今日は・・・エリアトラウト 雨中にて

  • 2020.06.13 Saturday
  • 21:00

今日は雨。

午前中は主に強い雨。午後は雨〜小雨。

 

今日は釣りに向かう日です。

梅雨入りし、天候悪と波高ということで、海に向かうことは難しくなりました。

逆に、今日明日は天気悪も温度が下がる天気予報ということで、

地元の管理釣り場に向かい、エリアトラウトルアーフィッシングをすることに。

 

で、朝は早めにということで、3時50分にかけたスマホの目覚まし、

でも私には効き目無し。

起きたのは4時50分。ああしまった;;

私は釣行時、朝ご飯とトイレを済ませるようにしています。

やるべきことを手短に済ませ、いそいそと地元の管理釣り場へ。

向かったのは、川そばにある管理釣り場。

自宅にいた時は雨降りでしたが、道中で雨が止みました。

到着したのは5時40分過ぎ。幸いに一番乗りでした。

20200613エリア21 01

※撮影時は16時58分。雨降りのため中央の噴水は出ず。

ちなみに、下は藻だらけ。

ルアーを底に付ければ、たちまち藻まみれになります。

ソウギョが多くいるのに、藻すべてを食べ尽くすまでには至らないということか。

水面に浮いている藻もあります。運が悪いと底に付けなくてもルアーが藻まみれに。

私の好きなボトムの釣りは不可能。

魚達は水面直下から上層を泳いでいます。

そのあたりを、スプーン・クランク・ズルいルアーでリトリーブしていくことになります。

 

というわけで、今日は一日雨でした。

特に午前中は強い雨の時間帯が多かったです。

さすがにどしゃ降りですと、水面が見えない、そもそも釣り続行が困難となるのですが、

強い雨でも水面が見えなくなるまではいきませんでした。

合羽着て釣り可能でしたが、問題はルアー交換。

そういうわけで、釣り座は自ずと北側に。

いつもの場所、北の中央を陣取り、荷物は事務所横の屋根のあるところに置きました。

ルアー交換時は、手間でしたが屋根下へ。

1ルアーでは3〜5キャストが限界です。

ルアー交換のため、頻繁に往復していました。

また、午前中は強い雨で、何度も休憩していました。

(その間に、ポケランのデイリークエストをしていました。苦笑。)

 

釣り客は私の他にもう1名。午前中のみでした。

先週の土曜日も午前中のみ。

この方は前回同様、西の南側の噴水前を陣取っていました。

強い雨の中、私のような軒下休憩はせず、ずっと釣り続けていました。

私にはこの方が釣りを続ける理由がなんとなくわかっていました。

釣りは午前中のみであり、その時間帯は存分に釣りをする、

そういう方だなと思って見ていました。

(私がその方だったら、帰っていたと思いますが。)

 

で私ですが、午前中は強い雨でも、午後はいくらか止んでくるかな、

という期待を勝手にしていました。

午後は雨〜小雨。雨は止みませんでしたが、午後は荷物を釣り座に持ち出して、

普段通り釣り座でルアー交換をし釣りができました。

 

前述のとおり、今日は雨降りのためか、噴水場所からは水出しがされませんでした。

温度は低め。魚達は元気に泳いでいました。

雨降りではありましたが、私は(きっともう1名の方も)魚達が元気であることを期待し、

それで釣りに向かったんですよね。

トラウトは基本冷水魚。

暑い時、水温が上がり、散水される噴水付近に集まります。

今日、魚達はおよそどの場所でも泳いでいる状況ではありましたが、

魚達の決まった行動というか、あるいは縄張り意識なのか、

散水されてなくても噴水付近に多く集まっていました。

(サメのように背びれが水上から、複数見えている状態。)

 

雨降りなので写真撮影は基本控えました。

午前中で15匹、午後は9匹、合計24匹釣りました。

魚達は元気に泳いでおり、時折何度もジャンプしていました。

活性が高いことは疑いなかったのですが、ルアーに対しあまり口を

あまり使ってくれなかったように感じました。

見ている限りは、ルアーを追ってくることもよくありましたが、

やはり全体的な温度上昇の影響、そして更新がさほど進んでいない魚達相手ということで、

難易度が上がっていたと言わざるを得ません。

 

アタるルアーのカラーは、主にグリーン(オリーブ)、ブラウン、ブラックでした。

暗色系でないとなかなかアタリが出ません。

午前中は、Xスティックなどのズルいルアーで釣ったのが大半でした。

休憩時間が多くルアー交換に時間を要しているにもかかわらず、

15匹は多い方だったのでは?

午後は私1人、貸し切り状態に。

ズルいルアーですらアタらない状況。

トンビかオジロワシかよくわからない大鳥が何度も飛んできていました。

最初は、おお〜ダイナミック、と思って見ていましたが、

魚がおびえ警戒心が上がることから、次第に来るな来るなと思うように。

(写真を撮りたかったのですが、雨なので控えました。)

釣り座の北側から、ポンド中央の噴水付近を目がけて、

(特に重めの)スプーン中心に投げ込むことを繰り返しました。

重めのスプーン使用の理由ですが、遠投しやすいというのと、

また色替えで魚のアタリを捻出できると思ったからです。

午後、少ないですが、スプーンで5匹釣れました。

おお〜このスプーンで初めて釣れた、とか、

初めてアタッたという、新たな発見がありました。

どのスプーンも1度しかアタらず。

クランクやズルいルアーのように、何度もアタるようなことはありません。

なので1度のアタリを必ずモノにしなければなりませんでした。

フッキング失敗は3度くらいありました。

このスプーンでアタリが出たのに釣れなかった、ということがありました。

そういうのは次回以降のお楽しみと思うようにしています。

クランクで1匹、釣り座をポンド南側中央に替えてズルいルアーで1匹。

これでトータルが22匹に。

この時、時刻はおそらく16時過ぎ。

 

私の経験上、このポンドは、午後4時を過ぎると、アタリが極端に出なくなります。

困りました。このポンドのベストは22匹。

暑い気候下でこの釣果。なんとか1匹でもいいから更新かけたい。

釣り場の終了時刻は17時30分。

それまで奮闘して、なんとしてでも釣り上げたいところ。

かなりの難産の釣りに突入。

 

16時55分、23匹目。アイビーライン、ミワクラ。カラーはオリーブ系。

20200613エリア21 02(23匹目)

フックが2つ。下の口と、なんと頭にフッキングさせてしまっていました。

頭に刺さるのはマズイ。外してネット内で蘇生させるのに時間を要しました。

なんとかポンドに帰っていきましたが、魚のことを思うと不安も。

 

17時24分、24匹目。ザクトクラフト、セニョールトルネード。

カラーは蛍光気味?の朱色寄りレッド。

20200613エリア21 03(24匹目)ここの釣り場のベスト更新

ズルいルアーの力を借りたかったことと、

色的に魚の本能を刺激できると思ったことで、このルアーを使いました。

レッドではどのルアーでも(セニョール含め)釣れていませんでしたが、

ここに来て力を発揮してくれましたね。

 

その後は、何をしても、まったくアタらないまま。

終了時刻を10分程オーバーして、あきらめました。

トータル24匹、この釣り場でのベストを2匹更新することができました!!

 

梅雨入りしたことで、管理釣り場のトラウトが少し釣りやすくなったということで、

悪天候の中を一日釣りしました。

エリアトラウトルアーフィッシング、今シーズンはこれで終了でいいかな。

注意:夏期間、北の方とか、山の方で、営業しているところもある。

私は、夏〜秋は、海に出て釣りをしよう。

海釣り、私にとっては正直まだまだ冒険の域。

私は釣り、釣り具屋さんや動画から学んではいますが、

独学で進めていることから、海釣りに対し敷居の高さを感じています。

トラウトの管釣り、来シーズン、今年秋〜来年初夏。

秋口は暑いです。10月からが良さそう。

 

私の好きなこのポンドですが、夏は休みます。

水を抜き、藻を撤去します。

例年、10月よりオープンします。

秋が深まり始めた、10月中旬以降、このポンドに何度も通うことになるでしょう。

個人宅で管理している、ここのオーナーさんに感謝です。

来秋、またよろしくお願いします。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

早苗さんのお告げ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド
ハピソン(Hapyson) リール YH-202-R 水深カウンター付ワカサギ電動リール レッド (JUGEMレビュー »)

私はハピソンの深さ表示タイプの電動リールで、ワカサギ釣りを始めました。スティック形状で使いやすい。また比較的リーズナブル。初級〜中級向けかな。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM