【レポート日記】ボウズになっても できることをする

  • 2019.08.13 Tuesday
  • 23:55

今日は晴れ。相変わらず夕立は無し。

 

昨日、8月12日(月)の海釣りについてです。

 

朝2時半に起きまして、朝から海釣りに出かけてきました。

これまでに二度行った、付近に魚市場のある港には向かわず、

そこ以外の漁港もしくは砂浜に行こうと決めてました。

午前中が引き潮、午後になってから満ち潮ということで、

午前中に堤防釣り、午後に砂浜からの釣りを予定。

 

朝、ローカルな漁港に向かいました。

途中の海近くの道中で、上〇屋を発見。なんと営業中(夏の時期、休日は朝4時より営業)。

付近の地域のことに疑問があったのと、もしかしたらジャリメを購入できると思って、

寄ってみることに。

ジャリメ、買えました。付近の地域についての疑問点も解決しました。

疑問とは、探しているのに見つからなかった、とある漁港のことでした。

その漁港、ローカル漁港その1に向かいました。

その漁港の門には「釣り不可」と記されていました。

(でも扉は開いてまして、防波堤に入ることはできる模様。)

がなんと、そこに車を停めて入っている人が何人かいました。

〇州屋には案内されてな漁港なんですよね。なのでその漁港の場所を聞いたんですよ。

そしたら、釣りは不可という。

察しました。私はこの漁港に立ち入って釣りをすることをやめました。

ネットでは「釣り場」として紹介されているんですけどね・・・・・・。

(13日、ネットをよく調べましたところ、釣り禁止であるのが正しいということと、

またそれでも平気に立ち入って釣りをしている人が何人もいて、

釣り場として紹介している人がいることを知りました。)

 

続いて、ローカル漁港その2へ。防波堤に入れます。小さな漁港です。

先客有り。付近を散策、近くでは釣れていない模様。

遠くの堤防、その先っぽまで歩いて向かうことを決意。

歩行距離がかさみ、また釣りの荷物が多く、両肩が疲れます。

堤防の先っぽに到着。先客は3名。誰も釣れていない模様。

台風接近のせいで、入ってくる波が大きく荒い。そして海面からかなり高い。

高所恐怖症の私は、足がすくみます。

入(はい)り口と外海へ、投げサビキ、チョイ投げと試しました。

何度か投げるうちに、高さは慣れてきました。

親切なオジサンが私にアドバイスしてくれました。

私もわからないことを質問しました。

シロギスは周辺にはあまりいないであろうということ、

また海釣り自体が渋くて釣れるばかりではないこと、などの話を聞けました。

チョイ投げでアタリが1回だけありました。

すぐにアワセて引きましたが、魚はいませんでした。

目でわかる、ピクピクッというアタリでした。小さいけど気持ちのよいアタリでした。

すぐにアワセずゆっくり引いてくれば、大きめのハゼかシロギス?が釣れていたかも。

そして、チョイ投げでは何度も根掛かり。

2時間くらい辛抱しましたが釣れず。

その場をあとにし、次は内側へチョイ投げを試しました。

根掛かりせず投げやすくていいなと思っていたのですが、アタリは無し。

魚が1回だけ背中を見せたのを見ましたが・・・・・・生命反応はそれだけ。

30分くらい投げましたが断念。

 

ローカル漁港その3へ向かいました。

外海は台風接近で荒れている。サビキは流されてばかりで釣りにくいですし、

荒れていますから底につくシロギスのような魚もあまりいないかなと。

堤防内の子供がクサフグを3匹くらい釣ってバケツに入れているのを見ました。

私は、堤防内の場所を陣取り、投げサビキとチョイ投げを試しました。

ともにアタリは1度も無し。生命反応も見る限りは無し。

サビキ用のエサは全部使い切ろう。そして、下手くそですけど、

投げサビキの投げ練習をしよう。

今日、釣れなくても、自分なりに意義のある行動をしようと、思うようになっていました。

投げサビキ、チョイ投げの仕掛けよりも飛ばせません。飛ばしにくいです。

キャスト時のバランスをよくすれば、たとえ距離は伸びずともキャストは安定する

ことが、自分なりにわかってきました。

釣れませんでした。けれど何か1つでも、自分なりに学べたことがあれば、それでもいい。

サビキ用のエサが無くなった時、太陽は西に少し傾いていました。

時間は午後1時過ぎ。ここで切り上げました。

 

天気、曇りがちの晴れ、また台風接近のためか風がよく吹いていましたので、

暑くても過ごしやすい方だったのかもしれません。そこはツイてました。

 

近所の中華屋さんで遅いお昼。

続いて、シロギスが釣れるという砂浜を目指すことに。

ネットの口コミで知った、その海岸。

とあるガソリンスタンドの北側の小道に入り、共同墓地に路駐し、

その墓地の北側のけもの道を進むと、その砂浜に出られる。

時間的に午後をけっこうまわっている。とりあえず下見だけでも。

釣りの荷物は持たずに行ってみました。

けもの道、ほっそ!! マムシいたらどうしよう><;

けもの道は歩いて2分程度で抜けられました。

そこから砂道を2・3分歩くと、砂浜のある見晴らしの良い場所に出ました。

サーフの見える所に到着するも、高波荒れ放題。

とてもではありませんが、降りて釣りをすることができません。><;

その海岸で釣りをするためには、荷物を持って5分以上歩かなければなりません。

けっこうな荷物、両肩が痛くなります。

そしていちばんの問題。暗い時間帯では、そのけもの道を通過するのが困難であること。

そりゃライトがあればなんとか歩くことはできるかもですけど、

けもの道、ほぼ背の高い草むらのある林なんですよね。

そこを。両手に荷物持ってのこのこ歩くんですよ。

灯りはヘッドライトでないと難しそう。

その区間を、暗闇の中で歩くのは、かなり難しい。

というわけで、向かう時期と時間帯は、限定されるでしょうか。

 

釣りは完全にあきらめ、釣りのできそうな漁港巡りをすることに。

車をやや遠方に走らせたところ、大きめの漁港に到着しました。

名前だけ知って向かっただけではありましたが、かなりの規模の漁港。

車で釣り場付近まで近寄れますし、河口付近から遠くの防波堤までと、

実にさまざまな場所で釣りができるのです。

釣り人は数多くいました。後から着いた私でも、好きな所で釣りができるほど

十分な広さがありました。

そして、見ていて釣ったのは1人だけ。釣ったのは銀色の小さな魚。何だろう?

でも見ていると、ほとんどの人達がボウズであるようでした。

台風接近の影響で、波が高く、また海水が荒れて濁っていまして、

見るからに魚っ気が無く、釣れるような雰囲気がありませんでした。

漁港自体は素晴らしいんですけどね;;

 

向かってきた道を引き返して行きました。

地図を確認しながら、周囲の地理と海岸線をチェック。

釣りのできそうな場所を自分なりにチェックしていきました。

釣りできる漁港、あるいは堤防のあるところ、あるいは砂浜。

特定の場所に車が何台か停まっているところもありました。

近くに釣り場があるんでしょうかね。

夕方遅い時間。私は周囲の地理を確認しながら、そのまま帰路につきました。

 

結局ボウズでしたけれど、今後に活かすために自分なりにできることをしようと思って、

釣り場のチェックや地理の確認をすることを進めました。

そして、今日は休み。ほぼ一日自宅待機。

12日に廻った釣り場等の確認、その県の海辺のチェック、

そして釣れる魚のチェックと、自分なりに調べものをしていました。

 

最後に。反省点をダラダラと。

私は、海釣りのレベルそのものが低いんでしょうね。

釣り場でオジサンに声をかけられたのは、私が見かけないよそ者であったこと?と、

釣りの準備等の様子を見て「慣れてない人」とその方が思われたからなのでしょうね。

まぁ、釣れる魚自体の絶対数が少なかったのかなとは思いますが、

私が内心シロギスを釣ることにこだわっているのも、12日何も釣れなかった原因

なのかもしれません。

ここまで書いて、正直モヤモヤがまだ消えません。しばらくは悩むかもしれません。

でも、悩むのをやめず、あきらめないで自分なりの結論を見つけ出そうと、

そのやる気は失わずに過ごしていきたいと思うのです。

今後、何かに気付いたり、また行きつけの上〇屋のH氏に

アドバイスをもらったりするでしょう。

海釣り、楽しく頑張りたいです。

コメント
釣ったらアカン場所の釣ったらアカン理由は色々ありますよね。
危険だからアカン場合もあれば、漁港の漁師と揉めてアカン場合もあれば・・・
いずれにせよアカンもんはアカンのでネットで紹介されてても、
よく釣れる場所であったとしても入らずに・・・は正解だと思います。
ま、それが大人のマナーですもんね。(^-^)

夜の獣道対策は・・・
夜釣りの場合には必須なのですがやはりライトが要りそうですね。
両手が自由になるように頭とかに付けるタイプのものが売ってたりします。
ま、その際はファッション性は気にせずに・・・の方向ですけど。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

あと、釣れる時間はピンポイントの場合が多いのでここぞと決めたら動かざること山の如しで動かないことも肝要かと。
いずれにせよ堤防での海釣りはそんなに釣れるものではないので。(;^_^A

夜に鯛とか狙ってる場合はシビアなんですが
日中に釣ってる場合は当たり待ちの時間の方が長いので
暇で話しかけてくる人も多いと思います。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

あと、そうそう投げサビキで早苗っちの思い通りの釣果を狙うなら・・・
アジなんかいいかもしれませんよ。
ま、季節は秋なんですが。
以前、イカを釣りに行った時の生餌にアジを投げサビキで釣った事があります。
私はその方が面白かったのでイカを狙わず同行者の為にアジばかり釣ってましたが
入れ食いとまでいかなくてもよく釣れたのを記憶しております。
で、あとでアジは開いて揚げて食べれば美味しいですし。
( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
  • masa
  • 2019/08/14 1:30 AM
> masaさん(Mr.お地蔵様)
数多くのコメントありがとうございます。(-人-)ナムー
立ち入り禁止の漁港は、何らかの問題があったんでしょうね。
私は釣り人と漁協の人とのトラブルが原因ではないかと
想像しています。
けもの道については、ヘッドライト装着、荷物減らす等の
対策が可能ですが、昨日の調査でほかにシロギスの釣れそうな
所をいくつか発見しましたので、その海岸に無理して向かう
ほどでもなくなったということで。
そうですかやっぱり、海の堤防でそうそう釣れるものでは
ないのですね。(´ε`;)ウーン…
今は自身のレベルが低いですので、レベルを上げていけば
まぁノビシロといいますか釣果を上げられそうな余地は
残されていると思いますので、これからまた何度か挑戦
していきたいと思っています。
投げサビキでアジ、いいですねぇ(o>ω<o)
その釣りは形だけの練習はしました。
あとは釣れるだけ。時間帯を朝マズメか夕マズメに合わせて
挑戦したいところですね。
日中はアジ(もしくはサバやイワシ)、
釣れないんですかねぇ???
  • K.早苗
  • 2019/08/14 7:10 AM
うちの父がよく釣りをしていたころは
夜中に車で和歌山まで走って海釣り
(なんか舟を出してくれるところに
頼んでおいて その場所まで運んでもらって
迎えに来てもらうやつね)
いわゆる磯釣りってやつに行ってたよ。

トイレがないから連れてってもらえなかったけど(笑)

防波堤ではアジ釣りしかしたことないな〜〜
あ・・・ちゃうちゃう太刀魚も釣った!!
って話したことあるよね^^
夜の獣道・・・考えただけで怖い!!
  • かっぱちゃん*
  • 2019/08/14 8:20 PM
> かっぱちゃん
おお〜人間の現地輸送タイプ、それは本格的!!
船によってはトイレのある所(島)に案内するのもあるみたい。
そうそう、かっぱちゃん、釣り経験あるものね〜。
防波堤でタチウオ・・・私にはイメージつきません><;
あと、昨日調べていたんだけど、
そのけもの道通過してその浜辺で釣りしなくても、
ほかにも釣り可能な浜辺が数多くあるようなので、
けもの道無理に行くことは無さそう。
  • K.早苗
  • 2019/08/15 7:18 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

早苗さんのお告げ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド
ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド (JUGEMレビュー »)

私はハピソンの深さ表示タイプの電動リールで、ワカサギ釣りを始めました。スティック形状で使いやすい。また比較的リーズナブル。初級〜中級向けかな。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM