【レポート日記】難しいルアー選び まだまだ力不足

  • 2018.10.08 Monday
  • 23:04

10月8日(月)、エリアトラウトルアーフィッシングに行ってきました。

天気は曇り。

向かったのは、山奥の釣り場。

午前9時半過ぎ〜午後5時まで、やってきました。

 

ここは4つのポンドがあります。

私はここでは主に2号池で釣りをします。

ポンド西、やや北側より撮影。

20181008発光路の森01

南側には山がありますよ。

20181008発光路の森03

水はやや濁り気味。最近は雨がよく降りますから。

ポンド北東はこんな感じ。右側にはインレット(水の注入口)があります。

20181008発光路の森05

今の季節ですから、落ち葉が浮いています。

20181008発光路の森06

釣り方としては、舞い降りる落ち葉に食いつくような「落ち葉パターン」

での釣り方もあるのでしょうか。

イエロー〜ブラウンあたりのスプーンで釣りやすいと良いのですが。

でも残念ながらそういうことはありませんでした。

 

午前中。第二ポンドはプレッシャーの嵐状態のようでした。

アタリがあったのは、黒スプーン、2.5gロールスイマーのみ。

黒スプーン、2.5gロールスイマー。

http://fishing.shimano.co.jp/product/lure/1346

ロールスイマーは、やや肉厚系のスプーン。

私はフォレストMIUと同じくらい使いやすいかなと思っています。が少し割高。

黒スプーンを揃えようと買っておいたものの1つ。これが今日は功を奏すのですが。

 

ポンド北西にインレットがあります。

20181008発光路の森02

上流には1号池があります。

1号池ではあまり釣ったことがありません。この日は行きませんでした。

やるといつもプレッシャーが高いのか、めったに釣れないので><;

上流からの流れ込み辺りに、スレマス達が集まっています。

この辺りにルアーを投げ込めば釣れるかな、と思いがちですが、

相手はスレマス、ほぼ釣れることはありません。

周囲の人達はどうもそれをわかっているようでして、

ここに投げ込む人はあまりいませんでした。

午前中、私はここに、いろいろなルアーを投げてみました。

スプーンだめ、クランクもダメ・・・かなぁ・・・と思っていましたが、

ダメ元で投げてみたクランクベイトで、1匹釣れてしまいました。

写真を撮ろうとデジカメをゴソゴソしているうちに、

ニジマスはネットから跳ねて逃げてしまいました。

釣ったルアーはこれ。ディスプラウト、イーグルプレーヤー。

https://daysprout-fishing.jp/page2/eagleplayer/

G2、亀仙流残像拳という商品です。

画像に6個ありますが、左側真ん中のが、私が持っていて使ったものです。

G2とは、ガラス玉2個という意味のようでして、

プラスチックのルアーの中に入っております。

これがガラガラと音をたてて、トラウト達を刺激するようです。

今まで何度も使ったのに1匹も釣れず、ダメ元で投げたんですが、

どうも見慣れない?ルアーだったのか、騙されて掛かってしまった模様。

(そこは、もしかして通用するかも、とは思っていましたが。)

ちなみに、イーグルプレイヤーとは、高田選手という意味。

ディスプラウトのマグナム高田が名づけたようです。

 

午前中はこの1匹のみ。

正午くらいから、大物のいる3号池へ。

何人もの人が挑戦していまして、お昼時の人が少ない時間帯でないと、

挑戦できないような状態でした。

が、何を投げても、アタリはありませんでした。

私の横で1人、釣った人がいました。クランクベイトで釣ったようでした。

 

午後1時、再び2号池へ。南東の場所。

私が何度かやっているポジションです。

20181008発光路の森11-1

白い石が出っ張っていて、けっこう釣りやすい場所です。

20181008発光路の森11-2

石の手前に小型パイプイスを設置。そこに座ってルアー交換をします。

 

午前中にアタリのあったスプーンで第1投。なんとあっけなく釣れてしまいました。

2匹目。

20181008発光路の森07(2匹目)

 

魚達は、一時は浮かんでライズを作っていましたが、だんだん落ち着いてきました。

池を見てまして、沈んでいる魚が多いと思いましたので、

スプーンは投げて底まで着いてから、巻き上げるような感じで釣りを続けました。

2号池は、壺のような感じのポンドなんです。

4・5mくらいの深さがあるようです。

なので、スプーン(2〜3gくらい)は7秒くらいで着底します。

その前に引くようにすると、表層〜中層を引くことになります。

この日は、底からの巻き上げの感じで、何匹か釣ることに。

 

スプーン、スミスのジル1.8g、赤金へ。

1.4gか1.8gの赤金、どちらも理屈ではなく、釣り上げてしまうという、

私の「釣れてくれるスプーン」です。

3投目くらいで、釣りました。3匹目。

20181008発光路の森08(3匹目)

背びれに注目してください。

よく靴下などについているプラスチックと、白い布きれが付いています。

これは残酷。すぐに取ってあげました。

ニジマス出荷時に、付けていたものなのでしょうか?

こんなの初めて見ました。

ここの釣り場に訊けば良かったのですが、忘れてしまいました。

後で誰かに訊いてみたいと思います。

 

ちなみに、この後、他の赤金スプーンでは、まったくアタリませんでした。

私としましては、ジル様のパワーありきというところでしょうか。

 

4匹目。

20181008発光路の森09(4匹目)

スプーン、フォレストMIU2.8gの青で釣りました。

青でもアタることを確認し、何度か投げて掛けました。

午後1〜2時の間で、3匹釣れました。

 

この日は、まぐれの1匹目のほかは、単なる巻き合わせでなく、

自らフッキングさせながら釣っていきました。

リールは軽く、アタリがライン・ロッド・リール・手へと伝わってきます。

そこで、手首を返す、あるいは腕を引く、ような感じにしますと、

巻き合わせよりも確実にフッキングさせられるようです。

フッキングを少し覚え始めたような感じ、かも。

 

午後2時30分過ぎ、5匹目。

20181008発光路の森10(5匹目)

ヒットルアーは、スプーン、ロデオクラフト、キューム3.3g、ブラック。

http://kitiya.jp/?pid=27059260

つや無し、いわゆるマットブラックというやつです。

 

この後、釣り場の方がペレットやりをする時に、私はペレットルアーを投げて、

ペレットを上げるところのどさくさに紛れて魚をヒットさせたのですが、

岸に寄せて上げる時に魚が外れてしまいました。あ〜あ><;

 

また、水がやや濁り気味のところで、ブラックもしくはピンクでアタリが出る

ことを確認していました。

(黄色・青のスプーンでも反応は少しあった。白や金や銀の色が入ったスプーンはダメだった。)

クランク、ずるいルアーと、スプーン以外でもダメでした。

ブラックかピンクで、アタリが何度か出ましたが、釣り上げるまでには至りませんでした。

 

結局、5匹の釣果で終了。

 

反省としましては、自分なりにある程度は試したと思いましたが、

正直まだまだ試し足りなかったのかなというところ。

ルアー選び、魚の釣り上げ。まだまだ力不足。

うまくいけばあと3匹くらいは釣れていたのかなと。

 

まだまだこれから、今後も楽しく頑張ります。

コメント
タグ(?)付きのニジマス・・・確かに痛そうですよね。(;^_^A
初めから付いてたとすると・・・ちょっと残酷で可哀想ですよね。(;^_^A
  • masa
  • 2018/10/14 12:26 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

早苗さんのお告げ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド
ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド (JUGEMレビュー »)

私はハピソンの深さ表示タイプの電動リールで、ワカサギ釣りを始めました。スティック形状で使いやすい。また比較的リーズナブル。初級〜中級向けかな。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM