【レポート日記】脅威 逆ボート漕ぎとスレマス達

  • 2018.10.20 Saturday
  • 23:59

今日は、午前中が晴れときどき曇り、午後は雨、夜は曇り。

 

21日(日)が晴れ予報、気温も上がりそう。

であれば、比較的曇りがちなうちに、釣りをした方がいいのかな。

ということで、本日は予定通り、エリアトラウトルアーフィッシングへ。

平地の大型ポンドの釣り場に向かいました。

 

朝6時からやっています。私は6時過ぎに到着。

熱心なアングラーたちが、各々のお気に入りの場所を占拠しているかのようでした。

二号池。

20181020加賀フィッシングエリア01(二号池)

イケスが2つありますよ。釣るポイントにもなりますかね。

魚が周りにいそうな感じです。

20181020加賀フィッシングエリア02(二号池)

というわけで、先日14日(日)と同じ場所を陣取りました。

イケス周り、右イケスの右横のブイ周り、その間辺り、そして右側と、

ライズが出まくっていました。

20181020加賀フィッシングエリア03(二号池)

これなら今回もいくらか釣れるかな。

と思って臨んだのですが、そうやすやすとは問屋が卸さなかったのです。

 

朝の時間帯。

私の左隣の人は、10匹くらいバンバンと釣ってました。

で、私ですが・・・・・・。

アタリは出るものの、フッキングに至りません。

アタリが出るのは、先日と同じ、黒のスプーンぐらい。

ピンクはあまりアタらなかったかな。

 

黒スプーン、ロデオクラフトのキューム頼みの釣りが続きました。

3.3gを投げたり、時には2.8gを投げたり。

重さが違えば、微妙に引く高さも変わったりすることにも期待したのですけど、

アタリが出なかったり、ようやく出てもフッキングに至らなかったり。

キューム黒3.3g、スプーン横や周りの黒塗装が、早くもハゲがかってきました。

初代をロストしてから買ったばかりなのに。

9月より私の黒スプーンブームが続いているんですよね。

 

朝のうちにせめて1匹は釣っておきたいところ。

困った時、状況を打開する場合は、スプーン、フォレストMIUのポイズンをよく使います。

MIU 第17弾カラー

http://forestjp.com/catalog120.htm

5のポイズン。2.2g、2.8g、3.5gと、重さに関係無く、

管釣りを始めた時から今までの間ずっと、私に釣果をもたらし続けてくれている、

頼れるスプーンなんです。

フック側のピンク、表面の銀、裏面の青という組み合わせ。

私にとって何が良いんでしょうね?

というわけで、7時過ぎ、3.5gポイズンで釣りました。

20181020加賀フィッシングエリア04(1匹目)

とりあえず1匹、朝のうちに釣れて一安心。ε-(´∀`*)ホッ

ポイズン、これで、朝、昼過ぎ、夕方と、さまざまな時間帯でも実績をあげました。

釣れない私を打開してくれる、素晴らしい味方です。

2017年限定ものですので、どの重さでも予備or3つ持っているんですよね。

 

魚の活性は高い。でも釣れません。

ここは放流が多いはずなのに・・・・・・。

ここは魚を何匹も持ち帰れるんです。

ということは、生き残ったマス達はほぼスネ夫いえスレ魚?

スレ魚ばっかりいるのでしょうかね。( ´Д`)=3 フゥ

 

9時前、早くも登場です。前向きボート漕ぎ男。(*≧m≦*)プッ

20181020加賀フィッシングエリア05(放流)01

船首が後方なんですけど。ボートの向きが進行方向と逆です。

このボートは左に進んでいます。

腕を前に伸ばし・・・

20181020加賀フィッシングエリア05(放流)02-2

あっ、こっちは、オールを前から水面に入れて、前から後ろへ漕ぐところですね。

20181020加賀フィッシングエリア05(放流)03-2

前向きにボートを漕いでグイグイと進んでいきます。

腕力が無いと難しい芸当かと。

20181020加賀フィッシングエリア05(放流)04-2

本来ボート漕ぎは、後ろから前に漕ぐものです。

自分の体重移動を利用し、力を効率良く使って漕ぐのです。

ボートの漕ぎ方。参考動画↓

https://www.youtube.com/watch?v=yM9_9qd7nsE

ということで、前向きに漕ぐのは普通はやらないと思うのですよね。

この方以外でも、前向きに漕ぐ方がいました。

この釣り場のスタンダードなのか? (*≧m≦*)プッ

 

私のいる方とは離れた方のイケスから放流しています。

20181020加賀フィッシングエリア05(放流)05-2

一度に10匹くらい網から放している?

8回やったかな? ならば単純に80匹放流しているはず。

その後右側のイケスでも1回だけ放流しました。

 

目立つスプーンに替えキャストします。

2回くらいアタリましたが・・・・・・弱い、フッキングまで至りませんでした。

放流タイムのチャンスを逃してしまい、その後はほぼアタリが無くなってしまいました。

 

この釣り場を探検です。東側にある別ポンドへ。

20181020加賀フィッシングエリア06(三号池)03

三号池ですね。

西、一号池には地下湧水から水が入り、二号池、三号池とつなぎ水を流しています。

20181020加賀フィッシングエリア07(三号池)

ということはこの流れ込みに、魚が多くいるのでは。

20181020加賀フィッシングエリア08(三号池)

小さめの魚達がウジャウジャいます。流れに向かって泳いでいます。

でも人が1人しかいないっていう。釣れないのか?

試してみました。

流れにルアーを入れて引くと、2度アタリましたが、いずれもフッキングできず。

その後はアタリが出ず。><;

どうも、いるのはスレマスばかりのようです;;

人間も、人間のしていることも、そしてルアーも、ほぼ見えていて見切っている。

そんな連中ばかりの場所のようでした。

ポンド中央にはイケスもあるんですけど。放流ちゃんとしてるのかな?

20181020加賀フィッシングエリア09(三号池)

イケス目がけて投げてみますが、アタリは無し。

魚は多くいるように見えましたが、やはりスレマスばかりなのか?

 

三号池から二号池に戻ると、私の左隣の方が話しかけてきました。

「釣れました?」「いえ。最初だけアタリはあったんですけど・・・;;」

はぁぁ、釣れていれば少しは格好がついたものを><;

私も訊いてみます。「朝のうちは10匹くらいバンバン釣ってましたものね。」

「パターンですよね。」

おお〜、横目で見ていて、スプーンは色々な色のものを使っていたり、

またクランクも使ったりしていて、常に工夫されていましたものね。

朝方はパターンを見つけて、彼なりに釣られていたということなのでしょうね。

そういうの、私も勉強していかなくては!! ( ̄ー ̄)bグッ!

 

音楽を聴いて気合いを入れ直しました。

10時半過ぎ、釣るのに必死です。

頼りの黒スプーン、ロデオクラフトのキューム3.3gを、右寄りに投げました。

ようやくアタリが。反射的に右腕を後ろに引いてアワセました。

ようやく2匹目GETです。( ´Д`)=3 フゥ

20181020加賀フィッシングエリア10(2匹目)

 

話しかけてきたのは彼だけではありませんでした。

私の後ろから、ミィ〜・・・という鳴き声が。

20181020加賀フィッシングエリア11

この釣り場の主? (*≧m≦*)プッ

近寄ると逃げます。

持っていたセブンのサーモンサンド(パン)の、パンの部分を投げてあげました。

一目散に食べていきました。

私をしばらく見ていた後、後ろの藪に入り、そこでそのまま寝ていました。

「日光が暑いのよね。」メスかどうかはわかりませんでしたが。

なんとなく私のイメージです。

 

でも残念ながら釣りの神ではなかったか?

その後はアタリがほとんどなく、ライズがあり魚達の活性は高めであるものの、

ルアーを食ってくれません。

暑くなり、浮き上がる魚達が多くなりました。

周囲では、ぽつぽつと釣っている人もけっこういましたが、私は釣れない><;

 

午後に入り、午後の放流を待って、放流直後に、

前回と同じように放流ポイントにルアーを投げ込んでみました。

が、なんと、まったくアタリませんでした;;

その後も、魚こそ増えたものの、アタリは無し。どうなってるのか?

 

勝手に想像。放された魚達はみんなスレ魚だ!! (*≧m≦*)プッ

実は、そんな毎度毎度フレッシュな魚を放流しているとは限らなくて;;

自分のところの魚達を一度イケスに入れて、またポンドに戻しているのか?

あるいは、他の釣り場から引き受けた魚達を放流しているのか?

といったことを想像させるくらい、放流しているのを見ても釣れないという状況でした。

本当は、実際どうなのでしょうね?

放流しているのに釣れない。不可解です。

 

仕事に行かなければなりません。午後2時で切り上げよう。

と思っていたら、午後1時半過ぎに、雨が降って来ました。

もうやめよう。雨を避けるように釣り場を後にしました。

引き際も大切だ。また次の機会に向けて頑張ることにしましょう。

せっかく釣れると思っていた、平地の大型ポンドの釣り場。

広くて場所取りにあまり悩まさそうなのに。私のホームにしようかと思っていたのに。

放流も多くしているのに。でも残念ながら甘い世界ではなかった。

 

事務所に向かい、午後4時〜8時半まで、仕事をしました。

釣りをした後は疲れています。気を抜くと寝そうになります。

でも、仕事を進めたい気持ちと、悔しさもあって、気合い入れて仕事できました。

せっかく朝一(くらい)で行ったのに。2匹なんて寂しいなぁ。(´Д⊂グスン

もやもやします。明日、また管釣りに行けないかなぁ。

コメント
前向きボート漕ぎ男さん・・・( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
いゃぁ〜想像と違いました。
想像では逆に座って船首方向に進んでるものかと・・・
これは想定外の漕ぎ方ですよね。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

間違えてるわけではなさそうなので・・・
船尾方向へ進むメリットはなんなんでしょうね?
位置の微調整が効きやすいからなのか・・・(;^_^A
  • masa
  • 2018/10/21 11:34 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

早苗さんのお告げ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド
ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド (JUGEMレビュー »)

私はハピソンの深さ表示タイプの電動リールで、ワカサギ釣りを始めました。スティック形状で使いやすい。また比較的リーズナブル。初級〜中級向けかな。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM