことは別の日記にて。

 

追記

朝方の釣り中に、右側の穂先が凍りましたね。

ラインを取り込みにくくなりましたし、また付いている金具が

穂先のガイドを通過できず、軟らかい穂先を何度もぐにゃぐにゃとしてしましました。

帰宅して気づきましたが、穂先の先っぽが折れてしまっていました。

買ったばかりの軟らかくてアタリのよく出る穂先でしたのに。(´・ω・`)ガッカリ…

今日は・・・仕事は続き

  • 2019.01.25 Friday
  • 23:59

仕事は多いまま。

仕事場の状況は少々変わってきたものの、私の負担度は大して変わりません。

変わったのは、私の下に伝票処理の部下(新人)がついたことと、

私の仕事にサブで事務処理をする人をつけてもらったこと。

課長に相談して、状況を変えてもらおうとしたのですけど、

仕事を教え、また覚える方もすぐにはできない、ということで、

見直した効果が微妙な状況です。

 

自分がやろうとしなければ開かない扉がまだ残っているのですけど、

この2人をできるだけ活かしながら、自身が勇気をもって取り組むことで、

今の状況を打破したいところです。

 

休日出勤は自分との相談の余地がわずかに出てきましたけど、

仕事を進めるのには人手と時間が不足しています。

私の異動希望の願いが叶えば、今の部署はあと2ヶ月弱。

なんとか耐えたいです。

今日は・・・どんな時でも前向きに

  • 2019.01.13 Sunday
  • 23:01

またも、日記書くのを棚上げにしてしまっています><;

1月7日〜12日、書いていません。

このブログでは、過去に日にちを遡って書くことも可能なのですけど、

私にはその気力がありません。

 

年が明けたばかりですが、私の状況は何も変わりません。

会社には自己申告書を提出しています。

今の状況での不満と、異動希望を、根詰めて書いて出しました。

上には話が伝わっているようで、どうも態度が変わっていることをなんとなく感じます。

でも私が仕事をしないといけない状況には何の変りも無し。

せめて新人事となる4月にならなければ、何も変わりませんし。

だから、せめて異動できるように、私は我慢して仕事を続けています。

異動したいからって、今の仕事をおろそかにしてしまったのならば、

まずは周囲が黙っておらず、結局は自分の首を絞めますので。

精一杯仕事して異動させてもらおう、今はの気持ち一心で仕事をしている状態です。

 

こんな気持ちで仕事を3月いっぱいまで続けるなんてイヤですけどねぇ;;

楽しい仕事を前向きにやりたいのと、しっかり休めることが望み。

お給料、安すぎては困りますけど、こちらの望みは二の次ですよ。

 

残業して、休みにも仕事に行って、精神的におかしくなっても不思議はありませんよね。

でも、あきらめずに、やりますよ。

自分の現状に負けず、必ず打破して、そして異動を決めたい。

だから私は前向きにやろうと思うんです。

 

明日午後、管釣りに行きたかったんですけど、行けそうにありません。

今日は・・・休日らしく 半日だけでもエリアトラウト

  • 2019.01.06 Sunday
  • 23:17

今日は晴れ。

昨日までのの仕事疲れで、朝10時まで寝てました。

自分の仕事がある程度メドついた状態になりましたので、

今日は仕事に行かないことに決めていました。

とはいっても、自分の仕事を少し見直すかもしれなくて、

仕事の資料を持ち帰っていました。

でも見るのはやめまして、午後に管釣りに向かうことにしました。

 

向かったのは、近所の山中の釣り場。

20190106フィッシングリゾート上永野02-1

足元辺りに魚がいっぱい!!

20190106フィッシングリゾート上永野01

ここは放流が多いんですよね。

ここの方に話を聞きましたところ、年末は持ち帰る人が多かったのですけど、

年始(2日以降)は持ち帰る人が少なく、魚が多くなっているのだとか。

20190106フィッシングリゾート上永野01-3

他の管釣り場をいくつか回って釣りをした今では、

いかにこの釣り場が放流豊かで良い釣り場であるかということがわかります。

管釣りを始めたばかりの頃〜約1年くらいは、

この釣り場でも半日で2・3匹くらいがやっと、という状態でしたが。><;

今はいくらか釣れる自信があります。

こんだけいれば十分すぎますよ。今日は半日でも10匹目標で頑張ろう!!

水がクリアです。水辺と魚達を見ながらのサイトフィッシングができそうです。

 

武器(ルアーの手持ち)がかなり揃っています。

安価なスプーンだけでなく、クランク、ミノ―、スピナー、いんちき釣れるルアーなどなど、

色々な種類の手持ちがある状態です。

特にクランクはできるだけ揃えるように心掛けていました。

そして、最近はクランクから始めることが多くなりました。

今日もクランクベイトからスタートです。

その1投目でGET!! v(´∀`*v)ピース イェイ 13時10分、1匹目。

20190106フィッシングリゾート上永野03(1匹目)-1

ルアー。ディスプラウトのピコチャタクラDR-F。茶器オレンジ。

20190106フィッシングリゾート上永野03(1匹目)-2

ピコチャタクラ

https://daysprout-fishing.jp/page2/pico_chattecra/

お目目が下を向いてしまっていますが、放すとロケットダッシュで

沖に向かって泳いでいきましたよ。

 

スタートが決まりましたが、その後が続きません。

ルアーで魚を引っかけました。スレがかりといいますね;; 13時30分、2匹目。

20190106フィッシングリゾート上永野04(2匹目 スレ)-1

ほら、背びれですよ。小さいスプーンが引っかかってます。

20190106フィッシングリゾート上永野04(2匹目 スレ)-2

ルアー。スプーン。ヴァルケイン、マークシグマ。赤黒。

このスプーンで釣ったのは初、でもスレ><;

 

13時40分、さあ放流タイム、お祭りか。

20190106フィッシングリゾート上永野05(放流)場所が北にずれた

放流タイム、今回指名したのは、スプーン、丸湖、2g、オレンジ(表裏ともに)。

ですが計算違いが発生していました。

トラック、私の右隣に来るものと思っていたら、北にずれた位置で放流。

そこに放流されてますと、他人目がけてキャストしなければなりませんが、

当然そんなことはできません。

泳いでくると期待する、ポンドのシャローエリアの中央にキャストするしか手はありません。

そんな状況で釣ったのは1匹のみ。それもスレ。13時43分、3匹目。

20190106フィッシングリゾート上永野06(3匹目 スレ)

放流タイムなのにスレっていう。それも釣ったのはこれだけっていう。

他の人達がお祭りになっていなかったのが救い?

私の側で放流してくれたらよかったのに。そうしたら私だけでもお祭りだったはずなのに。

放流タイムを活かしきれませんでした。残念;;

 

狭い私の右隣にルアーのオジサマが入ってきました。><;

その右のオジサマ(こちらはフライ)とおしゃべりしながら釣りをしていました。

入ったばかりで魚をバッカバカとかけています(始めは外れることが多かったが)。

いったい何のルアーで釣っているの? 見るとなんとミノ―。黄茶のヤマメカラー。

「投げたら沈ませるといいんだよ。」と言いながら釣っていました。

ふむふむ、私はミノ―であまり釣ったことがありませんから、参考になりそうです。

沈める理由は、今は冬であり、多くの魚達が中層から下にいるからですね。

クランクからスプーンに替え、そのスプーンをいくつも替えながら釣りをしていた私ですが、

そこでミノ―を試してみることに。

どれ、キャストしたら、オジサマの釣る様を見て真似て、

ロッドのティップを傾けてミノ―を沈めて、トゥイッチを入れながら引いてみました。

(´ε`;)ウーン… 釣れない。同じようにうまくいかないなぁ。

あきらめず、ミノ―をオレンジ入りカラーの物に変更。

これでもダメか・・・岸辺まで引いて・・・あっ魚が近づいて、食いついた!!

14時8分、4匹目。

20190106フィッシングリゾート上永野07(4匹目)

隣にオジサマがいるうちに実現できてよかったです。

 

ミノ―からまたもスプーンに替え、色々なスプーンを試しますが、釣れません。

最初から、スプーンでは難しいかも、と自分で思っていましたが;;

スプーンでは釣れないのか。こういう時は私のお気に入りスプーンを投入します。

フォレストMIUのポイズン。不発。アタリまったく無し。

じゃこれだ。スミス、ジル、赤金。沈められるように1.8gを選択。

このスプーンは神通力があるんですよね。

なんと1投目で釣れてしまいました。ほらちゃんと口ですよ。14時36分、5匹目。

20190106フィッシングリゾート上永野08(5匹目)

スプーン。スミス、ジル、赤金。

http://www.smith.jp/product/trout/zil/zil.html

赤金は「03.GR」ですね。

1.4gと1.8g、どちらにも神通力がありまして、

釣れないであろうと思う時に使うと、だいたい釣れてくれます。

魚を引っ張って釣らせてしまう的な感じ?

無理やり釣果をあげてしまう、これはもう神通力でしょう!!

・・・まぁ連発とかはできないんですけどね。

 

さっきのオジサマの話がきっかけで、ミノ―で1匹釣った私ですが、

ミノ―で釣る術をこの機会にマスターしておこうと思い、またもミノ―で釣り始めました。

いくつか投げ、そして小型ヤマメのミノ―にしたところ、釣れました。

15時5分、6匹目。

20190106フィッシングリゾート上永野11(6匹目)

あっ、さっきのオジサマと同じようなルアーで釣ったんですねぇ。

これで、ミノ―の使い方に少し自信が持てましたね。

 

魚はわんさかいるんですけど、この釣り場は午後3時以降はなぜか釣れなく

(釣りにくく)なります。

私だけかもしれませんが。

私の左隣、浅くなっているんですけど、スレているであろう魚が多くいます。

20190106フィッシングリゾート上永野09

この魚達を釣れるようになりますと、スレマス攻略に少しでも自信が持てるかも。

20190106フィッシングリゾート上永野10

スプーンをいくつも試したんですけど、効いたのはジル様の一撃のみ。

他のスプーンでは食い付こうとすらしていないようでした。

クランクでも試していましたが、魚がいくらか口を使うも釣れそこなっていました。

こういう時には、くねくね動く、いわゆるニョロ系のクランクを使います。

私の手持ちは、オフィスユーカリの「うにょ」と、Viva(ビバ)の「へのじファイター」。

特に、へのじファイターに関しては、2010年のシロモノ。

売れ残りをいくつか買っておいて、最近は特に良く使っています。

「うにょ」は不発。

へのじファイターですが、普通に引きますと表層あたりを泳ぎます。

でもさっきのオジサマの言葉が、私のルアー引きに

バリエーションをもたらしてくれていました。

沈まない、沈みにくい、そういうルアー(クランク)でも、

ロッドのティップを下げれば、幾分沈めることができる。

先程のミノ―沈めと同じです。

ピンクのへのじファイターを沈めてニョロニョロさせました。

・・・来た。魚が口を使ったところでフッキング。16時5分、7匹目。

20190106フィッシングリゾート上永野12(7匹目)

へのじファイター。

http://www.vivanet.co.jp/h_viva/h_henoji.html

これまでの経験から、このポンドはピンク色は相性が良くないかなと思っていましたけどね。

試したら釣れましたね。固定概念を持ち過ぎるのはよくありませんね。

 

そうだ、今度はティモンのクランクベイトで釣ってみよう。

行きつけの上〇屋のH氏お勧めのパニクラMR、オリーブ系。

どの釣り場でも釣れてくれている、頼れるクランク。

・・・やった、来た。16時11分、8匹目。

20190106フィッシングリゾート上永野13(8匹目)-1

クランクベイト。ティモン、パニクラMR。

http://www.jackall.co.jp/timon/products/lure/crank/panicra-mrdr/

このHPに、私の使用している色が見当たりませんね。

このポンドは、私の経験上、オレンジなど、どちらかというと目立つ色、

それも原色系のもので釣れる、という印象なんですよね。

でも、このクランクは別格か。釣れてしまうんですよ。

さすが、私がルアー釣り初めの時、H氏が薦めてくれただけのことはあります。

頼れるクランクですね!!

 

そして、だんだん寒く、そして暗くなってきました。

夏や秋は、魚達の活性が上がり、釣れやすかったはずなのに、

冬ですとどうも釣れない印象なんですよね。

魚達は、下に沈んでいるのか?

でも、近くを見渡すと、魚達がだんだん少なくなっているように見えました。

暗くなり、別の場所であるお家?に帰ってしまったのか?

このポンドのねぐら、きっとポンドの中央部?

そこに向けて大きなスプーンを投げたかったのですけど、

今日は先客がいて入れませんでした。

場所替えはできず、最後まで同じ場所で釣り続けました。

アタリは出ず。そして寒くなり暗くなり、ジ・エンド。

スレを入れて、8匹の釣果でした。

※大きめのアルビノを引っかけて釣れそうになりましたが、外されました。

※大きめの魚(ニジマスかブラウントラウトか)を引っかけて、

 岸辺まで引いてきまして、2度ネットインさせようとしたところ大きくて入らない。

 リールのドラグを強くし過ぎて、ラインブレイク。ルアーごとバラシてしまいました。

上記の2匹を釣り上げたかったですねぇ。釣れば10匹で目標クリアでしたのに。

まぁ、口を使わせて食わせているべきなんですけどね。

 

今年最初、思い立って向かいましたけど、けっこう楽しんで釣りができて良かったです。

ミノ―の使い方などで収穫もありましたしね。

仕事で忙しく、そう何度も釣りに行けないでしょうけど、

これからも、前向きに、仕事を頑張り、釣りに行けるようにしていきたいと思います。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

早苗さんのお告げ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド
ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド (JUGEMレビュー »)

私はハピソンの深さ表示タイプの電動リールで、ワカサギ釣りを始めました。スティック形状で使いやすい。また比較的リーズナブル。初級〜中級向けかな。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM