【レポート日記】天候選べても 釣果はついて来ず

  • 2018.07.08 Sunday
  • 21:20

7月7日(土)、管理釣り場に、トラウトルアーフィッシングに行ってきました。

詳しく書いておきたいので、長くなります。

 

自宅より比較的近所、山奥にあるこじんまりとした釣り場へ。

この週ですが、前半は晴れて暑い日が続いていましたが、

木金で天気が崩れて涼しくなりました。

土日、7日(土)は雨のち曇り、8日(日)は曇りというのが、

7月5・6日でチェックした天気予報。

行くなら、多少雨降りでも7日土曜日。

選択、日にち的に正解でした。

(案の定、8日日曜日は、一日晴れて暑くなってしまってました。)

 

準備していたこと。

なんとリールを新調致しました。(o^ー゚)/'‘*:;,。・★オメデトー☆・:.,;*

買ったのは、シマノ・ストラディック、C2000HGS

http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/4350

念願のハイギアです。

自転車のギアを思い浮かべてもらうとわかると思います。

低いギアでは、こぐのは軽いですけど、あまり進みません。

高いギアでは、こぐのは重いですけど、進む距離は伸びます。

ローギアとの比較ですけど、ハイギアですと、

泳がせているルアーの周辺を感じ取ることができるようなのです。

慣れるのには時間がかかりましたが、午後にはそれなりに釣りの形に

なってきたのではないかと思います。

「感じる」ことについては、よくわからないままでしたけど;;

 

前々日、前日と、雨が降りました。

炎天下よりは涼しめですから釣りやすいでしょうけど、水の濁りで釣りにくいかも

ということは覚悟していました。

雨降り後に釣れなかった経験は前に一度しています。

スプーンでアタリをほとんど取れなかったんですよね。

 

釣り場には、午前9時半前に到着。

日没前の、午後6時過ぎまで、釣りを続けました。

 

釣り場はこんな感じ。

南北に長方形。私は主に、東側、2つの流れ込みの間、真ん中で釣りをします。

20180707上永野ルアーフライフィールド06-1

流れ込みですが、時間調整で、水を流す時間帯が決まっているようです。

流れ込みのある時間帯は、流れ込みのある周辺に魚が集まるようですので、

両方を互い違いに攻めていくことが多くなります。

流れ込みがあると、ポンド中央はこんな感じに。

20180707上永野ルアーフライフィールド06-2

北西、ボートのある辺りにも、魚は集まっているもよう。

北西の水管からは、少量ながら常時水が流れています。

北の大きな管からは、定時で水が流れ出てきます。

20180707上永野ルアーフライフィールド06-3

何度か通ったので、このポンドの研究もそれなりにできた、かな。

ここは地下水の循環タイプ

もし炎天下の夏だとしても、ポンド内の水はけっこう冷たいと想像。

そしてこの釣り場は、人気が無いので、魚のスレ度がすごく高いわけではない、かも。

私がここを練習場として選んだのには、このような理由があります。

 

午前中は、雨が降ったり止んだりしていましたが、午後は雨が止んで曇りに。

ただし、問題は水の濁り

このポンドは、通常でさえ濁りがあるのに、雨降りでかなり濁った状態に

以前にも同じような経験をしていましたので、覚悟はしていたのですけど、

やはり、釣るにはかなり骨が折れました。

 

スプーンですが、アタリのあったのは1度のみ。

ほぼアタリが出ませんでした。

クランクベイト、ミノ―で、わずかの回数ですがアタリがありました。

正直釣れる雰囲気ではありません。

先客のお兄さんですが、私が見る限りでは1匹しか釣っていません。

こりゃ今日はもう大変だ。

釣るには手段を選べません。

ずるいルアーを使いこなさなくては釣果に恵まれないでしょう。

 

10時53分、1匹目。

流れ込みある時間帯に、流れ込みでGET。

20180707上永野ルアーフライフィールド01-1

流れ込みのある時間帯に、赤セニョールトルネードで釣り上げました。

ぐるぐる巻きにしているのですが、

魚がかなり頑張って、こんなに伸び切ってしまいました。

20180707上永野ルアーフライフィールド01-2

これでボウズ逃れ。( ´Д`)=3 フゥ

釣れてくれてありがとう。

 

11時34分、2匹目。

流れ込みある時間帯に、流れ込みでGET。

20180707上永野ルアーフライフィールド02

これまた、流れ込みのある時間帯に、ぐるぐるXのピンクで釣り上げました。

釣れてくれてありがとう。

 

これからしばらくの間、釣れない時間帯が続きます。

 

このポンド奥に山里があることを最近知りまして、

前の週にはそこにお蕎麦を食べに行きました。

とても美味しかったので、今回も向かったのですけど、なんと休み><;

個人的にけっこうショックでした。

 

水の流れ込みのある時間帯をチェック。

前回と変わっていない模様。

9時33分〜58分。25分間。

10時11時12時13時同じ。

ここからは未知の時間帯。

14時33分ではなくて15時3分、だったかな。

16時18分より35分間だったかな?

17時18分より35分間だったかな?

夕方はもう釣ろう釣ろうの意識ばかりで、

他の事はほとんど考えていませんでしたね。

 

そして、水の流れ込みのある時間帯を押さえたところで、

釣果が上がるとは限らず

 

そもそも水の濁りがキツ過ぎました。

スプーンでは釣りにならず。見切りもあったかもしれませんけど。

他のルアーでもアタリはなかなか出ませんでした。

数少ないアタリをモノにしなければならないのに、

バイトのみ含めてもバラシが5回くらい?ありました。

ピンクのミノ―でアタッたものの掛けられず。

柳状オレ金スプーンでアタリが出たものの、その後は紛失。

ボトム狙いでクロボール金色を使うも、アタリなく、そしてこれまた紛失。

スプーンで魚の尾っぽを引っかけて寄せるもバラシ

(スレ掛かりを釣り上げるのは難しい)。

ずるい系ルアーでハリ掛かりさせて寄せるもバラシ。

他にアタリを数回確認するも、ハリ掛かりまでには至らず。

 

ハイギアにして、ルアー周りが感じられるようになったかと言うと、

そんなことは無いと思いました。

不慣れの部分は間違いなくあるでしょう。

スプーンの引き方も、これまでのローギアとは変わってきますし、

スプーンを思うように引けなかったと思います。

スプーン、あきらめないでずっと挑戦していましたけど、

結局はあまり遅く引かないようにと思って、引いてました。

引くのが遅いと魚に見切られると思いますから。

ハイギアに買い替えたメリット、今回はほぼ無し。

巻き取りが速くなったくらい。引くのは少し重い。

今後使い続けて、本来のメリットを感じ取ることができるのかどうか、

未知数です。

 

午後、一度場所替えを敢行。北側へ。

ボート前に魚が集まっていると思ったからです。

ワシタカ系の鳥が飛んできまして、ポンド周囲を見回すように

上空を一度回転して飛び、それからボート上に降りました。

20180707上永野ルアーフライフィールド03-1

写真撮ってないで早く釣れ、早苗っち。

20180707上永野ルアーフライフィールド03-2

チョウゲンボウ? それともアナタは何者?

わしか、わしはワシじゃ。(*≧m≦*)プッ

20180707上永野ルアーフライフィールド03-5

ここでずっと羽ずくろい。

私が近くにルアーを投げても、気にせずそのままいました。

そしてボート内に入り込んでしまいました。座って休憩?

それから、私が藪にルアーを引っかけて近寄ったところで、

「なんで来るんだよ」という感じで見られて、それから飛び去ってしまいました。

そして、そのルアー、柳状オレ金スプーンは、水際であり取れず。

結局、引っ張って、ラインの結び目がほどけて、ここでルアーロスト。

 

15時前、先客のお兄さんが釣り場を後にしました。

残ったのは私一人のみ。

これは、願っても無いことなのですけど、でも私が釣っている周辺に

魚がいなくなるような風に感じられまして、逆に魚が釣れにくいような

雰囲気になったかな、とも思いました。

でも、これで人がいなくなった。気合入れて、あと3匹、

いやあと7匹釣ってやろう、と思いました。

 

気合入れてから、15時8分、やっとこれで3匹目。

流れ込みある時間帯に、流れ込みでGET。

20180707上永野ルアーフライフィールド04

私のお決まりパターン、Xスティック赤。

釣れるまで長かった!! もう釣れないかと思ってました。

水の流れ込みのある時間帯で釣果を上げようと必死です。

 

流れ込みの無い時間帯はどうすべきか? そこも必死に考えます。

地下水系ですし、やはり中層より底に、魚はいるのでしょう。

まぁ時々ライズはできますけど、湖面は静かなことの方が多いですし。

そして、トラウトの連中はスプーンを食いつかない

午後はクランクベイトやミノ―を多用。

そして、16時3分、ようやく4匹目。

今度は流れ込みの無い時間帯でGET。

20180707上永野ルアーフライフィールド05

クランクベイト、チャタクラDR−SS。上オリーブ茶系、下クリア。

前回もこのルアーで釣れました。その時は底で釣れました。

今回は投げてから早めに魚が食いつきました。

あっ食ったかな、食った食った、そんな感じで釣れました。

中層あたりで掛かったのかな。

 

16時18分?より、またも水の流れ込み時間帯。

もしかしてこれが最後のチャンス?

釣るための方法を必死に考えます。

ほとんど使ったことのない、小型上げ下げ系ルアーをチョイス。

濃い橙とピンクの、てんとう虫みたいなルアー。

EXA(エグザ)だっけ?

流れ込みにおそるおそる落とし込んでみたところ、

瞬間的に魚が食いつきました。(゚д゚)!!

これを釣り上げないと5匹いかない。釣り上げに失敗はできません。

16時33分、釣り上げました。これで5匹目。

20180707上永野ルアーフライフィールド07-1

小型ルアー過ぎて、魚がのどあたりに飲み込んだところを掛けたので、

ルアーが口内に。

20180707上永野ルアーフライフィールド07-2

結局、ラインがほどけてしまい、ルアーがのどあたりに残ることに。

取ることができず。泣く泣くそのままリリースすることに。

バーブレスフックなので外れてほしいとは思いますが、無理かも。

死んでしまうかもしれません。

小さいルアーを使って、早速やらかしました。

口元にハリ掛かりさせられるならば使っても良いかもしれませんけど、

それが無理ならば使う資格は無いでしょう。

ニジマスさんごめんなさい。

 

そして日没近くまで。奮闘?するも、その後は釣れることなく終了。

管理人がラジオをかけます。

20180707上永野ルアーフライフィールド08-1-2

前回しゃべった?シダ群生の、ポンド側です。

ウーファーではなくて、ラジオが置いてあるんです。

20180707上永野ルアーフライフィールド08-2-2

 

釣りやすい天候を選べてしめしめと思っていたのですけど、

釣果は上がりませんでした。

水の濁りがキツ過ぎたのが一番の原因と思いますが、

やはり放流がほぼ?無くて、魚がかなりスレてしまっていることもあるでしょう。

正攻法ばかりでなく、ずるいルアーを使わないと釣れないとか、

厳しいことになってしまいました。

このポンドに通ってみて、状況はかなりわかってきたのですが・・・・・・。

5匹釣れたのは、今の自分にとっては収穫だったかもしれませんが。

 

このポンド、人が少ないのと、年中やっていることで、

私の練習場として、かっこうの場所であるかなとは思います。

 

今後、釣るのが難しくなるかもでしょうけど、

また向かって練習したいと思います。

釣りに行かない間は、釣るための勉強をしておきたい。

積んだ経験値がいつか釣果につながることを信じて、

これからも楽しく修業していこう。

コメント
毎回思うんですが・・・
早苗っちは凄いわ!(^_^)
釣りへの思いももちろんだけど
釣りしながら写真撮るって・・・
私なんかそれをやろうとするとどっちつかずになりそうで。(;^_^A

調理しながら写真撮れんもん。(;^_^A
  • masa
  • 2018/07/09 1:10 AM
鳥さん おさかなおすそ分けもらう気だったんじゃ・・・?
> masaさん(Mr.お地蔵様)
ブログネタのために写真撮りは欠かせません。
前に買ったアクションデジカメを使ってないので、
少しでも使うようにしたいところ。
調理系は、撮れる場面はかなりあると思いますけどね^^
もし機会があれば紹介してもらえると嬉しいです♪
  • K.早苗
  • 2018/07/10 6:12 AM
> かっぱちゃん
そうだ、気づかなかった。(*≧m≦*)プッ
私の釣った魚を含めた、おこぼれ狙いだったか;;
でも残念だけど魚はリリース。
悪いけど鳥さんには他の魚を狙ってもらうしか。
  • K.早苗
  • 2018/07/10 6:14 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

早苗さんのお告げ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド
ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド (JUGEMレビュー »)

私はハピソンの深さ表示タイプの電動リールで、ワカサギ釣りを始めました。スティック形状で使いやすい。また比較的リーズナブル。初級〜中級向けかな。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM