家庭菜園の土質改善に取り組む

  • 2020.01.02 Thursday
  • 21:06

2020年元旦。天気は晴れ。風無く穏やかな一日でした。

かねてから計画しておりました、家庭菜園の土質改善に取り組みました。

 

とりあえずこんな感じで準備しました。

20200101家庭菜園01(土質改善の準備)

上の列の3袋ですが、庭で拾い集めた落ち葉です。

下の列ですが、左から順に、苦土石灰、植物性堆肥、鶏糞です。

作業前の家庭菜園です。

20200101家庭菜園02

昨年秋にホウレンソウを作っていたのですが、ごらんの有様です。

20200101家庭菜園07

生育不良です。土質が酸性寄りであることが原因です。

20200101家庭菜園08

もちろん種蒔き前に苦土石灰を施用し調整を図ったわけですが、

今回の土地は昨年より新たに家庭菜園で耕しはじめた場所。

簡単にはいかなかったということですね。

 

新しい家庭菜園は、道路に面している土地。

散歩している人などが私の家庭菜園をよく見ているわけでして。

これまでの自宅付近での家庭菜園は、適当にやっていても構わなかったのですが、

道路に面している新家庭菜園の方は、できればしっかりとしていきたいわけです。

うーん、格好悪いです。そして残念ですがこのホウレンソウは処分です。

 

こちらは昨年のツルムラサキの残骸です。

20200101家庭菜園11-1(ツルムラサキ残骸)

枯れたばかりの頃は茎が硬かったのですが、今は腐って軟らかくなってきました。

20200101家庭菜園11-2(ツルムラサキ残骸)

 

この日の作業ですが、予め準備したものをすべて使いきりまして、

現在植わっている野菜の場所と、ツルムラサキの残骸のある場所を除き、

それら以外の場所を耕しました。

 

ホウレンソウはすべてむしりました。

そして、自分なりに細断しまして、耕した後の元の場所にばらまきました。

20200101家庭菜園15

今は冬なので、急に虫がわくことはありません。

そして、植物が吸い上げた栄養分を、できるだけ元の場所に戻すようにするのです。

 

この日の作業は大変でしたので、ツルムラサキ残骸はそのままにしました。

後日、残骸を細断して、土に還そうと思います。

 

作業後の家庭菜園です。耕すのと石取りが大変でした。

20200101家庭菜園16

コマツナ、なぜか白い画質になってしまいました;;

実際には濃い緑色。青々としています。いかにも冬へっちゃらって感じなのです。

20200101家庭菜園17

 

一度耕した場所ですが、後日また耕すことになると思います。

簡単には土質改善できないでしょうからね;;

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

早苗さんのお告げ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 今日は・・・来年度の実績関係の月次計画作り
    masa (02/26)
  • 今日は・・・家庭菜園周りの草むしり
    masa (02/26)
  • 今日は・・・ショッピングモールで買い物
    masa (02/26)
  • 今日は・・・家事やら家庭菜園作業やら
    masa (02/26)
  • 今日は・・・仕事で遅くなる
    masa (02/26)
  • 今日は・・・来年度の経費の月次計画作り
    masa (02/26)
  • 今日は・・・経費処理手続き
    masa (02/26)
  • 今日は・・・昨夜久々に空を飛ぶ夢を見る
    masa (02/26)
  • 今日は・・・収益認識会計基準の説明
    masa (02/26)
  • 今日は・・・やはり釣り後は疲れてしまい
    masa (02/26)

recommend

ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド
ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド (JUGEMレビュー »)

私はハピソンの深さ表示タイプの電動リールで、ワカサギ釣りを始めました。スティック形状で使いやすい。また比較的リーズナブル。初級〜中級向けかな。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM