今日は・・・ハゼ釣りにチャレンジ

  • 2020.08.06 Thursday
  • 23:03

今日は晴れ。
予定通り、ハゼ釣りに出かけてきました。

 

今日は大潮。
満潮は4時44分と18時21分。
満潮時刻である18時21分の前の時間帯(満潮の2時間前〜満潮)を本命に、
昼前〜夕方の時間に釣りに臨みました。

 

自宅を8時過ぎに出発。

出発がゆっくりめなのは良いですが、地元は出勤ラッシュ。

道路のところどころで渋滞。

10時半過ぎ、H沼に到着しました。

 

というわけで、ハゼ釣り、まずはH沼です。

本来はハゼの釣り場として知られている所です。
最近の上○屋の前情報では、H沼の釣果は聞いていないとのこと。

H沼が昨年が不漁だったことは、昨年の早いうちから何度か聞いていました。


昨年秋、H沼でハゼ釣りをしようと思い立ちまして、
H沼のことを一応自分で確かめようと、H沼に向かいました。
案の定、ハゼはまったく釣れませんでした。
(釣れたのはセイゴ1匹)

 

H沼、私が個人的に何度も通っている、北のポイントへ。
近くで先に釣っている人がいましたので話を訊いてみました。
ハゼ、なかなか釣れないとのこと(釣ったのは3匹)。
(その方の手応え的には)昨年と同様にダメだろうとのことでした。
(´ε`;)ウーン… そうですか、やはりね・・・・・・。
昨年が不漁であれば、今年も不漁の可能性が高いだろうと、
私は単純に思い予測していました。
原因は何か? みんなで釣ったから絶滅寸前なのか?
そう訊いてみたところ、その方は、

何かしらの環境が変わって、数が減ったのではないか、と答えられました。
(´ε`;)ウーン… H沼、昔からハゼ釣りが盛んであり、

そのハゼ釣りは最近までずっと続いていたはず。
それが昨年になってダメになった。
そう考えると、やはり何かしらの環境変化が原因では、
と推測するのが自然か?
釣りをしてみて、自分でも確かめてみよう。
その方が釣りをしている所とは別の所で、
実際に釣りをしてみましたが、アタリはまったく無し。

 

その場をあきらめ、今度は北東のポイントへ。
釣り人はちらほら。でもいた人が去っていくのを見ました。
一応釣り糸は垂らしましたが、アタリは無し。
これまでの上○屋の話では、岸辺にハゼが数多くいるとのことでした。
そんな夢のような話が、と聞いてすぐに思いました。
がその状況は昨年から無くなっていました。
そして、今年もダメ。

 

一応もう少し調査していこう。今度はH沼の南側へ。
この時点で正午過ぎ。
ポイントに大きなハサミを持ったカニはいまして、
私の姿を見るとすぐにアシの森の中に姿を消してしまいました。
生物はいた。ハゼはいませんカニ? (*≧m≦*)プッ
南周辺約100mの一帯をランガンしてみましたが、
あいにくアタリはありませんでした。


これでもう自分で納得。
H沼のハゼはほぼいなくなってしまった!!

 

満潮は18時21分です。
13時半頃、上○屋O氏に教わっていた、H川の港のあるポイントへ。
このポイントが今日の本命です。

ここは、川の入り込み(人工的に造られたのかも)、港になっている所です。

20200806汽水域釣り01-1

駐車スペースあり。普通の日の昼下がりで無人(裏の道路を通る車はいる)。

楽に駐車でき、タックルの準備もその場でできますね。

20200806汽水域釣り01-2

ここは鉄道の橋の下。釣り始めた矢先に、

ちょうどガルパンの絵柄の入った列車が左から右に通り過ぎました。

釣り始めでタイミングが悪い。できれば写真撮りしたかった 。・゚・(ノД`)・゚・。

20200806汽水域釣り01-3


さて、午後から夕方にかけてここで釣りをしていきます。
先客の釣り人もいません。
その入江の口のところでハゼ釣り開始です。

この角に立って釣りをしていきます。

20200806汽水域釣り02-1

少し先に投げて、底に付いた仕掛けを少しずつ引いていきます。

20200806汽水域釣り02-2


7月に買ったばかりのアジングロッド、

エリアトラウトルアーフィッシングで使っていたリール、

小型天秤の仕掛けになります。

上の方を泳ぐ小魚がけっこういます。
生態系的に恵まれているようです。これなら釣りに期待が持てます。
ハゼは底にいます。仕掛けは底を引きずるようにします。

だいたい20mくらいをキャストしまして、少しずつゆっくりと引いてきます。
ハゼは動く物に興味を示すためです。
なんと初っ端でいきなりハゼが釣れました。ヾ(*>∀<*)ノ

20200806汽水域釣り03-1(1匹目)

仕掛けはこんな感じです。

小型天秤に、オモリ(ナス1号)と5号赤ハゼバリ

(ハリスは5cmくらい)を付けたもの。

20200806汽水域釣り03-2(1匹目)


少し経って、向こう岸のところに若い夫婦がやってきまして、
ハゼを(たぶん)2匹釣りました。
なるほど、このポイントは、ハゼのポイントとして有名なのね。


その後、私は、明確なアタリを得られず。
時々、どこかに引っかけて、ハリなどを無くしていました。

 

ハゼの市販仕掛けですが、3号のオモリが付いています。
3号ですと、私のアジングロッドでは(硬度的に耐え難く)厳しいです。
3号オモリで少しだけ投げてみましたが、まず重くて竿がしなり投げにくいのと、

竿が折れる危険性があることで、使うのをやめました。

 

風が吹いていて分かりにくいのですが、
どうも水の流れはそれなりにあるようです。
○州屋のO氏のアドバイスですと、天秤を使わない、ガン玉を付ける
ミャク釣り仕掛けが良いとのこと。
使いやすい仕掛け
・小型天秤の仕掛け
  好みのハリとオモリを付けられます。
  天秤の金具(長さ)のある分、仕掛けは絡みにくいはず。
  (でもハリスが何度も絡まってましたが)
  ナス型オモリを付けられます。軽い1号を使用。
  (これ以上軽いナス型オモリは持っていません)
・ミャク釣り仕掛け
  道糸、スナップヨリモドシ、ハリ付用ヨリモドシ、ハリスの仕掛け。

  天秤が無い分、簡易的な仕掛けになります。
  オモリは、道糸に挟んで付ける、ガン玉を使います。
  5Bという規格(g)を使いました。

  小型天秤の仕掛けよりもわかりやすいアタリが出るかと思われます。
どちらも、水流で多少流れていてOKです。
いずれにしましても、軽めのオモリを使うことで、
小型のハゼのアタリをしっかり取って早掛けで釣っていきます。

 

ハリは4or5号の赤いハゼ用ハリ(キツネ針)や、
4号袖針、4号ヤマメ針を使っていました。
(ヤマメ針は、フトコロが深いため、魚がかかりやすくまたバレにくいようです。)
エサはジャリメです。
 

17時過ぎ。だんだんと潮が上がってきます。
海抜が低いため、潮汐の影響を受けるのです。
これまではずっと小型天秤の仕掛けにしていましたが、

手持ちの天秤があと1つとなったところで、

アタリが分かりやすいであろうミャク釣り仕掛けにしました。

20200806汽水域釣り04

夕方、この仕掛けで専念しまして、ハゼを2匹釣ることができました。


でもアタリはなかなか出ませんでした。
おそらくこのポイントは人が多く行き来しているのでしょうね。
手軽に車で来て停めて釣りができる環境ですし。
どんどん釣られてしまっていて、絶対数が少ないかなと。

 

夕暮れになりますと、上を泳ぐ魚が増えてきました。
そして、何人もの人がやってきました。
18時30分まで釣りしましたが・・・私のハゼ釣りもここが潮時か、
ここで終了となりました。
近くに来た人に話を聞きますと、シーバスフィッシングで来たとのこと。
水面を見ると時折盛り上がったような感じになっていました。
いわゆる、シーバスの「ボイル」。
誰か釣ってみせてくれないかなと思いましたが、
釣れるところは見ることができませんでした。

 

釣ったハゼは3匹。

20200806汽水域釣り05(3匹の釣果)
1匹は15cm越えかな、良型だったのですが・・・・・・、

3匹は少ないと思い、私はすべてリリースしました。

 

回顧。

とりあえず、自分の世界を拡げまして、
今回は初めて(まともな大きさの)ハゼを釣ることができました。
ハゼ釣り、数多くアタッて釣れるようであれば、
きっと楽しい釣りだと思うのですよね。

H沼は壊滅的状況。
土日など混むであろうH川港ポイントも、きっとあまり使えない。

どこかほかにハゼ釣りできる所はないものか?
できれば人の少ないマイナーな所が良いですけどね。

多くのハゼが足元にいる所で楽しく釣りができればいちばんなのですけど、

そんなブラウン管でしか見られないシチュには、

今のところはとても出会えそうにありません。

他にハゼ釣りできそうな所があれば、今度もハゼ釣りに挑戦できるかもですけどね。

 

釣り場に課題を抱えたままですので、簡単に希望的観測を書けないですが;;
ハゼ、いつかは釣って自分で天ぷらにして食べたいものです。

コメント
やはり時間的にキツイけど・・・
夕方よりも朝の方が釣れるんじゃないでしょうかねぇ〜・・・
私も昔、朝はよく釣りに行った記憶あるけど
昼や夕方釣った記憶がないし・・・ハゼ。(^_^;)
というか、そっちの釣果も気になるところではありましたが
ガルパン列車の方も気になりました!!
今回のハゼ釣り紀行 (*≧m≦*)ププッ
  • masa
  • 2020/08/14 11:03 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

早苗さんのお告げ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 今日は・・・釣りに行かずにのんびり過ごす
    masa (09/28)
  • 今日は・・・家庭菜園での種蒔きなど
    masa (09/28)
  • 今日は・・・まどマギ劇場版の新編を観る
    masa (09/28)
  • 今日は・・・台風の進路が逸れる
    masa (09/28)
  • 今日は・・・仕事が忙しくなってきた
    masa (09/28)
  • 今日は・・・台風の進路が逸れる
    *えみ* (09/27)
  • 今日は・・・まどマギ劇場版の新編を観る
    *えみ* (09/27)
  • 今日は・・・家庭菜園での種蒔きなど
    *えみ* (09/27)
  • 今日は・・・釣りに行かずにのんびり過ごす
    *えみ* (09/27)
  • 今日は・・・昨日の釣行疲れ有り;;
    masa (09/23)

recommend

ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド
ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド (JUGEMレビュー »)

私はハピソンの深さ表示タイプの電動リールで、ワカサギ釣りを始めました。スティック形状で使いやすい。また比較的リーズナブル。初級〜中級向けかな。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM