今日は・・・エリアトラウト 寒い時期に入り

  • 2018.12.08 Saturday
  • 23:59

今日、私の住処は曇り、山奥の釣り場は晴れ時々曇り。

 

仕事をし続けるべきではあるのですけど、2日の週は月次の仕事がありまして、

そこも新人に教えながらの作業となり、ストレスが溜まりまして・・・・・・;;

今日は、地元の農協祭りの懸賞品交換がありましたので、

仕事は早朝〜9時過ぎで切り上げ、その後地元の農協祭りの会場である運動公園へ。

懸賞品は、メイン検証が最低5等のティッシュ、他の懸賞では2等品の乾麺セットでした。

ちなみに昨年の「その他の懸賞」は1等品の電気ストーブ。

さすがに連チャンとはいかず。(*≧m≦*)プッ

そして、午後イチから夕方まで、エリアトラウトルアーフィッシングをすることに。

 

向かったのは山奥の釣り場。2号池に入りました。

人は思ったより少なめ。

20181208発光路の森01

ここ2号池ですが、深さ5mある壺状のポンド。

最近は雨が少ないからか水質はクリア。

比較的濁りがあるからピンク系が強かったんですけど、この状況ですとピンクは難しいか。

実際、ピンクではアタリがまったくありませんでした。

 

ここの戦略ですが、魚は表層近く〜中層にいますので、

引くと浮き上がりがちのスプーンは着底してからの巻き上げが基本、

クランクは普通にゆっくりめに引くのがポイントかなと。

 

最初のキャストはスプーン、MIUポイズン2.8g。青銀一部ピンクというカラー。

私が釣れない時のオタスケアイテム。スプーン裏が青色ということで、

青系の様子を見ましたが、アタリは無し。

クリアであれば緑はということで、続いて緑金のスプーンを投げますが、アタリません。

もうクランクに行こう。ということで、買ったばかりのクランク、

ディスプラウトのイーグルプレーヤーMR(オレンジ)を投げました。

イーグルプレーヤー

https://daysprout-fishing.jp/page2/eagleplayer/

最近はクランクに目覚め、オレンジなどのクランクをいくつか買い揃えていました。

イーグルプレーヤーは、比較的浅めの層を攻めることができます。

表層よりいくらか沈んでいる魚達を攻めるのに効果的かと。

2投目でHIT! でも掛からず。あーあダメか・・・とルアーを見ると・・・

沖からイーグルプレーヤー目がけて突っ込んでくる魚がΣ('□'*!

とっさに立て直し引きます。きた〜!! 食い付く瞬間を見て気持ち良かったです。

12時半。1匹目GETです。

20181208発光路の森02-1

一度アタックするも食い付けず、あきらめずに食い付こうとくらいついた感じですかね。

それにしてもこの魚は? イワナ? 黒と赤の点がポツポツポツ。

20181208発光路の森02-2

この魚種、確認しておりませんが、イワナかもしれません。

今は冬ですから、イワナにとっては生育に適度な水温になりますし、

ニジマス以外の魚種を見る機会は増えるのではないかと。

→答え ブラウントラウト

 

そして、アタリが出ない時間帯が続くことに。

ピンク系が使えません。オレンジ系は少しアタる、くらいのことしかわかりません。

困り果てていたところに、釣り場のお兄さんがゴミ箱状の容器を抱え私の近くをウロチョロ。

ここはペレット撒きがあるんです。その時に釣れるかなとずっと思い続けている私です。

訊いてみたところ、いや違います、ペレットは3時です、とのこと。

そしてすぐさま容器をポンドへ傾けました。あら、放流でしたか。・・・・・・って、放流?!

この釣り場は放流しているとは聞いていましたが、放流を目の当たりにしたことはなかったんです。

それを私の右隣でいきなりやってきました。

反射的にペレット系のルアーに切り替えようとしていた私ですが・・・・・・。

すぐさま判断し行動あるのみ。放流スプーンに替えました!!

ディスプラウト、ロニサ3.3g、オレンジGヤマメ。

ロニサ

https://daysprout-fishing.jp/page2/ronisa/

平べったい大きめのスプーンです。MIUと比べても釣果はほんの少し程度

(保持数量も使用頻度も低いですけど)。

ポイントは大きさ。大きくて目立ちしっかりと引けるスプーンであれば、

魚を掛けやすいかもというのもありました。

放流場所へちょこんとキャストし、幾分優しめに引きます。

最初はハリ掛け失敗を2度><; でもそれから釣っていきます!!

2匹目。

20181208発光路の森03

器用に写真撮りしながらも手返しよく釣りを進めていきます。

3匹目。

20181208発光路の森04

釣れるのはニジマスです。反応が良いですから、

釣れているのは放流された魚達で間違いないでしょう。

場が落ちつきそう? いやいやお祭りはまだ続いている!

落ち着いてロニサをキャストしリトリーブ。

4匹目。

20181208発光路の森05

表がヤマメ状オレンジ、ベースが金であるこのスプーン、

放流にしっかりと炸裂してくれました!!

釣れたのはすべて放流ニジマスか。

14時16分〜21分の間で3匹GET。

先日の釣行での放流時も3匹。今回も同数。

もっとしっかりしていればあと2匹は釣れたのではないかと。

 

そして場が落ちついてしまいました。

釣れない、釣れない、どうしよう。

 

そしてまたもお兄さんがひょっこりと現れました。

今度は、いよいよ、ペレット撒き。

聞いてたよ待ってたよ・・・って、すかさずパッパカッパッパッと撒いていきます。

ちょっとちょっと、ルアー替えが間に合わないじゃないのよ。

ペレットを見せてもらいました。黒茶状と白茶状のものが混ざっていました。

なるほど・・・こんな色のものを使えばいいのね。

ペレット撒きの瞬間にドサクサまぎれのキャストはできなかったけど、

ペレット撒きの効果は少しの間は残っているのでは。

黒茶色のSS(スローシンキングか)のペレットペレットにチェンジ!!

色はたぶんダークブラウン。

ペレットペレット

http://archive.bassday.co.jp/a_products/area/pellet_ss_s/pellet_s.html

魚は表層よりやや下〜中層の間にいます。なので私はF(フローティングか 浮くんだろう)

ではなくて、徐々に沈むであろうSSをセレクトしています。

とぼけて投げてチョロチョロと引くと、すぐに釣れました。

14時49分、5匹目。綺麗にかかりました。

20181208発光路の森06

ペレット撒きから2分くらい経過していたんですけど、

魚達はペレットにフラグが立っているってことですかね。

魚的に本日放流のニジマスでは? 魚体が綺麗ですものね。

 

ペレット効果もすぐに切れてしまいます。

またも釣れない時間帯へ。困った困ったどうしよう。

 

釣り場は夕方になりかけてきました。

あまりなかったライズが、だんだん増えてきたように思いました。

今は初冬。魚達はだんだん下に沈むのかと思いきや、表層を意識しているよう。

これまでの夏秋と変わらない状況なのか。

であれば、これまでやってきた、表層〜中層のスプーニングとか、

通用するのではないかと。

時間的には、これまで通用しなかった赤系もいけるかもしれませんし、

釣れない時の救世主スプーン、スミスの赤金ジル様を投入しました。

スミス ジル

http://www.smith.jp/product/trout/zil/zil.html

0.6gは持ってません。1.4gから投入。アタリ無し。

軽過ぎて引くのが表層過ぎてしまうんですかね。魚達に狙われないような感じ。

というか私が投げようとしていたのは1.8gですよ。ダメじゃないの。

1.8GRをキャスト。すぐに掛かりました。

15時39分、6匹目。

20181208発光路の森07-1

あれ、この魚もニジマスじゃない?

20181208発光路の森07-2

赤い点もポツポツポツ。

周囲に訊けそうな人もいませんし、魚種は不明。

いやニジマスかも? 婚姻色なのか?

→答え ブラウントラウト

 

先日の釣行では7匹の釣果でした。

今日の目標は(も)10匹。なんとか数を伸ばしたい。

釣れない、釣れない、時間だけが過ぎていき、やがて暗くなってきました。

ずるいルアーも試しています。ぐるぐるXですと何度かアタッているんですけど、

せっかくのバイトをフッキングにまで持ち込めないんですよね。

アタリが小さいんです。チョコンッて感じ。

釣れる時の引き込まれるバイトは無し。

こういうのは、ルアーが合っていないということなのかも。

最後の時間帯、蛍光黄のぐるぐるXを多投。

何度もアタリを出せるのですけど、バイトをモノにできません;;

明るいうちからフッキングできずにいるのに、暗い状態ではなおさら無理というもの。

ロッドでアワセられないのであれば、巻きアワセをすればいい!!

なんて思っても、身体がそこまで精度よく動きません。

17時になりタイムアップ。あーあ、なんとかしてあと1匹釣りたかった。

 

今日の釣果は6匹でした。

これまで、半日で2・3匹の釣行が多かったことを考えますと、

さほど悪くないようにも思うんですけどね。

まぁ、釣れない釣り場よりは、釣れる釣り場に向かうようにしたことはありますけど。

先日も、今日も、放流で数を伸ばしたんですし。><;

放流有る無しは大きいんですよね。・・・・・・あれ私のレベル変わってないのか?

正直、私的にはまだまだ。

午後の半日、放流イベント付き前提で釣果は10匹まで伸ばせるのではないかと。

 

釣行後、考えたことがいくつも出てきました。

この日記の後で、今回の釣行からの考察などについて、書いていきたいと思います。

今日は釣行の結果だけアップということで。

 

最後に。釣り場の夕暮にて。

早苗っち、もっとガンバレよ。=ΦェΦ=うにゃ

20181208発光路の森08

コメント
その5等のティッシュいいなぁ〜・・・( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
我が家的には乾麺より電気ストーブより・・・ティッシュです。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
  • masa
  • 2018/12/09 10:48 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

早苗さんのお告げ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド
ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド (JUGEMレビュー »)

私はハピソンの深さ表示タイプの電動リールで、ワカサギ釣りを始めました。スティック形状で使いやすい。また比較的リーズナブル。初級〜中級向けかな。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM