今日は・・・ハイチュウの日

  • 2019.08.12 Monday
  • 20:55

今日は海釣りに出かけてきました。

出かけた先の県でですが、今日は、午前中が晴れときどき曇り。午後は晴れ。

海辺では、台風の接近の影響からなのか、よく風が吹いていました。

そして波が高かったです。

 

その出かけた先の県のセブンで、今日がハイチュウの日であることを知りました。

今日見た限りでは、ウィキの「8月12日」に「ハイチュウの日」は記されていませんでした。

森永の社員が、気付き次第、急ぎ書き込みをするのでしょうかね。

 

というわけで、今日は朝2時半に起きまして、朝から海釣りに出かけてきました。

帰宅は夜8時。疲れましたので早めに休みます。

近日中にレポートしたいと思います。

今日は・・・疲れが出て 翌日の海釣り計画も

  • 2019.08.11 Sunday
  • 20:20

昨日は晴れときどき曇り。夕立無し。(釣り場は一時雨有り)

今日は曇りのち晴れ。湿度はいくらか低め。

 

今日は、朝は早めに起きて、家庭菜園に水やりして、自分の洗濯をして9時。

ポケランイベを進めてベットにゴロリ。なんとそのまま2時間ほど寝てしまいました。

寝てから蒸し暑いのにウトウトして目を開けるのですけど、

どうも身体が金縛りにあったように動かず。

で目を閉じるとすぐに目の前に異世界が拡がるっていう。脳内は夢心地だったのですね。

昨日、午前の2時間に家庭菜園で作業をし、午後は管釣りに行きました。

けれどそれだけではこんなに疲れは出ないはず。

仕事による疲れと、暑さによるものが、間違いなくあったのかなと。

そして、毎晩蒸し暑すぎて、ベッドに横になっていても

熟睡はできていない日が多くなっていました。

夏の暑さによって、私達の身体には多くのダメージが蓄積します。

休養はしっかりとるようにするべきですよね。

 

昨日の日記にて。

> 今日、午後は、管釣りにでも行こうかな。

> 明日は、海釣り用のエサを買いに出かけて、自宅では先日の競馬の反省会をしようかと。

> 明後日は、海釣り公園に行こうかと思っています。

> 台風接近は14日あたりでしょうか。

昨日午後は管釣りへ。近所の山中の釣り場。釣果は3匹。

ネタでとっておきたいことがありますので詳細は後日の日記にて。

まぁ釣果3匹なので期待薄ですが;;

12日(月)振替休日ですが、海釣りに行くことにしました。

競馬の反省会ですが、明日の海釣りに備えて勉強した方がいいということで、後回し。

今日の午後は予定通り釣り具屋へ。海釣り用のエサのほか、仕掛け等を購入。

海釣り公園に行こうと思っておりましたが、やや遠方であることと、

今の時期的に特に家族連れが殺到して釣りが難しくなると思いまして、

今回は見送ろうと思います。

二度行った、付近に魚市場のある港ですが、そこ以外の漁港に行こうかと思っています。

実はまだ場所を決めておりません。

せっかく行っても混みすぎているとか、先日のように水上バイクヤンキーがいるとか、

あるいは環境的に状況が悪すぎて釣れないとか、有り得そうな気がします。

漁港4箇所を検討しておき、明日最初の漁港でダメだったら次の漁港を目指すというように、

自分なりに融通をきかせて行動するつもりです。

日本列島への台風接近ですが14〜15日になるようですね。

 

もう少ししたら早寝します。明日は2時半起きを目指します。

明日、格好がつくだけの釣果、得られますように。(−m−)" パンパン

海魚の養殖について

  • 2019.08.10 Saturday
  • 13:11

昨日は晴れ。夕立無し。

今日、午前中は晴れ。

 

午前中、2時間程度、家庭菜園の作業をしました。

リーフレタスの苗作り、ニンジンの種蒔き、そして草むしり。

晴れていて暑くて3時間以内が限度でしたね。ι(´Д`υ)アツィー

 

今日、午後は、管釣りにでも行こうかな。

明日は、海釣り用のエサを買いに出かけて、自宅では先日の競馬の反省会をしようかと。

明後日は、海釣り公園に行こうかと思っています。

台風接近は14日あたりでしょうか。

 

先日は、釣りに邪魔な水上バイクヤンキーの話をしました。

今日は、海魚の養殖の話をしましょう。

 

海魚の養殖についてのサイト(←面白いのでぜひ)

https://www.yoshoku.or.jp/

イワシ養殖の問題点について

https://medakasuisan.com/sardine/post-1875/

 

主に値段の張る魚種を中心に養殖はされているのですが、

日本全体で見ればまだまだ少ないというか足りない規模であるようですね。

そして残念なことに、日本で食べられる魚の大部分が輸入依存です。

 

ウナギは育てる稚魚が不足しているのが問題。

イワシとサンマは採算が合わないため養殖されないのが現状。

そしてアンコウは養殖がほぼ不可能。

 

これだけですとサラッと書いている感じ。

そうです、海魚には数多くの魚種がいます。

私の調査がまだまだ足りません。また何かわかりましたら報告したいと思います。

今日は・・・風見幽香コーデ

  • 2019.08.09 Friday
  • 07:14

昨日は晴れ。またも夕立無し。><;

今朝も晴れ。

ニンジン発芽、結局イマイチでして、昨日の朝また種蒔き。

今度は種残り少ない事態に。あと一度蒔きたいところ。

種、決して安くないんですよね。管理で水やり不足だったのが反省点。

もっと騒いで、早くから家族に協力してもらえばよかった・・・かも・・・。

 

今アトゲ(ポケットランド)では、種から花を咲かせてアイテムを得るという

ブルームフェスタイベ中。最近は月1であるような感じ。

で今回は向日葵特集。向日葵の良アイテムが出ているので嬉しいです、

ただし私は現在の収集したアイテムが少なくて、お部屋までは向日葵コーデできず。

なのでとりあえず、東方projectの風見幽香(風)コーデを作ってみましたよ♪

2019080901

インナーが微妙です。

白ブラウスに赤チェックのベスト、そして赤チェックのロングスカート。

というようにしたいんですけど、無理><;

ヘアスタイル実は後ろに結い髪があるんですが傘で隠れてます。

そして胸元の黄色スカーフを実現できず。

右手に傘を持たせて前に構えるポーズでも作りたいのですけど、難しい;;

水上バイクの釣り場荒らし 許せない

  • 2019.08.08 Thursday
  • 07:25

昨日は晴れ。夕立無し。

かなり寝苦しい夜でした。

今朝も晴れ。

家庭菜園のニンジン、またいくつか発芽してきました。

 

8月4日(日)の海釣りで、付近に魚市場のある港に行ってきました。

甘くない状況であり、よろしくない釣果でした。

まだ私は自ら海釣りを始めて2回目。そうそう釣れるものではないことは自覚しています。

 

が、その釣り場を一日中荒らしまわっていた、水上バイクのヤンキー達。

地上の暴走族バイクとまったく同様のモラル無き蛮行行為です。

とても許せるものではありません。ヽ(`Д´)ノプンプン

 

これだけでは、じゃ他の水上バイクを楽しむ人達から見たら面白くないでしょう。

なので、水上バイク、それらを楽しむ人達のことも、自分なりに調べましたよ。

港付近の釣り具屋、こちらの地域の上州屋、漁業組合、そして県庁。

自分なりに納得し頭が冷えるまで、私は電話し問い合わせをしました。

そしてネットで調べました。

 

水面は一般道路と同じような定義であり、誰もが好きに使える権利があるようです。

その場での規制が無い限り、釣り、マリンスポーツと、好きに楽しむことが可能。

ただし、漁港は、(勝手に釣っている釣り人は置いといて)漁業を営む人達の仕事場。

その港内を暴走しまくっているのは、一般的モラルが欠如していると言わざるを得ませんよね。

そして、そういうことをする人達の素性は言わずもがな、想像に難くないじゃないですか。

だから、言い返す人が(多分誰も)いないっていう。

不満をもらしている釣りの人達が数多くいることも確認しました。

 

水上バイク、小型なのにかなりスピード出ますからね。

かつ、免許はほぼ誰でも2日で取れると聞きます。

あれならば、誰でも手軽にかっとばすことができるでしょうし、

また一度味をしめますと夢中になるのではないかと想像します。

なんとも水上バイクを売る人が中心に決められたルールのように感じますが;;

であれば、暴走ヤンキーがいてもおかしくないわけで。

 

乗るならば、モラルを持って乗ってほしいということですよ。

多くの人達が希望を胸に秘めて長時間釣りに臨んでいるところを、

もう何度も何度も暴走するというのが、納得いきませんし許せないっていうことなんです!!

 

もう少し書きます。

釣りをするのであれば、ということで、私なりに考えました。

 

普通の日、木曜日に釣りに行った時は、水上バイクヤンキーはいませんでした。

普通の日であったほか、漁業をしている人達がいるから、

ヤンキーがいなかった可能性があると想像します。

でもこの前は日曜日。おそらくは漁業が操業されておらず、また水門が開けられていたみたいで、

水上バイクを容易に入れることができた環境下ではなかったかと思われます。

残念ながらそれでは荒らされることもありえる、ということでしょうか。

 

今は夏、また休みをとっている人達が多い時期。

水上バイク、特に多いのが河口ということですので、まずは少なくとも今の時期は

河口での釣りはやめておいたほうがいいのかもしれません。

そして、漁業の操業していないであろう休日、そこは釣りを避けるべきなのかも。

でもそれじゃなかなか釣りを楽しめなくなってしまいます。

見つけたのが、有料の海釣り公園。

200円の入場料がかかりますけど、その区域は立ち入り禁止となっており、

水上バイクなどは入ってこないということを、私は確認しました。

ただしそこ、けっこう遠いんですよね;;

 

港の堤防は、できるだけ普通の日に向かう。

海釣り公園を利用する。

海釣りを楽しむためのポイントですね。

めげずに頑張りますよ!!

今日は・・・可愛いお花

  • 2019.08.07 Wednesday
  • 07:07

昨日は晴れ時々曇り。夕立無し。困ったもの。(´Д`)ハァ…

自分の部屋をクーラーでよく冷やしてから寝ましたが、けっこうよく眠れました。

今朝は晴れ。

 

今日はアトゲのフレンドさんのお誕生日。

(o^ー゚)/'‘*:;,。・★オメデトー☆・:.,;*

私のブログをご覧になってくれています。

その方と時々やりとりさせていただいております、ポケランのミニメールが楽しみです。

 

今朝、飛び地の方の家庭菜園の水やりをしまして、

脇の土手くぼみのところに、可愛いお花の植物の生い茂っているのに気付きました。

種類がわかりませんので、どなたかにお聞きしたいところではありますが・・・・・・;;

20190807家の周り01-1

そのアトゲのフレンドさんのような、とても可愛らしい感じのお花ですね。

20190807家の周り01-2

細い茎をはびこらせて生い茂っています。

細いですがけっこう丈夫な茎。全体的にはたくましい感じがします。

しっかりとした生命感を感じますね。

今日は・・・ツルムラサキ

  • 2019.08.06 Tuesday
  • 07:11

昨日は晴れ。夕立無し。(´Д`)ハァ…―

今朝は曇り。台風接近の影響?

 

毎朝の日課となっている家庭菜園参り。

こりゃ楽かも、と思いきや、すぐに大量の汗が。

気温はやや低いかもですけど、湿度は高め。

 

私が収穫しないので伸び放題のツルムラサキ。

20190806家庭菜園01

暑い時期に水やりすればするほど伸びるようです。

20190806家庭菜園02

放っておくと他の野菜達をおびやかしてしまいます。

20190806家庭菜園03

そのおびやかしている箇所を優先し、今朝は3箇所のツルを切り収獲。

ツルムラサキ、葉っぱが大きくなりやや硬めになったとしても、

ゆでて食べることが可能です。

まぁ程度には寄りますが。

 

ホウレンソウやコマツナといった野菜には敵いませんが、

真夏に採れる貴重な緑色野菜であること、栄養価が高いこと、

虫に食害されにくいこと(でも少なくとも人間にとって有害ではない)、

(なので作りやすく)そしてそれなりに食べることが可能ということで、

かなり重宝します。

お浸し、味噌汁の具で、大活躍です!!

暑い真夏を乗り切るのにもうってつけです。

早苗っちがここ数年、真夏に具合が悪くならないのは、

この野菜のおかげと言っても過言ではないかもです。(*´σー`)エヘヘ

 

他の緑色野菜ができてくる9月下旬まで活躍しますよ。

ちなみに亜熱帯性の植物ですので、寒さには弱いです。

今日は・・・海はいろいろと甘くない

  • 2019.08.05 Monday
  • 22:58

2019年8月4日(日)の日記になります。


海の堤防釣りに再挑戦しました。

 

夜中2時半に起床、3時に自宅より出発。
向い先は先日と同じ、付近に魚市場のある港。
現地には5時前に到着。

釣り場所ですが、その港について予めネットで調査をしまして、
さほど混まず釣りのやりやすい場所にしました。

釣り場はこんな感じ。

20190804那珂湊港01
先日のような細めの堤防とは異なり、堤防の面積が広く、
また水面までの距離が近めで、キャストがとてもやりやすい場所でした。

20190804那珂湊港02

正面はこんな感じ。

20190804那珂湊港03
外海からはいくらか離れています。

そこそこ濁っている水質。

20190804那珂湊港04

海釣りを行うにあたり、チョイ投げ釣り以外の釣法を予習しまして、
前日に準備をしてきました。
今回ですが、先日やったチョイ投げ釣りのほか、
サビキ釣りと、投げサビキ釣りを行いました。
ブラクリ釣りの準備もしましたが、釣れそうにないとみて、行いませんでした。

 

まずはチョイ投げ釣りをしてみました。
場所的にゆとりがありましたので、キャストがし易かったです。
漫画「あした天気になあれ」の主人公・向太陽の有名な掛け声、
「チャーシューメン」の音頭をイメージして何度もキャスト。(*≧m≦*)プッ

※ちょうど良い動画が見つかりませんでした。残念。
キャスト、先日よりも距離が出ているような気がしました。

ロッド・ネッサBB、扱いに慣れてきたのでしょうか。

 

そして、朝の時間帯にハゼを4匹釣りました。
私の竿では、ハゼの小さなアタリが出ませんが、一度だけプルッというアタリが出ました。
アタリはわからないのですが、仕掛けを手前に引いてきて上げますと、

かかっているという感じ。
うち1匹は小さいのでリリース、10センチクラスの3匹をキープ。
写真は撮り忘れました。
ボウズ覚悟とも思っておりましたが、早起きの甲斐もあってか、
早いうちに釣れてくれたので、とりあえずほっとしました。
でも、その後はまったくアタリ無し。ハゼがかかることも無し。

 

堤防際でのサビキ釣りを試してみました。
堤防際にマキエを撒きます。ですが近寄ってくる魚の気配は無し。
忘れた頃に時々マキエを撒くようにしていましたところ、本当に小さな魚が何匹か来ていました。
でもすぐいなくなりました。
サビキ仕掛けを落としてみましたが、まったくアタらず。
また、付近を回遊する、チビイワシの群れが、何度も来ました。
が、すべての魚が仕掛けを回避。
挙句の果てには、その魚達が左右から早苗っちのちょうど前に集まって水しぶきを上げる始末。
「お前じゃ釣りあげるのは無理だ。やめろやめろ。」と言っているように思いました。

 

投げサビキも試しました。
サビキ仕掛けの上に大型のウキを装着、そのウキ下を調整するようにして、
チョイ投げと同じように投げていくらか遠くに放り込みます。

20190804那珂湊港05
ボラのような魚が時々泳いでいるのが見えました。
また何の魚がわかりませんが、時折跳ねていました。
アジサバイワシ釣りたい〜ボラでもいいから掛かれ〜と思いながら
何度も放り込むのですが、まったくアタらず。

キャストした拍子に、ラインとウキ仕掛けの箇所の結び目がほどけ、
ウキごと外れてしまったことがありました。
海面に私のウキがプカプカ浮いています。

20190804那珂湊港06
右隣の方も同じようなことになってしまっていました。
釣れない時は釣り自体を替えようと思っていました。
買っておいたジグを何度か投げてみましたが、予想どおり何の反応も無し。
そうこうしている間に、右隣の方が自分のウキを回収し「よし」と言っていました。
おお、私のウキ、潮の流れからか、左の岸に寄ってきているではありませんか。
ジグとラインを引っかけて、回収することができました。

 

チョイ投げと投げサビキを交互に替えて試すも、何の反応も得られず。釣れません。
そしてそれは周囲でもほぼ同じような状況。

問題がありました。
港内を何度も水上モーターボートが行ったり来たり。
ヤンキーが喜んで乗り回していました。
最初は特に憤慨していました。よくもまぁ多くの釣り人が釣っているところを、
無視して朝っぱらから乗り回しているなと。
音が大きいし、波を起こされます。
釣りにくいどころか、魚達が驚いて逃げたり神経質になったりしてしまうでしょう。
早く飽きちゃえばいいのに。ガソリンが尽きればいいのに。
と思って釣りを続けていましたが、ヤンキー達はいつまでたっても乗り回すのをやめません。
少し思いました。
そう、この港で、何をしてはいけないというルールが存在しない(していないらしい)のであれば、
釣りも水上モーターボート乗りも好きにやれるし、誰にもそれらの権利があるという。
先日の釣りでは、ヤンキー達はいなかったんですよね。

その日は7月18日木曜日。
普通の日は、港内は、普通に仕事で漁船が通過するので、プライベートの船を出すのは禁止、
というのがあるのかもしれません。

この件は別途日記に書くかもしれません。

 

早苗っち、頑張れよ。

20190804那珂湊港07

大きめのフナムシを発見。思わずパチリ。

どうも臆病なのか、少しでも何か気配を感じさせようものなら、

一目散に逃げてしまいます。

 

晴れていて暑い。アホなヤンキー達はいつまでたってもいなくならず。

釣れませんから精神的にもキツイ。
11時でいったん切り上げることに。


外側の堤防へ。この先がどうなっているかを見に行ってみました。

堤防、ベルリンの壁みたい。この先には外海が。いったいどうなっているのか?

20190804那珂湊港08

高い堤防に、テトラポットが積んであります。

20190804那珂湊港09
そしてなんと、平らに積んであるテトラの上から釣りをしている人が何人かいるのを発見。

20190804那珂湊港10
普通には降りられない。じゃどうやって降りているのか?
なんと、近くにハシゴが設置してありました。なるほど。

20190804那珂湊港11

ファミコンのゲームを思い出しますよ。

ドンキーだのロードランナーだのグーニーズだの。(*≧m≦*)プッ
でもこれ、釣り道具を運ぶのに一苦労するでしょうね。それに運ぶのは一人では無理そう。
そしてテトラには隙間や穴があります。落下するおそれがあります。

20190804那珂湊港12
外海に対して釣りに挑めるのは一見良さそうにも思えましたが、
それに臨むためには多くののリスクがあるでしょう。私には無理ですね。

ちなみにこちらには、ヤンキー達は来なかったのかも。

もしそうなら、良い場所なのかもですけど。

 

時間は11時過ぎ。魚市場に寄り食事を摂りました。

回転寿司ではなく、海鮮系の定食屋で、刺身と煮魚のついた定食を食べました。

また、持ち合わせのエサですが、付近の釣り具屋で新鮮なものを買おうと立ち寄りまして、
アオイソメ1パックを購入しました。
細くてハリにつけやすいジャリメが売っていなかったのは残念でしたが、
新鮮なエサを使う方がずっとましかなと思いました。

 

正午より、今度は先日と同じ堤防へ向かいました。
その時はその場所でシロギスを釣っています。
再度シロギスが釣れたらという希望で、時間を午後3時までと決めて臨みました。
なんと堤防の先っぽ、赤灯台の箇所が空きましたので、そこに陣取りました。
下一か所、岩の無いところがありまして、キャストして仕掛けの回収がいくらかし易い
場所があったのは、少しだけ嬉しかったです。
と思ったのも束の間。少々問題が。
まずキャスト。赤灯台が邪魔なのです。

20190804那珂湊港13
投げるときに、ロッドや仕掛けを当てないように、キャストしなければなりません。
気にしなかった場合、最悪ロッドをへし折ってしまいかねません。
そして、堤防の先っぽ、場所的に狭く、海水面まで高いことをかなり意識してしまい、
高所恐怖症?の私はキャストのたび足がすくんでいました。

20190804那珂湊港14

せっかく得られた好ポイントと思ったのに。そして潮流も速めでした。

20190804那珂湊港15
腰を落とし気味にし足に重心をかけるようにしてキャストしていました。

まぁ恐怖心のある分力みは無かったかもしれません。けっこうよく飛ばせていたような。
でも、何度か、足元近くの岩に生えた海藻(テングサ?)に、仕掛けを引っかけてしまいました。
取れないときはハリスが切れてくれて、天秤を失うことはありませんでした。

で、結局は、アタリは1度もありませんでした。
午後2時半でギブアップ。ここで竿を収めました。

(´ε`;)ウーン… 魚は入ってきそうに思うんですけどねぇ。

20190804那珂湊港16

 

帰りに魚市場でお買い物。自宅へのお土産を購入。
先日は午後6時まで釣りをしてしまったために、お土産を買えなかったんですよね・・・・・・。
ハゼ3匹のみでは何とも寂しい。お土産を買うしかない状況でした。

地元特産?のシジミ、安かったサワラ切り身、青のり、ホタテ塩辛を購入しました。

 

今回自分で釣りをしてみて、いろいろとわかりました。
釣り場の研究は、ネットの口コミ記事でも可能でして、
釣果こそあがりませんでしたけど、おかげで釣りやすい場所に向かうことができました。
チョイ投げ以外の釣りを予習し、実践してみて、感じをつかめました。
水上モーターボート・ヤンキーの存在は予想外でしたが、そういう場合があることもわかりました。

まぁ、ヤンキーがいなくても、特に私の場合、釣果は関係無かったかもしれませんが。
暑いところを海釣りした感触を実感、暑さしのぎについての経験値を積めました。
夕方までやらず、午後途中までで切り上げたのは大正解でした。
帰る時から、プチ熱中症の状態でしたが、運転しての帰宅は楽でした。
そして、せっかくの有名な釣り場なのに、ほぼ大勢の人達がボウズもしくはボウズに近い
状態であったことがわかりました。
大勢で釣れる魚を奪い合いしているような? これが海釣りの現実性なのか?

まぁ、湖に放流しているワカサギや、管理釣り場でのニジマスを釣るのとは、

訳が違い、そうそう釣れるものではないということでしょうか。

少なくとも入漁料などを支払っているわけでなく、

ましてや漁港に勝手に入り込んで釣りをしているわけですからね。

海、いろいろと、甘くないですね。

 

8月10日(土)より四連休なんですよね。
せめて一日は釣りに向かいたいところです。
もし向かうのであれば、釣りのしやすい環境下で、
マイナーでも釣れる場所で釣りをしたいと思うのです。
今回の釣りでいろいろな経験ができたのは良かったと思っています。

ヤンキーごときで、自分の歩み・アドベンチャーをあきらめようとは微塵も思いません。
今度はもっと研究して向かいたいと思います。

 

オマケ。

帰り、釣り場近くにて。車に乗り単線の踏切で待ちぼうけ。

なんと撮り鉄のおじいさんがいまして、シャッターチャンスを待ちわびていました。

釣られて私も急ぎデジカメをスタンバイ。(*≧m≦*)プッ

やってきた列車がこちら。車内でながらもそれなりの撮影か?

20190804那珂湊港17(ひたちなか海兵鉄道)

興味ある方は調べてみてください。詳細をこの場にコメントするのは不可です。

ちなみにこちらは非電化の列車のようです。ディーゼル車か。

今日は・・・海釣りに行ってバテバテ

  • 2019.08.04 Sunday
  • 19:23

昨日は晴れ。夕立無し。

今日も晴れ。夕立無し。

とにかく暑い日が続いています。せめて夕立があれば変わるのですが;;

 

今日ですが、早起きして海釣りに行ってきました。

この前、7月18日と同じ防波堤の釣り場です。

起きたのは夜中の2時半。3時に出発。

だいたい朝5時すぎより釣りを始め、お昼に少し休んで、午後2時半まで釣りをしていました。

天気はずっと晴れ、炎天下でした。

夕方まで釣りをしなかったので、かなり疲れ果てたわけでもないのですが、

それでもプチ熱中症で疲れました。

 

今日の釣りの件は数日後に日記で書きたいと思います。

今日は・・・羽化したばかりのアブラゼミ

  • 2019.08.03 Saturday
  • 11:42

昨日は晴れ。夕立無し。

今日午前中も晴れ。

 

家庭菜園、ニンジンの種ですが、いくつかが発芽し始めていました。

でもまだ本当に小さい。よく見ないとわかりません。

家族が水やりしていたことが大きいでしょう。感謝です。

 

庭の芝狩りをしなければなりません。

昨日は夕方、仕事から早く帰ってきましたので、1時間程度ですが芝刈りを敢行。

そして今日、8時〜10時の間、芝刈りをしました。

が暑くて暑くて;; 周囲をまだ刈り終えていませんが、いったん切り上げることに。

あとは夕方暗くなる前に少しやることにしました。

 

海釣り計画を進行中です。

明日、早朝から午前中の海釣りを考えています。

今日の午後は道具とエサを揃えるため買い物に出かける予定です。

明日は日曜日ですし、そもそも日本国内の子供達が夏休み期間ですから、

おそろしく混むでしょうけど;; 実際向かってみていったいどんなものなのか?

明日、起きられれば2時半、で4時半にはサビキ釣り開始、というのが理想。

釣りをするからには、獲物を少しでも多く持ち帰りたいという思いもあります。

暑さには注意。粘っても午前いっぱいでしょうか。

 

前置きが長くなりましたが、昨日の報告です。

 

昨日の朝、出勤しようと自分の車に乗ろうとしましたところ、タイヤに何かがいるのを発見。

私の車の右後ろのタイヤ付近です。

20190802羽化アブラゼミ01

何やら白い虫がタイヤに停まっています。そして近くにはセミの抜け殻が。

これは・・・・・・羽化ゼミだ!!

20190802羽化アブラゼミ02

私、リアルで初めて見ました!!

まずは手持ちのデジカメで撮影。個人的に貴重な画像です。

頭部と羽部が茶色ですので、これはアブラゼミですね。

そして少ししてから、この状態が私にとって問題のあることに気付きました。

たしか羽化ゼミって、羽化してから羽を伸ばして、

身体がしっかりしてからでないと飛ぶことができない、というのを

過去何かで見たような気がしました。

であれば、身体が落ちついてからでないと、つまんで動かすのもよくない?

このセミをどかさないと、私は車に乗れません。

 

おそるおそる、セミの右側の胴体を指で触ってみたところ、けっこう堅い状態の

身体であることを確認。そしてセミも足を動かして左に動きました。

うーん、でも指でつまむのはどうなのかな? つまみあげられたとしても、

すぐにセミを無事に別の場所に停まらせることができればいいのですけど、

セミが暴れて下に落ちてしまったら、セミの身体に問題が生じるかも。

であれば。私の家庭菜園に置いてあった木の棒をタイヤの横に差し出しまして、

そこにセミに動いてもらって停まらせることに成功しました。

よし、これをどこかに設置すればOKだ。近くの電柱に立てかけました。

20190802羽化アブラゼミ03-1

もう少しすれば身体が落ちついて飛べるようになるはず。

20190802羽化アブラゼミ03-2

飛べるまで無事でありますように。

20190802羽化アブラゼミ03-3

セミに触れてオシッコを3度もされましたけどね;; (*≧m≦*)プッ

 

出勤してから仕事中に事務所でネットでアブラゼミの羽化について調べました。

(*≧m≦*)プッ

まずはこれを見て、アブラゼミの羽化のことを理解しました。

https://www.expo70-park.jp/cause/nature/observation/semi/

次にこれを見て、セミの羽化を自宅で確認することができることを知りました。

http://www.asahi-net.or.jp/~EP3N-KIZM/digicam/digi15.htm

最後にこれを見て、羽化に要する時間を確認しました。

http://www015.upp.so-net.ne.jp/albireo/semiuka-001.html

 

なるほど。

私が見つけたのは、羽化を始めから少なくとも3時間以上経っている状態でしょうか。

でも羽化って、夜間にするんですかね。その意味は外敵に襲われないようにするためか。

夜であれば野鳥に食べられる心配がありませんものね。

それが朝になって羽化してタイヤに停まっていた。

これは、セミの幼虫が、夜に地上から出てきて、羽化する場所が見つからずに、

夜中に地上をさまよい歩き回ったのか?

明け方ようやく羽化できる場所に辿り着き、やっと羽化できたのか?

また今年は、梅雨や台風の影響でなかなか晴れず、

セミ全体として羽化が遅れている可能性もあるかもしれません。

 

私の置いた場所は、鳥さんにとって見つけられる場所の可能性が高く、

もしかするとセミさんが飛び立つ前にムクドリあたりにやられてしまった可能性が;;

事務所で自己嫌悪に陥ってしまった早苗っちだったのでした。

どうせ置くなら、自宅の塀の裏にすれば、見つかりにくかったはず。

セミの生態を前から知って考えていれば、もっと冷静に行動できたかもしれません。

今となってはもう、無事であったことを祈るのみです。

 

今日、アブラゼミの鳴き声を聞いていませんけど、無事飛び立つことができたのでしょうか?

元気に生涯を全うできますように。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

早苗さんのお告げ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド
ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド (JUGEMレビュー »)

私はハピソンの深さ表示タイプの電動リールで、ワカサギ釣りを始めました。スティック形状で使いやすい。また比較的リーズナブル。初級〜中級向けかな。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM